【ザ・ブリザード】マジっすか!驚異の実話映画(;゚Д゚)

ザ・ブリザード

アメリカ沿岸警備隊の隊員たちが過酷な気象状況下で巨大タンカーの乗組員の救出に挑んだ、『SSペンドルトン号の救出劇』と呼ばれる実話を基にした実話ドラマ

2010年に発表され、話題を呼んだノンフィクション小説を『ミリオンダラー・アーム』のクレイグ・ギレスピー監督が、クリス・パインを主演に迎えて映画化!

共演に『トロイ』などのエリック・バナ、『ジェシー・ジェームズの暗殺』などのケイシー・アフレックらが出演している。

いそっそう612
どうも、いごっそう612です! 暗い海での漂流は怖いですね(^^;
スポンサーリンク

【作品情報】


ザ・ブリザード

原題:THE FINEST HOURS
洋画:実話ドラマ
製作年:2016年
製作国:アメリカ
日本公開:2016年2月27日
レンタル開始:2016年7月6日
上映時間:118分
公式サイト


あらすじ

真冬の大西洋でブリザードに襲われた巨大タンカーが大破し、船内に32人の乗組員が取り残されてしまう。生存者の救出にバーニー(クリス・パイン)率いる4人の沿岸警備隊員が向かうが、彼らが乗り込んでいるのは定員12人の木製小型救助艇であった。一刻を争う状況で、一行は決死の救助活動に挑む。


予告動画


【感想】

久々の海洋パニックアクション!全く予備知識なしで観ました!

ブリザードって書いてるから吹雪系かと思いきや・・全然違いましたね💦

↓これより※ネタバレを含めた感想などを書いていますので、観賞予定の方はご注意ください

ザ・ブリザードってどんな映画?

ザ・ブリザード

麻田くん
暴風雨の中のタンカーの海難事故による救出劇を描いた作品です。
いごっそう612
超大型ブリザードが大西洋沖を航行中の大型タンカー、ペンドルトン号を襲うんですよね・・そしてタンカーが・・・ 

ザ・ブリザード

いごっそう612
真っ二つになっちゃうのですΣ(゚Д゚)
麻田くん
半分になっちゃうんですね!?これはヤバい!

ザ・ブリザード

いごっそう612
タンカーの構造に精通する一等機関士レイモンド・シーバート(ケイシー・アフレック)の指揮のもと、船員たちは救助まで沈没の時間を稼ごうと右往左往!?
麻田くん
ケイシー・アフレックが渋かったすね!

ザ・ブリザード

いごっそう612
さあ、そこで沿岸警備隊チャタム支局にペンドルトン号遭難の知らせが入り、新任の司令官クラフ(エリック・バナ)は木製の超ショボい小型救命艇生存者救出に向かうよう一等水兵のバーニー・ウェバー(クリス・パイン)に命じます。
麻田くん
マジっすかΣ(゚Д゚) 小型船で大型タンカーの救出無理でしょう!?
いごっそう612
無理っすよね・・流石に笑いました映画だなっと・・・
麻田くん
風速40mを超える強風と20m超の高波が襲う中ですもんね・・これはリアリティ無いですね・・

ザ・ブリザード

いごっそう612
まあ、そう言う感じの救出劇っすね!
ピヨ介さん
ちょっと待ったー( ゚Д゚)

全く予備知識なしで観ていました。小型船で救出に行くところを観たときは笑いました。何々?予算ケチったの?そんな感じです。無駄なメロドラマもあるし・・ちょっとなあ~と思い見ていました。しかし・・驚愕の事実が!?

SSペンドルトン号の救出劇は実話!

ザ・ブリザード

いごっそう612
何すか・・ピヨ介さん!またこの映画の映像が・・・とか言いに来たんですか?
ピヨ介さん
確かに映像はマジすげえ・・巨大な波のうねり、すべてを凍てつかす猛吹雪!その脅威の映像は貯水量3000万リットルの巨大タンクの中で撮影しているんだぜ!そしてその映像に最新VFXを加えて海上の大嵐をリアルに再現してるんだ!

