本日ご紹介する映画は
オートマタです。

“オートマタ”と呼ばれる人型ロボットが人間社会に定着した近未来の地球を舞台に、改造され進化を遂げる人型ロボットと、改造の首謀者を追う男の戦いを描く、アントニオ・バンデラス主演のSFサスペンスです

作品情報

オートマタ

原題:AUTOMATA
洋画:SF・サスペンス
製作年:2013年
製作国:ブルガリア/アメリカ/スペイン/カナダ
日本公開:2016年3月5日
レンタル開始:2016年8月3日
上映時間:109分

あらすじ

太陽風の増加が原因で砂漠化が進み、人類存亡が迫りつつある2044年。人間に代わる労働力としてオートマタと呼ばれる人工知能搭載ロボットが人々の生活に浸透していた。さらに、生命体に危害を加えない、自身で修理・改善しないというルールが製造時に組み込まれており、人間との共存に支障が出ないシステムが確立されていた。そんな中、オートマタ管理者ジャック(アントニオ・バンデラス)は彼らが自発的に修理を行っていたのを知って驚く。その首謀者と目的を探る彼だが、思わぬ事実に突き当たる。

予告動画

 

感想とネタバレ

これは近未来にあるかも知れない・・そう思える作品でした!

近年AIブームが来てますよね!どんどん開発が進んで、ある日人間の労働力の代わりをしていたロボットたちが・・

ペッパーくん

とか言い出す日も来るかもしれませんよね~リアルターミネーターの世界ですよね。

怖いですね・・・

↓これより※ネタバレを含めた感想などを書いていますので、観賞予定の方はご注意ください

近未来の地球でのオートマタ

オートマタ

前半は、刑事ドラマチックなところもあって観やすいんですけど、後半は「生きる意味」とか人類とオートマタとの対比などを演出していてかなり難解です💦

バンデラスに見つかって自らを破壊するオートマタとか、それを死体安置所の様に調べるシーンとか、序盤はなかなかミステリアスで良いんですけどね。

オートマタ

後半は何となく理解はできるけど、ハッキリと答えをくれるわけでは無く・・ぶっちゃけ難しかったっス。

かなり難解な映画ではあります。後半は???になることは間違いないだろう・・オートマタが感情を持っているのは観てたらわかるけどハッキリとした答えは無い、自ら想像し納得していくしかないのです。

ロボットたちが自ら作り出したロボットはゴキブリに酷似していたり・・?な部分が多いのは間違いない。かつ淡々と進むので賛否が分かれそうな映画ですね。

しかし、好きな人は好きなのではないだろうか?純文学の匂いがする作品となっている、映画マニア必見の作品といえるかもしれない。

この映画の評価、おすすめ度は?

序盤の勢いに反して後半は尻すぼみなイメージがあります。序盤ミステリー後半ヒューマンって感じですね。

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com:★★★☆☆(3.3)
Yahoo!JAPAN映画:★★★☆☆(3.11)
TSUTAYA:★★★☆☆(2.75)
2016年8月04日時点

うーん、そんなもんだろうか?何人かに一人高評価の人がいるが、総評すると3.0や2.0が多いですね。


個人的な私のおすすめ度は?

いごっそう612
おすすめ度

(3.8)です!

実はけっこう好きな作品だったりします。人工知能の自我ネタはけっこう好きです。

似たような映画で「エクス・マキナ」という映画もありますが、こちらもオススメです。

 

映画の中でどこまでも、人間に逆らおうとしないロボット達も良かったです!これがよりリアルに感じました。

映画マニア必見の作品ですね!

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう