【クロノス】ギレルモ・デル・トロのデビュー作はマジでヤバい!

クロノス

昔の精神病治療はマジでヤバいよね・・

生ける機械によって吸血鬼となってしまった老人の姿を描くダーク・ファンタジーです監督・脚本は『パシフィック・リム』などの名監督ギレルモ・デル・トロで、彼のメキシコ時代のデビュー作であります。

いごっそう612
どうも、いごっそう612です!たまには古い作品も・・・
スポンサーリンク

作品情報

クロノス

原題:Cronos
洋画:ダーク・ファンタジー
製作年:1992年
製作国:メキシコ
日本公開:1998年2月13日
レンタル開始日:2016年7月6日(DVD)
上映時間:92分

あらすじ

中世の錬金術師によって作られた不老不死を実現するかわり人を人ならぬ者へと変容させる生ける機械「クロノス」。天使像に封印されていたクロノスを偶然発見した骨董商人のヘスス(フェデリコ・ルッピ)は知らずにクロノスを動かしてしまい、ぜんまい仕掛けの小さなその機械に血を吸われてしまう。それ以来ヘススの身体に異変が現れた。若返った気分になり、妻メルセデス(マルガリータ・イザベル)への忘れていた情熱が甦る。そして癒されないのどの渇き、血を飲みたいという欲望。ヘススはしだいにクロノスの虜となる。夜な夜な禁じられた機械に血を吸わせるヘススを心配した孫娘のアウロラ(タマラ・シャナス)はクロノスを隠し、ヘススはアウロラの思いやりに胸をうたれる。しかしクロノスの不老不死の力を狙う富豪(クラウディオ・ブルック)は乱暴者の甥(ロン・パールマン)に命じてヘススを襲わせる。甥は勢い余ってヘススを殺してしまった。クロノスによってすでに人間ではない存在になっていたヘススは甦り、怪物じみた己の姿におののきながらも富豪と甥を殺し、その血を啜る。姿だけではなく心までも怪物になりかけた彼を救ったのは普段は無口なアウロラが言った「おじいちゃん」の一言だった。我に返ったヘススはクロノスを叩き壊す。それは彼が不死の力を自ら手放すことを意味していた。窓から差し込む陽の光の中、ベッドに横たわる異形のヘススを抱きしめるメルセデスとアウロラの姿があった。…

予告動画

感想とネタバレ

あのギレルモ・デル・トロのデビュー作と聞いたら見ないわけにはいかないでしょう~。

当ブログで古い映画を紹介することは希なのですが、観てみました。

ギレルモ・デル・トロを詳しく知りたい方は下記リンクも参考にどうぞ

https://ja.wikipedia.org/wiki/ギレルモ・デル・トロ

当ブログで紹介した彼の映画は『クリムゾン・ピーク』とかがそうです。

【クリムゾン・ピーク】とにかく美しい!ギレルモ・デル・トロが描く濃厚ダークミステリー!
// 『パンズ・ラビリンス』など恐ろしくも幻想的な世界観の作品を得意とする鬼才・ギレルモ・デル・トロが監督・脚本を務め、「アリス・イン・ワン...

↓これより※ネタバレを含めた感想などを書いていますので、観賞予定の方はご注意ください

吸血鬼とクロノスとジョジョの石仮面※ネタバレ

クロノス

昆虫のような姿をしたゼンマイ仕かけで動くギミック“クロノス”・・・

このクロノスが触っていると起動しぶち刺さり・・

クロノス

小汚いバンパイアへと変貌を遂げる

クロノス

ここら見てなんだか・・ジョジョの初期作出でた石仮面に似てるなあっと・・

ジョジョの石仮面

こんな感じで刺さるし

ジョジョの石仮面

これで吸血鬼になる

ジョジョ 吸血鬼

似てるΣ(゚д゚lll)

そんな感じで吸血鬼に変わった人間の話です。

徐々に血が飲みたくなっていく姿は・・

クロノス

マジでやばいですΣ(゚д゚lll)

ギレルモ・デル・トロの原点

クロノス

現在のギレルモ・デル・トロのダークファンタジーの原点となったのがよくわかります。

映像とかはやっぱりショボイんですけど、そういう雰囲気はあります。

麻田くん
ただのホラーではない、ダークファンタジーですよね。

この映画から彼の作風が出てきたんだなあ~。やはりギレルモ・デル・トロらしさが満載です。

でも・・スイマセン・・

いごっそ612
そんなに面白くは無かったです(笑)

