【パパが遺した物語】ゴラムの目を持つアマンダ・セイフライドがクソビッチにΣ(゚д゚lll)

パパが遺した物語

アマンダ・サイフリッドがメス豚に!?

父親と息子の絆を描いた『幸せのちから』のガブリエレ・ムッチーノ監督が、ニューヨークを舞台に、小説家の父親と幼い娘の愛を描くヒューマンドラマです。

「レ・ミゼラブル」でも共演したラッセル・クロウとアマンダ・セイフライドが、主人公となる父娘を演じています。

いそっそう612
どうも、いごっそう612です!ラッセル・クロウとアマンダ・セイフライド何て・・ちょっと最近メジャー映画に出ない俳優コンビですね!

【作品情報】


パパが遺した物語

原題:FATHERS AND DAUGHTERS
洋画:ヒューマン・ドラマ
製作年:2015年
製作国:アメリカ/イタリア
日本公開:2015年10月3日
レンタル開始:2016年4月2日
上映時間:114分
公式サイト


あらすじ

1989年のニューヨーク。小説家のジェイク(ラッセル・クロウ)は妻の死で心に傷を抱えながら、男手一つで幼い娘ケイティ(カイリー・ロジャーズ)を育てていた。さまざまな問題が降り掛かる中で、彼は自分と娘の物語の執筆を進めていた。25年後、心理学を学ぶケイティ(アマンダ・セイフライド)は、ある出来事により人を愛せなくなってしまっていた。そんなある日、父のファンだというキャメロン(アーロン・ポール)と出会う。


予告動画


【映画の感想】

父と子の感動もの・・・これは泣けるだろう・・と思い観てみました。

ちょっと予想外な映画でしたね。

↓これより※ネタバレを含めた感想などを書いていますので、観賞予定の方はご注意ください

躁鬱病の父と幸せ恐怖症の娘※ネタバレ

パパが遺した物語

麻田くん
父と娘の物語感動しそうですね!
いごっそう612
うーん・・どうでしょう?個人的には感動しませんでした(-_-;)

確かに父と娘の物語・・想像では・・小説家の父が早くに死んでしまうが・・小説に娘への思いを書いていてそれを読んで深い愛を知る・・という感じかと思ったのだが・・そうでは無かった。

いごっそう612
何というか・・躁うつ病の父と幸せ恐怖症の娘の映画という感じです。
麻田くん
躁うつ病と・・幸せ恐怖症ですか・・?

父親は交通事故を起こし妻を失い鬱病に・・娘が幼いころに死んでしまう

娘は父が死んだ事を自分のせいだと思い幸せになってはいけないと思ってか?人を愛することができなくなってしまう・・

いごっそう612
この時間軸が違う過去と現代の二つの物語が同時進行で進んでいきます。

小説家の父は、もちろん小説を書くのだが・・その内容に関しては映画ではあまりふれず・・ただただ二人の病気のことにスポットが当てられている。

何というか想像と違った・・感動が巻き起こるというよりただただ必死さだけ伝わってくる映画だった。

副作用とセックス依存症?※ネタバレ

パパが遺した物語

いごっそう612
父と子二人は病気に苦しんでいるんですけど・・ちょっと微妙な描き方だったような気がします。

まず父親は躁うつ病に苦しんでいるという設定だが、映画で躁うつ病の症状として出ているのが振戦(ふるえ)なのです。

躁うつ病に対する薬の副作用として出る振戦(ふるえ)何だと思うんだけど、完全に躁うつ病の症状として描かれているのでどうなのかなあ?

ラッセル・クロウ演じるジェイクも、躁うつ病患者という感じが全くしない・・・

振戦(ふるえ)で死ぬのもなんだかな・・

さらに母親が亡くなった原因はジェイクの浮気が原因の口論からの事故だから・・愛妻家というイメージは全くない・・・

麻田くん
そうでいい父親と言われても困りますね・・・

娘の方もちょっと微妙である・・

いごっそう612
言ってみればタイガーウッズですね・・・クソビッチです。

人を愛せないというのは、作家志望のキャメロン(アーロン・ポール)と出会ってすぐ治るんだけど、幸せ恐怖症の為に不安になり・・

他の男と寝てしまうのです(╬゚◥益◤゚) 

パパが遺した物語

元々人が愛せないからと、体のつながりを持ったら少し不安が和らぐからと言ってガンガン男と関係を持っていたんですよ・・

それでも愛してくれたキャメロン(アーロン・ポール)を裏切る重大行為です。

パパが遺した物語

最終的に映画はハッピーエンドという感じだけど・・

いごっそう612
全く心に響くものは無かったです。

かなりの酷評に思えるだろうが、ドラマとしてはそこそこだと思う。しかし、感動系恋愛系として観たらどうなんだろう・・

自分は感動しませんでした。

【まとめ:この映画の評価、おすすめ度は?】

タイトルと内容があんまり一致して無かったように思いますね、娘のために必死で小説を書きあげようとするジェイク(ラッセル・クロウ)の気持ちは伝わってくるんですけど・・何か躁うつ病という設定がイマイチでした。

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com:★★★☆☆(3.4)
Yahoo!JAPAN映画:★★★☆☆(3.43)
TSUTAYA:★★★☆☆(3.24)
2016年9月30日時点

かなり高評価の方も多くいますが、全般的にまあまあという感じです。


個人的な私のおすすめ度は?

いごっそう612
おすすめ度:★★★☆☆(3.1)です!

今回の作品は自分には合わなかったような気がします。リアリティというか・・映画の説得力が無かったような気がする。

あまり感動できない父と子の物語でした。

スポンサーリンク
このクソ映画ブログをフォローする
【パパが遺した物語】ゴラムの目を持つアマンダ・セイフライドがクソビッチにΣ(゚д゚lll)
この記事をお届けした
クソ映画ブログ元ボクサーの一念発起を、いいねしてチェックしよう!

このクソ記事を拡散する

スポンサーリンク

コメント

  1. レビュアン より:

    これは、原題の「父と娘」の方が収まりが良いでしょうね~
    たぶん、日本の映画会社が「お涙ちょうだい」の販売戦略で、売ろうとしたんでしょうね~
    ファーストイメージが裏切られる事の切なさが、映画会社の人は和kらないんでしょうか^_^;

    • レビュアンさんへ
      コメントありがとうございます。
      そうですね~原題のほうが間違いなくよいです。
      戦略的なものなのでしょうね・・しかし、ガッカリしますわ~

  2. ともちん より:

    こんばんは!マンマミーアのアマンダさんとは( ゚Д゚)!何か暗そうですね~
    ラッセルさんはほとんど知りませんが・・

トップへ戻る