「デッド・シティ2055」機械に感情はあるのか?

【デッド・シティ2055】

近未来を舞台に、人間とレプリカント(人造人間)の壮絶な戦いを描く近未来SFアクション

2015年11月3日レンタル開始!
デッド・シティ2055


作品情報
英題:VICE
洋画:SFアクション
製作年:2015年
製作国:アメリカ
日本公開:2015年5月23日
上映時間:96分
公式サイト


あらすじ
近未来。巨大企業を率いるジュリアン(ブルース・ウィリス)は、ヴァイスという富裕層に向けたリゾート施設を建造する。そこには人間に酷似した精巧な女性型アンドロイドが居住者として置かれ、顧客は彼女たちを殺したり、襲ったりすることができるという、モラルに反するような場所であった。そんな中、アンドロイド居住者ケリー(アンバー・チルダーズ)のメモリーが自動消去されず、顧客たちにされたおぞましい行為の記憶がフラッシュバックし、彼女はヴァイスから逃げようとする。


予告動画↓


スポンサーリンク

感想

ブルース・ウィリスとトーマス・ジェーンの初顔合わせで描かれる近未来SFアクションです。

監督は、「コードネーム:プリンス」のブライアン・A・ミラーです。
「コードネーム:プリンス」でもブルース・ウィリスを使ってましたね。
仲が良いんでしょうか?

【全ての犯罪が許される合法都市“VICE(ヴァイス)”】

デッド・シティ2055

己の中のダークサイドをぶちまけれる合法施設が合ったら行きますか?

この映画はそういう欲望がかなえられる究極の娯楽都市“VICE(ヴァイス)”を舞台に描かれています。

もちろん殺人もOK・・・どんな欲望もどんと来い!

(;゚Д゚)! それって犯罪じゃないっすか!?

そう思いますよね、自分もはじめは観てて・・なんじゃこりゃーって感じだったんですが・

その欲望にさらされる人間は、外見は人間だけど人間ではない!?

レプリカントという人造人間なんですね!

映画観ていくうちに、だんだんと理解できてきます。

人間に酷似した精巧な女性型レプリカントが居住者として置かれ、顧客は彼女たちを殺したり、襲ったりすることができるという、モラルに反するような娯楽都市という設定です(ーー;)

しかも政府から許可されているという合法無法地帯です・・・

その無法地帯を舞台に施設を脱走したレプリカントと一人の刑事が手を組み、施設経営者に立ち向かっていく姿を描いています。

設定はかなり面白そうですよね(笑)

さすがに、何年たってもこんな未来は訪れないだろうな~

【印象にのこらない映画・・(ーー;)】

デッド・シティ2055

この映画、設定は面白そうだったのですが・・

結局は、こういう映画よくあるよね~って感じの、何か印象に残らない映画でした(笑)

こないだ観たばっかなのに・・早くも忘れかけている・・そういう映画です(ーー;)

人造人間という設定をうまく生かせれてないというか・・主人公が人造人間なのを忘れてしまいそうになる感じです。(´ε`;)

ツッコミどころも満載です(笑)

あっさり施設から脱出できる主人公・・他にも、大企業のボスが敵というのは分かるんですが・・

その企業に雇われている従業員である警備員をバンバン殺すのはどうなのか?

見ていて、どっちが悪なのか?分からなくなってきます(-_-;)

ヴァイス閉鎖こそが犯罪を撲滅できると考えている刑事ロイ(トーマス・ジェーン)も、ちょっとな~あそこまでやる大企業なら・・刑事の一人ぐらい殺すのでは?

何故に生かされているのか?分からない・・・

それにしても、あそこまで企業をぶっ潰す必要あったのかな?
一応合法なんでしょ?

従業員とか、失業者すごいんじゃない?

大企業のシステム破壊するのに頼るハッカーが超優秀すぎるし・・
かなりご都合主義展開・・・(-ω-;)

【ブルース・ウィリスの無駄遣い】

デッド・シティ2055

この映画せっかくブルース・ウィリス使うのにほぼ出番なしという勿体ないことしてるんですよ~(^^;

大企業のボス役だけど・・インテリ的な役柄だけど・・顔ヤクザですよΣ(゚Д゚)
似合わないったりゃあらしない・・

クソ高いギャラ払うんだから、もっとこき使えよ・・・

個人的には、トーマス・ジェーンの刑事の役柄とチェンジで良かったような・・
ブルース・ウィリスの刑事役・・それだけで萌える(笑)

【この映画の評価とおすすめ度は?】

デッド・シティ2055

(´ε`;)ウーン…なんか印象に残らない映画だったな~

ちょっとひねりが足りなかった感じ・・・

そして、実際僕が観たかった映画はどうも【パージ】という映画だったようです。

【パージ】年に1度だけ殺人が許される日
// 殺戮の12時間生き延びられるか?年に1度だけ殺人をはじめとする全ての犯罪が許されるという政策が施行される中、決死のサバイバルを繰り広げ...

年に1度だけ殺人をはじめとする全ての犯罪が、19:00~7:00の間許されるという政策が施行されるという映画なんですけど・・

デッド・シティ2055が若干かぶってた・・っというわけで間違えて借りちゃいました(笑)

さあこの映画の映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com:★★☆☆☆(2,3)
Yahoo!JAPAN映画:★★☆☆☆(2,28 )
(2015年11月29日時点)

自分が観て思ったおすすめ度は?

おすすめ度:★★☆☆☆(2.6)

やっぱありがちな感じで、イマイチだったな~(-_-;)
最初は期待したんだけど・・

準新作レンタルでOKな感じっすね(^^;

スポンサーリンク
「デッド・シティ2055」機械に感情はあるのか?

めっちゃ人気がない映画ブログ
元ボクサーの一念発起イイね

シェアする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。