ロン・パールマンが出ています。

ロン・パールマン

観てて驚いたんですけど・・・

”いごっそ612″ロン・パールマンでてるじゃん![/speech_bubble

あの名優ロン・パールマンが出てるのです。

最近では『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』とかにも出てますね。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 ロン・パールマン

ゴブリンですが・・

【ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅】新シリーズ開始!まさかのあの人が出演!
// ハリーポッター新シリーズ開幕!世界的人気を誇る大ヒットファンタジー「ハリー・ポッター」シリーズ完結から5年を経て、新たに送りだされるシ...

意外な豪華俳優でテンションあがります。

この映画の評価、おすすめ度は?

やっぱ古いので、そーんなに面白くはなかったです。怖くもないですしね~。

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com:★★★☆☆(2.7)
Yahoo!JAPAN映画:★★★☆☆(3.13)
TSUTAYA(Filmarks):★★★☆☆(3.3)
2017年1月11日時点

あらあら、やっぱ評価普通だわ(^_^;)


個人的な私のおすすめ度は?

[speech_bubble type="drop" subtype="L1" icon="nagao.png" name="いごっそう612"] おすすめ度:★★★☆☆(2.8)です!

ギレルモ・デル・トロのデビュー作という事で観る価値はありましたね!らしさも出ていてなるほど~と楽しんでみました。

でも、面白くは無かったですね(笑)普通でした。

ギレルモ・デル・トロのデビュー作観てみませんか?

スポンサーリンク
【クロノス】ギレルモ・デル・トロのデビュー作はマジでヤバい!

めっちゃ人気がない映画ブログ
元ボクサーの一念発起イイね

シェアする

スポンサーリンク

コメント

  1. レビュアン より:

    あや?ダメでしたか~興味はあったんですが、デルトロ感があれば見ちゃうでしょうね~
    ところで、オススメ映画情報 (ジョニー・タピア Cinemas)の記事と移行してからの記事で、アクセス数に変化がありますか?
    というのは、Adwordだと飛び抜けて増えるんであれば、考えざるを得ないかとm(__)m

    • レビュアンさんへ
      自分はオススメ映画情報の記事を元ボクサーの一念発起に移行はしてないのですが、wordpressは良いです。
      wordpressにすることで爆発的にアクセスが伸びることは無いです。始めの1か月は地獄です。

      ライブドアやseesaaブログでやることはイオンの中でお店を開くようなもの、客も通るので目に付き安いですよね、wordpressは独自にお店を道端で開くようなもの初めは誰にも気がつかれずアクセスも無いです。

      ただしイオンでお店を開くという事は同じジャンルのお店(同じジャンルの記事)と競合になります。イオン内で勝ち残り一番にならないと検索上位に来ないでしょう(同じドメインから検索上位に何個も来ないため)。逆に道端で開いたお店は、その場での競合が無く、口コミで広がれば露出も増える。ブログ内での競合がない分検索にかかりやすくなります。

      そして、レビュアンさんみたいなコツコツ継続的に記事が書ける人はwordpressが絶対いいです。広告もすべて自分も物ですし、その広告料でサーバーやドメイン代は十分賄えます。

      自分は色々なブログを旅してきましたが、wordpressでやって良かったと思っています。プラグインやテンプレート全部好きなようにブログ改造できるし最高です。
      これからもブログを続けるなら絶対wordpressにするべきです。

  2. レビュアン より:

    あ、スイマセンwordpressで作るとの間違いでしたm(__)m

  3. ともちん より:

    こんばんは(・_・)難しい話についていけないです(笑)その映画は古びた感じがいいですよね。気になります

    • ともちんさんへ
      コメントありがとうございます。
      ギレルモ・デル・トロのデビュー作、お得意のダークファンタジーでしたね。
      やっぱ金もかかってないし古い映画なので映像もそれなりでしたが、観て良かったです。

  4. レビュアン より:

    懇切丁寧なご説明ありがとうございますm(__)m
    WordPressにすべきだと理解できました。少しずついじって見ます(^^)
    しかし、ほぼゼロから数ヶ月で5万PV取ったのは、記事の力だというのがハッキリ分かりました。m(__)m