SNSフォローボタン

【マザーハウス 恐怖の使者】 各地で絶賛ホラー映画

マザーハウス 恐怖の使者

いそっそう612
どうも、いごっそう612です!

スペインのスクリームフェストで最優秀作品賞を受賞したベネズエラ製ホラー映画

スポンサーリンク

作品情報

マザーハウス 恐怖の使者

原題:La casa del fin de los tiempos/THE HOUSE AT THE END OF TIME
洋画:ホラー
製作年:2013年
制作国:ベネズエラ
レンタル開始:2015年12月2日
上映時間:101分

あらすじ

1981年のベネズエラ。ドゥルセは失業中の夫ホセと2人の息子の4人で、ささやかな生活を送っていた。11月11日、兄弟が遊んでいた最中の不幸な事故で、弟ロドリゴは亡くなってしまう。その日の深夜11時過ぎ、家の中で夫ホセは殺され、長男のレオポルドがこつ然と姿を消す。彼女は警察に逮捕され、夫と息子を殺害したとして終身刑を言い渡される。2011年11月―30年ぶりにドゥルセが保釈され、自宅である家に戻ってきた。保釈された老女のカウンセリングを担当することになった神父は、30年前の事件の謎に迫っていくことになる・・。

予告動画

感想

かなり評判がいいベネズエラ製のホラー映画です。
余りにも評判がいいので借りて観てみました。

※ネタバレを含めてご紹介していきます。

全然怖くないけど謎がいっぱい

マザーハウス 恐怖の使者

1981年のベネズエラ。失業中の夫と2人の息子と共に暮らすドゥルセは、11月11日に弟のロドリゴを事故で喪ったのに加えて、その日の深夜の11時に夫のホセが何者かに殺害されたうえに、長男のレオポルドまで家の中からこつ然と姿を消すという奇妙な現象に遭遇。

警察は彼女を殺人犯として逮捕し、家族を殺害した容疑で終身刑を言いされた彼女は刑務所に入れられる事になってしまう。

いきなりネタバレになりますけど、全然怖くはないです!

でも謎がめっちゃいっぱいでラストに なるほどね(*´з`) って感じになっちゃう映画です。
でも、ホラーというジャンルでいいのか?ってな気もします。

途中でデカい音で驚かす手法なども取り入れられていて驚かす事にはだいぶ力を入れています。かなりレベルは高いです。

幽霊系や、怪物系、悪魔系ホラーではないです。
時空系ホラーと言えばいいのでしょうか?

はっきり言ってしまえば【プリデスティネーション】のホラー版と言った感じでしょうか?
しかし、【プリデスティネーション】の方がレベル高いです。

とにかく、謎がいっぱいでラストに全ての謎が繋がる映画です。

よくできた映画だが・・・

マザーハウス 恐怖の使者

実はこの屋敷では住むもには失踪し消えてしまうという・・・

そのネタバレは終盤一気に明らかになるのだが・・
【プリデスティネーション】の名前を聞いただけで察しの良い方は理解したかもしれないが
ようするにタイムワープというのが正しいのか?

映画に出てくる、謎の部分は

未来の自分が過去の自分にした行い

っということになる。

そしてラストは特にわけわかんなくなっちゃうのだがだが、3つの時間軸が同時に描かれている!

2011年11月11日:現在
1981年11月11日:30年前の惨劇の夜
お葬式の数日前の夜:現在のドゥルセは長男のレオポルドと接触、1981年のレオポルドも弟ロドリゴと接触

この屋敷の正体は時空間が多数存在し30年前後で時空が繋がっているワープトンネルという事なのだ。

その同時の接触で映画での謎のシーン、謎の人物が全て繋がっていき、あのシーンはこういうことだったのねと理解できる、母ドゥルセが、息子にお守り代わりに与えるムーンストーンが時空を渡り様々な人物の手に渡り同じ時代に2つ存在していたりと見せ方も上手い!

しかし、ツッコミどころもあるように思う

つながった次元で30年後ドゥルセは長男のレオポルドを救うための行動をするのだが、その行動に力点が置かれており、弟ロドリゴを救うための行動は『弟と3日遊ぶな』とレオポルドにいうという事だけにとどまる。

子供だから、忘れてしまったのか?結局弟と遊んでしまう・・
だから結局結果は何も変わらず、弟ロドリゴが死に、夫ホセの凶行も止めることができない

(-ω-;)ウーン・・弟ロドリゴが死ななければこの凶行は起きないんだけどな~

ツッコミたくなる・・・この映画はただ決まった事をトレースしているだけの謎解きで未来が変わることはないのだ!

だから、結局は長男のレオポルドを救うためだけの話で、レオポルド以外の人物は不幸になっている・・・

それでいいのか?弟ロドリゴの死を防ぐことが一番幸福な道じゃないのか?

30年後の世界に来たレオポルドは、大人になったマリオ(前半から出てきた神父)と会うシーンなどもよくできた作り・・確かにレベル高い映画だが・・

そこまで高評価なのがイマイチ納得できなかった。

とにかく難しい映画なので、書いてても上手く説明できないが、2回観たらなんとなく理解できる映画です。

【この映画の評価、おすすめ度は?】

かなりレベル高い映画だし、是非観てほしい映画です。
2回観たくなる映画という感じ!

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com:なし
Yahoo!JAPAN映画:★★★★☆(4.17)
TSUTAYA:★★★☆☆(3.06)
2016年1月07日時点

個人的な私のおすすめ度は?

いそっそ612
おすすめ度:★★★★☆(3.5)です!

確かに良く出居た映画だけど、(-ω-;)ウーンどうだろう・・
ホラー見たさに借りた人は間違いなくガッカリするだろう・・
しかし、よく錬られた作品である2回観たら確実に面白いと思うに違いない!

ただ、超面白いとまではいかない佳作だと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
このクソ映画ブログをフォローする!
この記事をお届けした
クソ映画ブログ元ボクサーの一念発起を、いいねしてチェックしよう!

このクソ記事を拡散する

入力は終了しました。
トップへ戻る