今回は2015年に制作された映画『リアル鬼ごっこ』のネタバレ感想を紹介します。

 

『リアル鬼ごっこ』は山田悠介の同名ベストセラー小説を、鬼才と言われる園子温が映画化した作品です。

園子温監督が、JKを好き放題、やりたい放題に暴れまわって描いています!

作品情報

リアル鬼ごっこ2015

原題:リアル鬼ごっこ
邦画:ホラー
製作年:2015年
製作国:日本
日本公開:2015年7月11日
レンタル開始:2015年11月20日
公式サイト

あらすじ

女子高生のミツコ(トリンドル玲奈)は、何者かに追われ、ふと気が付くと学校の教室にたどり着いていた。一方、ケイコ(篠田麻里子)は知らない女性にウエディングドレスに着替えさせられ、何者かに追われる。そして陸上部のいづみ(真野恵里菜)も迫りくる恐怖と対峙することとなり…

予告動画

感想とネタバレ

全国の“佐藤さん”が謎の存在である鬼に追われるという不条理な鬼ごっこを描いた山田悠介の小説「リアル鬼ごっこ」・・・

山田悠介の小説「リアル鬼ごっこ」

これまでにも複数回に渡って映画化されてきたベストセラーをあの鬼才!園子温監督が映画化しました!

これは、園子温の得意分野でも言えるところなので、めっちゃ期待して観ました!

園子温が原作を読んでいなかった!?

園子温 リアル鬼ごっこ

映画冒頭が血しぶき半端なく!グロい・・・
とにかく血がドバドバ飛んで女子高生達は真っ二つ!

おお~さすが園子温!!(^^♪

今まで、映画化されたリアル鬼ごっこを観てきましたが・・そんなに面白いという作品は無かった・・

園子温ならば!今までにない映画化された怖い!リアル鬼ごっこを見せてくれるに違いない!

はい・・今までにない作品でした・・
でも・・これは、まったく原作とは違う・・

ハッキリ言っちゃうとリアル鬼ごっこではありませんでした。

なんだろう、鬼ごっこというか・・(-ω-;)ウーンわけわからん感じ・・

なんでこんな題名なんだよっと言いたくなる・・山田悠介の小説とは関係ないのか?

いやいや、エンドロールに名前あるじゃん・・なんで?新しい小説だしたのか?

調べてみると・・

 

園子温
「リアル鬼ごっこ」というタイトルそのものにインスパイアされ、原作をあえて読まず、前からやりたかったこと、企画が結実しなかった作品のプロットをいくつも導入し、一から脚本を書きました。<中略>この作品も“オリジナルストーリー”として3本目になります。

 

(;゚Д゚) ちょっとどういうことっすか?結局は園子温のオリジナル映画ってこと!?

じゃあ~山田悠介の名前出すんじゃねーよ!題名も買えてくれよ!めっちゃ期待しちゃったじゃねーか!?

期待しすぎたぶんちょっとガッカリ感が半端なかったっす・・

トリンドル玲奈が脱がされた

トリンドル玲奈 リアル鬼ごっこ

映画の主人公はトリンドル玲奈です。女子高生の役ですね(*‘∀‘)

映画冒頭に服を脱いで着替えるシーンで、上半身下着姿になるところがあります。なかなかセクシーです(笑)

さすが、エロと狂気の帝王園子温!トリンドル玲奈を脱がしましたね( *´艸`)

他にも、パンチラや色々なエロシーンをふんだんに盛り込んでいます。
今までやりたかったけど、出来なかったことを好き勝手にした感じっすね。

トリンドル玲奈の下着シーンはありがたかったけど・・・
ちょっと暴走しすぎじゃないっすかね・・(-_-;)

まあ・・園子温の名作「自殺サークル」に近い気もしますけどね。
この人もともと、こういう系の映画作る人だった・・・

篠田麻里子含む三つのストーリーの交錯

リアル鬼ごっこ2015

主演はトリンドル玲奈なんですが、ころころと外観が入れ替わったりします。

・クラスメイトの中でただ一人生き残ったミツコ(トリンドル玲奈)。
・ブタの覆面をした花婿と結婚式を挙げることになったケイコ(篠田麻里子)。
・駅伝大会出場中に何者かに追われるいづみ(真野恵里菜)。

3人のヒロインが、迫り来る恐怖から必死で逃げ惑う3つのエピソードが交錯していく感じで描かれています。

 

極限まで追い詰められた心理状態を鬼気迫る演技で表現したトリンドル、花嫁姿で華麗なアクションを披露する篠田麻里子、極寒の中、陸上部のユニフォーム姿で全力疾走する真野恵里菜・・

3者3様に頑張っています!演技にはあまり申し分はありません!
ただストーリーは相変わらずわけわかんねー(-_-;)

ネタバレ

リアル鬼ごっこ 斉藤巧

映画のネタバレになります。

2034年に死んだミツコら女子高生のDNAを採取した老人(斉藤巧)が、クローンのミツコらを作り、リアル・ゲーム『リアル鬼ごっこ』をしていたというオチ・・

実際の現実世界は2034年からさらに150年後ということらしい。

今までの分けわからん話は、ゲームの中だったからというわけです。


ゲームのクリアはその老人(斉藤巧)のところにミツコがたどり着き、老人(斉藤巧)のクローン(若い斉藤巧)とベットインで結ばれてクリアということらしい・・

リアル鬼ごっこ 斉藤巧

そのシーンでは、斉藤巧がブリーフ(白)一丁で出て来てキモかったっす・・
女性ファンは嬉しいかも?

結局、ミツコはもう操られるもんか!?っと自殺してそれと連動してケイコ、いずみも自殺して死ぬのです。

それによって、ゲームから解放されたというわけですね。

この映画の評価、おすすめ度は?

期待していただけに・・ガッカリ感は半端なかったです・・
原作読んでない・・って・・それでいいのか?どう見てもリアル鬼ごっこでは無い!

そういうわけで映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com:★★★☆☆(2,5)
Yahoo!JAPAN映画:★★☆☆☆(2,48)
TSUTAYA:★★★☆☆(2,62)

個人的な私のおすすめ度は?

おすすめ度:★★☆☆☆(1,8)です。

 

評価を見ると賛否両論ですよね、5最高だった】1最低だった】のどっちか・・後者の方が多いが、前者もそこそこいる・・(´ε`;)ウーン…個人的にはかなり酷かった気がするのだが・・

あなたは、どっちでしょうね?

関連記事

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう