セトウツミ

ただしゃべるだけの映画!

池松壮亮と菅田将暉のダブル主演で、此元和津也の人気漫画「セトウツミ」を『まほろ駅前多田便利軒』などの大森立嗣監督で実写映画化した青春ドラマです

いごっそう612
どうも、いごっそう612です!いや~笑えましたわ(笑)

【作品情報】

セトウツミ

原題:セトウツミ
邦画:青春ドラマ
製作年:2016年
製作国:日本
日本公開:2016年7月2日
レンタル開始:2016年12月2日
上映時間:75分
公式サイト

あらすじ

性格は正反対だがどこかウマの合う高校2年生の内海想(池松壮亮)と瀬戸小吉(菅田将暉)は、放課後にいつも河原で話をしながら暇つぶしをしている。くだらない言葉遊びや、思いを寄せる女子へのメールの内容、時にはシリアスなことも語り合う。そんな二人を見守る同級生の樫村一期(中条あやみ)に瀬戸は憧れているが、樫村は内海に好意を抱いており……。

予告動画

【映画の感想とネタバレ】

なかなか凄い作品です!昨日の【アンフレンデッド】に引き続き斬新な映画ですね(*‘∀‘)

↓これより※ネタバレを含めた感想などを書いていますので、観賞予定の方はご注意ください

 

ただ喋るだけ・・でも面白い!※ネタバレ

セトウツミ

クールな塾通いの内海を池松壮亮、天然な元サッカー部の瀬戸を菅田将暉が演じるほか、瀬戸が思いを寄せるヒロイン役で中条あやみが出演しています。

いごっそ612
主なキャストはこの3人です。

映画は放課後に男子高校生2人が何となく会話するだけ!という異色な映画です。

でも・・その会話がとてつもなく面白いのです!

セトウツミ

池松壮亮、菅田将暉、ヒロイン役の中条あやみを混ぜた三角関係も話を盛り上げ!非常に笑える映画です!

まるで漫才のようなやりとり!凄いなこの映画!

正直映画として成立するのか不安でありましたが、それなりに映画として成立しています!

麻田くん
俳優の演技力だよりの映画ですが、見事な俳優陣で演出しています!

正直・・映画館で観る様な映画では無いと思いますが、レンタルならかなり楽しめるのでは?

 

 コミックのキャラを見事に演じた二人

セトウツミ

映画は此元和津也の人気コミックを映画化したものですが、見事にコミックの世界観を描き出していたと思います。

いごっそ612
池松壮亮と菅田将暉の演技力が素晴らしいですね!

この二人の演技力を観るだけでも十分楽しめる映画であります。

ハッキリ言いましょう笑えます(*`艸´)ウシシシ

 

“セトウツミ”無料試し読み

セトウツミ①

コミックが気になる方は無料試し読みがあったので見てみてはどうでしょう?

http://sokuyomi.jp/external/viewer2/?id=CO_setoutumi_001_0001-0

なかなか面白いです。

 

続編もある?

セトウツミ

ただ喋るだけの映画なので、低予算で高収入を稼ぎだせる本作!続編も期待されます。

菅田は、「この映画をでっかいスクリーンで見てくれる皆さんが、大好きです。皆さん次第で、続編も可能になります」とほほ笑み、客席からの喝さいを浴びた。一方の池松は、菅田とともに駆け抜けた日々に言及し、「菅田くんとは今年結構続いたので、しばらくないと思う。(今作の)続編があればまたやりますし、なければしばらくないでしょう。またどこかでお会いしたいと思います」とドライなコメント。これには中条も「冷たい」と苦笑いし、菅田も「俺、死んだみたいやん」とつぶやいていた。

池松は「漫画原作なのでたくさん面白い題材があるし、お客さんの入り次第でいくらでもできると、裏で話しています」と改めて続編への期待を込めていた。

結局は未だ続編は決まっていないけど、興行収入しだいではあるかも?という事らしいですね。

いごっそう612
続編に期待したいですね!

 

【まとめ:この映画の評価、おすすめ度は?】

めっちゃ面白かったと思います。

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com:★★★★☆(3.8)
Yahoo!JAPAN映画:★★★★☆(3.55)
TSUTAYA:★★★★☆(3.9)
2016年12月15日時点

おお~なかなかの高評価(^^)/


個人的な私のおすすめ度は?

いごっそう612
おすすめ度:★★★★☆(3.7)です!

けっこう面白かったです!池松壮亮と菅田将暉の演技力を観るだけの映画とも言えますが、笑えて面白かったです。漫才見ている様な感じでした!お正月とかに観てみたらいいかもですね(*‘∀‘)

オススメのただしゃべるだけの漫才みたいな映画です!

関連記事

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう