【パージ:アナーキー】殺人が許されるパージ法がヤバすぎる(;゚Д゚)

パージ:アナーキー

最恐の12時間再び・・

1年に一晩だけ殺人を含むすべての犯罪が合法になる法律“パージ法”が存在する世界を舞台にしたスリラーの第2弾

作品情報

パージ:アナーキー

原題:THE PURGE:ANARCHY
洋画:スリラー
製作年:2014年
製作国:アメリカ
日本公開:2015年8月1日
レンタル開始:2015年11月26日
上映時間:103分
公式サイト

あらすじ

国民の怨嗟(えんさ)や憎悪を発散させ、それによって治安を維持しようと、アメリカ政府は1年に1晩だけ殺人などの全犯罪を認める日パージを制定する。その日を迎え、家路を急ぐものの車がパンクしたために街をさまよう夫婦。何者かに襲われ、拉致されそうになる母娘。武装した男に救われた彼らは、協力し合いながら無法地帯となった街からの脱出を試みる。次々と襲い掛かってくる殺人者たちを倒していくが…

予告動画

感想

こないだ観た「パージ」の続編です!

【パージ】年に1度だけ殺人が許される日
// 殺戮の12時間生き延びられるか?年に1度だけ殺人をはじめとする全ての犯罪が許されるという政策が施行される中、決死のサバイバルを繰り広げ...

閉鎖的な一軒家で行われる前作と違い、広い無法地帯となった街を舞台に、命懸けの戦いを描いています。

ちなみにレンタル屋で何も説明なく「パージ」と「パージ:アナーキー」並べて置かれてましたので・・どっちを先に借りれば良いのか迷います。

パージとパージ:アナーキー

どっちから見ても映画自体は楽しめますが、より楽しむなら「パージ」⇒「パージ:アナーキー」と順に観た方が楽しめると思います。

前作と同じく、「パラノーマル・アクティビティ」シリーズの製作ジェイソン・ブラムと

【パラノーマル・アクティビティ5】ここまでの全作からの繋がりを解説
// ホラーファン必見の映画!製作費わずか 1 万 5000 ドルと低予算で製作されながら、世界中で社会現象を巻き起こし!全米興行収入1 億...

「トランスフォーマー」シリーズのマイケル・ベイが共同プロデュースしています。

監督も前作からの続投となるジェームズ・デモナコです。

※これから先、ネタバレあります↓

 今度の舞台は無法地帯の街

パージ:アナーキー

前作とはうって違い今後の舞台は街全体です!

まさに浄化されるっといった宗教チックな前作と違い、今度のパージは殺しを楽しむ日というような印象を受けました。

無法地帯となった街で、殺しを楽しむ悪党ども・・
心に浸みこむような恐怖感と違い・・今度はアクション・サスペンスに近いかな?

低予算の前作と違い、今回はけっこう金がかかってそう~
かなり楽しめます。

今回の主人公は正義の人?

パージ:アナーキー

今回のメインは5人です。

・息子を事故死させた犯人に復讐を企てている主人公。
・「パージ」の発令後、車のタイヤがパンクし、逃げ遅れてしまった夫婦。
・何者かに拉致されそうになったところを主人公に助けられた貧しい母娘。

この5人が協力して、「パージの12時間」を生き残るという感じです。

前作でも、善と悪を描いていましたが・・今作はそれが色濃く出ています。
正義の主人公と悪の軍団の戦いっと言った感じにも見えますね。

何か、前作で人間の本質的な怖さを見てしまったので・・今作の主人公みたいな人間の善の部分全開の人をみたらホッとしてしまいますね(^^;

主人公を演じるのは、フランク・グリロです。

主人公に助けられた貧しい母娘の娘がウザい

パージ:アナーキー

病気の父を持つシングルマザーのウェイトレス、エヴァ(カーメン・エジョーゴ)と娘カリ(ゾーイ・ソウル)の二人・・

病気の父は富裕層のパージの犠牲に自ら立候補し10万ドルと引き換えに殺されます。

パージ:アナーキー

そんな可哀そうな経歴を持つ母子なんですが・・・

娘カリが異常にウザい・・Σ(゚Д゚)

常に上から目線でしゃべり、自分では何もしようとしない・・・
なんなんだこいつは・・・前半からイライラします。

この映画を観て、自分と同じ感情になった人は多数いるはず・・

ホステルかよΣ(゚Д゚)※ネタバレあり

パージ:アナーキー ホステル

この映画かなり盛りだくさんに楽しめる要素突っ込まれています。

街でのサバイバル⇒富裕層のパージオークション⇒パージ反対派の戦いに巻き込まれる⇒友達の家にたどり着く⇒ラスト

まったく飽きることなく観ることができます。

街を走る悪党どもに捕まって、富裕層のパージオークションで売り飛ばされるのですが。

その様子がどこかで観た感じ・・そうイーライ・ロスのホラー映画「ホステル」です。オークションで富裕層が殺しを落札するといった部分が似てますね。

人間の本質的な狂気を描くといった部分では二つは酷似してるのかもしれませんね。

「ホステル」との違いは落札後、全く動けなくされる「ホステル」と違い、本作は反撃自由!

富裕層から武器を奪い逆にぶっ殺します!

さらには、反対派のレジスタンス登場で富裕層軍団大炎上です!

殺すのか?生かすのか?ラストに注目

パージ:アナーキー

アクションでスリラーで盛り上げるだけじゃありません・・

ラストに息子を事故死させた犯人を目の前にした主人公はどうするのか?

ここまで正義一辺倒でやってきた困ってる人をほっとけない・・そんな心優しく強い主人公はどうしたのか?

ラストもなかなか良かった気がします。

パージとパージ:ナーキーどっちがオススメ?

パージとパージ:アナーキー

うーん(-ω-;)難しい・・・

深さで言えば「パージ」、全体的には「パージ:ナーキー」・・

どちらも十分楽しめますが、どちらかと言われれば・・「パージ:ナーキー」の方が万人受けすると思います。

「パージ」は好き嫌いがはっきり分かれそう・・・

怖さだけで言えば、前作「パージ」の方が上ですけどね。

この映画の評価、おすすめ度は?

なかなか、面白かったんじゃないかと思います。
前作と違い、こっちの方は文句なしに皆にオススメできますね。

さあこの映画の映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com:★★★☆☆(3,4)
Yahoo!JAPAN映画:★★★★☆(3,71 )
(2015年12月3日時点)

自分が観て思ったおすすめ度は?

おすすめ度:★★★★☆(4,0)

これは面白い、楽しめます。新作で借りても損はしませんよ(=゚ω゚)ノ
続編出ないかな~?

オススメ:スリラー映画です!

スポンサーリンク
このクソ映画ブログをフォローする
【パージ:アナーキー】殺人が許されるパージ法がヤバすぎる(;゚Д゚)
この記事をお届けした
クソ映画ブログ元ボクサーの一念発起を、いいねしてチェックしよう!

このクソ記事を拡散する

スポンサーリンク
入力は終了しました。
トップへ戻る