ザ・ブリザード

ピヨ介さん
ぶっちゃけマジやべえ!この驚異の映像はまさにリアルだぜ!でもさらに驚くのはこの映画が実話だという事だ!
いごっそう612
マジっすか実話なんですか!?
ピヨ介さん
小型船で4人で救出行ったことも、タンカーが真っ二つになったことも、定員12名の小型艇に32名救助して帰ってきたことも全部マジな実話なんだぜ!
いごっそう612
ウソ~Σ(゚Д゚)それは凄いですね!
ピヨ介さん
だろ?SSペンドルトン号の救出劇としていまだに伝説になっているらしい・・それだけでも観る価値がある映画と思うぜ・・・

ラストに実話という事が判明してビックリΣ(゚Д゚)マジか・・そんなわけねーと馬鹿にしていたのに・・・小型船で救出って凄すぎる・・・

驚いた実話映画に『白鯨との闘い』があるが・・

【白鯨との闘い】 マジっすか( ゚Д゚) 白鯨って実話だったんですか!?
// 「ビューティフル・マインド」「ダ・ヴィンチ・コード」など名作、大作を数々手がける名匠ロン・ハワード監督がハーマン・メルヴィルの名著「白...

この映画も驚いた!?

まさに映画の様な実話・・映画化されてもおかしく無いですね!

【まとめ:この映画の評価、おすすめ度は?】

1952年に実際に起きた実話という事には、驚きましたけど・・そういう恐ろしい海難事故に対して緊迫感が無かったように思います。

これどうせ、助かるんでしょ?そういう思いしか出てこなこった・・・その部分ではリアリティに欠けた様な気がします。

救出シーンも盛り上がりに欠ける・・・

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com:★★★★☆(3.5)
Yahoo!JAPAN映画:★★★☆☆(3.25)
TSUTAYA:★★★☆☆(2.97)
2016年7月13日時点

あ~うんうん、だいたいこんな感じのでしょうね~^^;


個人的な私のおすすめ度は?

いごっそう612
おすすめ度:★★★☆☆(3.3)です!

ちょっと盛り上がらない海猿?そんな感じですね・・・実話ベースだから仕方ないのかも知れませんが・・ちょっとなあ~💦

こういう事件が実際にあったという勉強の意味ではオススメの映画なのかも?

スポンサーリンク
【ザ・ブリザード】マジっすか!驚異の実話映画(;゚Д゚)

めっちゃ人気がない映画ブログ
元ボクサーの一念発起イイね

シェアする

スポンサーリンク

コメント

  1. ともちん より:

    こんばんは今の時期にはピッタリ!海もの(^◇^)船が割れるってタイタニック以来です。定員オーバーはお約束ですね(笑)

    • ともちんさんへ
      コメントありがとうございます。
      タイタニックの方が迫力ありますね!
      確かに暑い時期に観たらヒンヤリでイイかも?

  2. meyui より:

    真っ二つ…タイタニック思い出しますねww
    実話モノは作りモノよりもリアリティに欠ける…結構そうですよね~
    それでも実話の映画って好きだったりします♪

    • meyuiさんへ
      コメントありがとうございます。
      確かにタイタニックを思い出すかも?
      実話映画ってそうなんスよね~実話を意識し過ぎてショボくなっちゃてる(^^;

  3. レビュアン より:

    これは、映画館で見たら迫力ありそうですね~TVだとな~う~ん(^^;
    ところで、文字を協調したりって、グーグル的にやったほうがいいんですか?
    ご存知でしたらご教授下さいm(__)m

    • レビュアン
      コメントありがとうございます。
      文字を強調するのはSEO的にも有効です。
      閲覧しているユーザーに重要なポイントを視覚的にもわかりやすく伝える事ができますし、検索エンジンも重要なテキストを認識する1つの手段として利用すると考えられます。
      ただし、強調タグ自体、指定すれば明らかに検索ランキングの順位が上がるという魔法のようなタグではなく、ページの構造などをユーザーや検索エンジンに正しく伝えられているページで更に詳しく強調したい文章を指定するのに使う、隠し味のようなものだそうです。
      自分はあまり気にしてませんが、気にして使うといいかもしれませんね。

  4. レビュアン より:

    ご回答ありがとうございました。
    活用できるようにガンバリマス(^^;今後ともよろしくお願い致しますm(__)m