とにかく100記事書いてみろ!!

 

2.3記事でPV上がるわけがない!とにかく書け書くんだジョー!!

数は力なり!

 

いごっそう612
どうも、いごっそう612です!本日は100記事書いたのでアクセスはどうなったか?を題材に書いていきます。

100記事書いたらアクセスはどうなった?

本日はインタビュー方式でお送りします(笑)

記者
今回100記事をついに書かれたそうですが、アクセスはどうなりましたか?
いごっそう612
そっすね~ぶっちゃけアクセスは上がりましたよ↑
記者
アクセスは上がったと、実際どれくらい上がったんですか?
いごっそう612
だいたい平日500アクセス、土日800アクセスくらいでしたが、平日1000アクセス、土日1400アクセスくらいになりました。
記者
あんまりアクセスは大したことないんですね(笑)
いごっそう612
えっ・・はい・・スイマセン・・

100記事書いたらアクセス上がるは本当だった・・・

でも、ぶっちゃけ本当の話は・・・

 

本当に100記事書いたからアクセス上がったのか?

記者
実は、100記事では無かったという話を聞いていますが・・?
いごっそう612
えっ・・(;・∀・)・・はい・・まあ・・106記事目です。
記者
他にも、アクセスが上がる要因あったんじゃないですか?
いごっそう612
はい・・そうっす・・【パラドクス】って映画の記事が当たってその記事に一日300~400検索から流入して来ています・・(-_-;)

 

 

記者
【パラドクス】という映画の記事にそれほど来ているんですか?という事は、100記事書いたからではなく、たまたま検索に当たる記事ができたからかも知れませんね。
いごっそう612
そうかもしれません・・

 

実際はどうなんだろう?100記事書いたから当たったのか?それとも関係ないのか?
その記事が当たったからアクセスが上がったのか?

謎です・・・

 

何故?100記事書いたらアクセス上がると言われるのか?

記者
何故?100記事書いたらアクセス上がると言われるんですかね?
いごっそう612
これは謎なんですが、定説では・・

検索エンジンからドメインが認識される期間が「3ヶ月」と言われていたことがあるそうです。

だいたい1日1記事書いたら、100日なので3か月弱ですね・・

記者
他にも、Googleさんからの評価が上がるからと言ってる人もいますね。

 

いごっそう612
そうっすね、100記事コツコツと頑張ってたらGoogleさんが『お前頑張ってるじゃん』と評価してくれて検索からの流入が増えるらしいっすね。

他にも、記事を書くことによって入口が増えるからアクセスは上がりますよね↑

 

と言う様なことが100記事書いたらアクセス上がると言われる要因ではないだろうか?

 

100記事までに心がけた事

記者
100記事書くのに心がけた事ってありますか?
いごっそう612
そうっすね、毎日更新する事ですね!
記者
他には?
いごっそう612
記事の文字数を最低2000文字を目標に書きました。実際には2000文字行ってない記事もありますが。1000文字以下はありません
記者
なるほど、100記事書いても、更新の間が空きすぎたり、ほとんど書かれてない様な記事だとか、コンテンツがイマイチだとダメという事ですか?
いごっそう612
自分はそう思います。

 

やっぱ、検索にかからない様なコンテンツがめっちゃ薄い記事を、大量生産してもダメ・・
基本毎日更新がベストだと思う。

 

ライブドアブログでは50記事で1500アクセス

実はWordPressでブログをやる前に、ライブドアブログでブログをやっていました。

ライブドアブログでは50記事ほどで、1500アクセス突破していました。

やっぱライブドアの庇護の元にブログを行うので検索からの評価が高くなるようですね。

Σ(゚Д゚)じゃあライブドアでやればいいじゃん!

っと思われるでしょうが・・

ライブドアは収益に関してはアドセンス広告などがあまり貼れないので、WordPressの方が稼げます。

収益になれば、ライブドアの方が良かったですけどね・・

WordPressは独自で1からやっていくのでアクセスを集めるのに時間がかかるようです。

 

まとめ

100記事書いたらアクセスが上がるというのは本当でした。

ただ、コンテンツや更新頻度など様々な条件が必要なようです。

できるだけ良質の記事を毎日書く!

これがアクセスアップの秘訣だと思われます。

※開設1年5カ月で30万PV突破しました。

これからブログを開設したい、開設したばかりの方々は大変でしょうが、頑張っていい記事を書いていただきたいと思います。

※一応50万PVも突破しました。

関連記事

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう