【マギー】シュワちゃんは愛する娘を殺せるのか?

マギー

シュワちゃんはゾンビとなる娘を殺せるのか?

伝説的アクションスターのアーノルド・シュワルツェネッガーが、ゾンビ化するまな娘を救うべく駆け回る父親を熱演した異色ヒューマンドラマです。

いそっそう612
どうも、いごっそう612です!ゾンビ映画です!
スポンサーリンク

【マギー:作品情報】


マギー映画

原題:MAGGIE
洋画:ゾンビ・ヒューマンドラマ
製作年:2015年
製作国:アメリカ
日本公開:2016年2月6日
レンタル開始:2016年9月2日
上映時間:95分
公式サイト


あらすじ

未知のウイルスが世界中にまん延し、人々が次々とゾンビ化していく中、アメリカの田舎町で暮らす16歳のマギー(アビゲイル・ブレスリン)も感染してしまう。彼女の父ウェイド(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、隔離病棟に入っていた娘を捜し出して連れ戻す。家には、マギーにとっては義理の母にあたるキャロライン(ジョエリー・リチャードソン)と、彼女とウェイドの間に生まれた2人の子供がいたが……。


予告動画


【映画の感想】

けっこう気になていた作品です。シュワちゃんのホラー映画と話題になっていたのですが・・ホラーでは無くヒューマンドラマでした。

娘がゾンビになるまで・・という生きたままゾンビになっていくという設定は

『アフターデイズ・ボディ 彼女がゾンビと化した世界』を思い出させます。

【アフターデイズ・ボディ 彼女がゾンビと化した世界】まさかのあの映画の続編Σ(゚Д゚)
// 美女がゾンビになっていく3日間の過程を描いた異色ホラー「スリーデイズ・ボディ 彼女がゾンビになるまでの3日間」の続編となるその後を描く...

こちらもなかなかな作品です。けっこうグロいです^^;

↓これより※ネタバレを含めた感想などを書いていますので、観賞予定の方はご注意ください

アーノルド・シュワルツェネッガーが製作&主演のゾンビ映画

マギー

麻田くん
シュワルツェネッガーのゾンビ映画来ましたね!
いごっそう612
アーノルド・シュワルツェネッガーが製作&主演を務めた作品でもあります。
麻田くん
製作&主演って凄いですね、あの名作『ゾンビランド』のアビゲイル・ブレスリンと親子役で共演しています。
いごっそう612
アビゲイル・ブレスリン演じる16歳の少女マギーがゾンビウイルス(腐歩病)に感染したことから生きたままゾンビになていく娘を見守る、主人公ウェイドを演じるシュワちゃんの心の葛藤を描いた作品です。

あのシュワちゃんが出ているゾンビ映画なんて・・これは気になる!9月9日にTSUTAYA先行に借りに行ったのだが、全作レンタルされていました。みんな気になてるんだな~。GEOで1作だけ残っていたので速攻観てみました。

全く想像と違う映画でした。まさかヒューマンドラマとは・・シュワルツェネッガーが肉体派の一面とは異なる演技を見せています。

シュワちゃん娘を殺せるのか?

マギー

いごっそう612
この映画で一番気になる点は・・シュワちゃんは娘を殺せるのか?です。
いごっそう612
仕方ない事なんですよ、感染するとゾンビ化する壊死性ウイルス(腐歩病)は完治する病では無く致死率100%・・ゾンビ化してしまったら人に襲い掛かるのです。

シュワちゃんが選べる手段は3通り

・病院へ隔離する(扱いは凄惨を極める)

・試験薬で死ぬまでゾンビ化させないで家で面倒を見る(ただし投薬された側は、体が腐りゆく痛みを感じ地獄の様な苦しみを味わう)

・娘を自らの手で殺す

どれを選んでも地獄なのは変わりない・・・

その選択をシュワちゃんがするのか気になるところです。

麻田くん
これは難しい・・娘の為には殺してあげることが最善の策なのでしょうけど、それができないシュワちゃんの心の葛藤は見事でした。

どの答えを選ぶのか?ラストまで気になるところです。とにかくシュワルツェネッガーの演技が素晴らしい!あの肉体派俳優から歳を取った味を生かした演技が見事です。

泣けないヒューマンドラマ※ネタバレ

マギー

いごっそう612
ハッキリ言っちゃうとヒューマンで泣かしに来てるんだけど泣けません・・
いごっそう612
シュワちゃんの演技は良いと思いますが、もうちょっと殺すか?殺さないか?で悩むシーンが必要だった様な気がします。

観てて殺さないのが分かってしまってるから、緊張感がない・・

さらにラスト・・結局マギーは自殺してしまうんだけど・・ここももうワンシーン欲しかったですね。

全般的に惜しい映画で泣けないヒューマンドラマです。

麻田くん
あんなに激ヤバのゾンビウイルスなのに政府の対応も甘い気がしますよね?

あんな対応だったらどんどん感染が広がる気がします。薬も無いのに対応が甘い!

ちょっとリアリティが欠けていたような気がします。

全般的にちょっと惜しい映画でした。もうちょっと面白く作れたような気がするんだけどな・・感染している人が普通に出歩いてるし・・ちょっとあり得ない(-_-;)

そして、もうちょっと泣ける様なシーンが欲しかったです。全然泣けませんでした。

【まとめ:この映画の評価、おすすめ度は?】

ゾンビ系映画のヒューマンドラマという異色ですが、もう一歩という感じです。

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com:★★★☆☆(2.8)
Yahoo!JAPAN映画:★★★☆☆(2.96)
TSUTAYA:★★★☆☆(2.70)
2016年9月09日時点

賛否両論だが、やや批判的なコメントが多いか?


個人的な私のおすすめ度は?

いごっそう612
おすすめ度:★★★☆☆(3.2)です!

悪くはないですが、盛り上がりに欠ける映画です。もうちょいヒネればかなり面白くなったような気がします。ゾンビとヒューマン、シュワルツェネッガーという題材を生かせれてなかったですね。

惜しいゾンビ映画です。

スポンサーリンク
【マギー】シュワちゃんは愛する娘を殺せるのか?

めっちゃ人気がない映画ブログ
元ボクサーの一念発起イイね

シェアする

スポンサーリンク

コメント

  1. ともちん より:

    おはようございます(ФωФ)ゾンビのヒューマンドラマて(笑)これは珍しいですね~シュワちゃんは優しいのでピッタリな役ですよね。

  2. レビュアン より:

    シュワちゃん、アクションスターからの転進を図っているのかとも思いますが・・・・今ひとつ上手く行っていないカンジが、ど~してもしますね(^^;