【彼女と彼女の猫 】

彼女と彼女の猫 -Everything Flows-

2016年8月に劇場最新作『君の名は。』の公開を控え、いまやポスト宮崎駿・ポスト細田守とも称される、アニメーション監督・新海誠!

彼の作品『言の葉の庭』という映画を観たのだが、これがまたけっこう良い!

そんな新海の原点とも言える珠玉の作品5分のショートストーリー集「彼女と彼女の猫」(2000年)が新たな制作陣の手によって、2016年3月TVアニメーション「彼女と彼女の猫 – Everything Flows -」として蘇りました!

いそっそう612
どうも、いごっそう612です!本日はアニメです!

【作品情報】


彼女と彼女の猫 -Everything Flows-

原題:彼女と彼女の猫 -Everything Flows-
邦画:アニメ
上映時間:28分


あらすじ

ある夏の一番暑い日、彼女と、彼女の飼い猫である“僕”の暮らしが始まった。彼女は、通っている短大の卒業を控え、就職活動に追われる毎日を送っている。いつも頑張っている彼女にとって、“僕”と過ごす時間は、互いにひと時の安らぎを感じられる、とても大切なものだった。
しかし、家族のことや、友達のこと、将来のこと…いろいろなことがうまくいかず、彼女は次第に傷つき、立ち止まってしまいそうになる。それでも彼女は、背筋を伸ばし、今日も扉を開けて外の世界へと踏み出していく。そんな大好きな彼女のことを、“僕”はいつまでも見守っていたいと思っていた。


動画


【感想】

とにかく予告編で『君の名は。』を観て新海誠が気になりました。

君の名は。

調べてみたら『言の葉の庭』という映画を観ており、けっこう良かったイメージがありました。

GEOに行ったら、けっこう目立つ位置にこれが置かれていたので気になって借りました。

まさかの30分くらいしか無いという短さに驚愕・・・

Σ(゚Д゚) 新作で借りたのに・・・

猫目線での飼い主との日常がつづられているのだが、30分という時間の中でしっかりと伝わってくるものがありけっこう良い映画でした。

観ていて・・気持ちがほっこり暖かい気持ちになったり、切ない気持ちになったりします。

猫目線でこんなに描けるもんだな~と感心

彼女と彼女の猫

最後は猫が死んじゃって、ちょっと涙・・・( ノД`)

新海誠監督作品は、何か心に響く感じでいいんですよね~!

もうすぐ公開の『君の名は。』が楽しみです!

個人的なオススメ度は?

いごっそう612
おすすめ度:★★★☆☆(3.4)です!

けっこう良かったけど、30分だしな~(笑)

てか記事書いたけど、これって映画では無いのでは?

でも30分だけど、2時間をまとめた様なイメージ・・30分の気がしない!

やはり良作だったという事なのでしょうね(*‘∀‘)

スポンサーリンク
このクソ映画ブログをフォローする
【彼女と彼女の猫 】
この記事をお届けした
クソ映画ブログ元ボクサーの一念発起を、いいねしてチェックしよう!

このクソ記事を拡散する

スポンサーリンク

評価、レビュー、コメント

  1. ともちん より:

    こんばんは♪(^ω^)猫様が神なのですよ!うふふ私の知ってる「チャールズ様」「くりちゃん」「ぴーちゃん」「レオちゃん」ブロガーさんたちの猫様です。いい映画ですね~観たいです!

    0
  2. レビュアン より:

    「秒速5センチメートル」というアニメがスキだったんですが、それが新海誠だと今気が付きました。この監督の作品はぜひみたい(^^)

    0
    • レビュアンさんへ
      コメントありがとうございます(__)
      「秒速5センチメートル」!あれも良かったですね!
      もうすぐ公開の次回作が楽しみです!

      0
  3. meyui より:

    30分とは短いですね(;^_^A
    でも、こ~ゆうのホッコリしそうで良いですね^^
    今度観てみま~す♪

    0
  4. ぜの より:

    この作品「彼女と彼女の猫 -Everything Flows-」は、新海監督が原作ってだけで制作には関わってはいませんよ。

    新海監督の「彼女と彼女の猫」を原作にテレビアニメとして放送されたのが「彼女と彼女の猫 -Everything Flows-」です。

    オリジナルの「彼女と彼女の猫」は、5分弱の短編アニメです。
    http://m.youtube.com/watch?v=8-ANtYTLMIY

    0
    • ぜのさんへ
      ご指摘ありがとうございます。
      オリジナルは白黒なのですね!オリジナルがやっぱいいですね。
      ありがとうございました。

      0
トップへ戻る