【孤独のススメ】こんな老後は嫌だ!Σ(゚д゚lll)

孤独のススメ

全てを亡くした男が、何も持たない男から学んだ幸せとは・・?

ロッテルダム国際映画祭やモスクワ国際映画祭など、世界各地の映画祭で高い評価を受けたオランダ産の人間ドラマです

いごっそう612
どうも、いごっそう612です!オランダ映画侮りがたし!
スポンサーリンク

作品情報

孤独のススメ

原題:MATTERHORN
洋画:ヒューマン・ドラマ
製作年:2013年
製作国:オランダ
日本公開:2016年4月9日
レンタル開始:2016年11月2日
上映時間:86分
公式サイト

あらすじ

オランダの田舎町、妻に先立たれた初老のフレッド(トン・カス)は、毎週日曜日の礼拝以外は人とのつながりを極力排し、静かに暮らしていた。ある日、言葉も過去も持たない男テオ(ルネ・ファント・ホフ)が突如現れ、フレッドの家に住み着いてしまう。心ならずも始まった共同生活を送る中、二人に友情のようなものが生まれ、さらにフレッドの規則正しい単調な日常も変化していく。

予告動画

感想とネタバレ

ロッテムダム国際映画祭観客賞やモスクワ国際映画祭で最優秀観客賞、批評家賞などを受賞し、日本国内でもSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2014で長編コンペティション部門の最優秀作品賞を受賞した作品でもあります。

映画ブログ仲間の元バンドマン映画好きsix Neji”さんのオススメの一品でもあります。

#1075 孤独のススメ : 映画にロック、マンガで夜更かし
オランダ 2013監督、脚本 デューデリク・エビンゲ妻を亡くし、孤独な1人暮らしを送る初老の男の元に、妙な偶然から迷い込んだ中年男との、不思議な交流を描いた人間ドラマ。主人公である初老の男フレッドは敬虔なクリスチャン。しかしクリスチャンとして生きる自分にどこか

↓これより※ネタバレを含めた感想などを書いていますので、観賞予定の方はご注意ください

孤独のススメでは無い

孤独のススメ

邦題は“孤独のススメ”なのだが・・これは孤独であることをオススメする映画ではありません

孤独であることに喜びを感じる様な映画なのかと思っていましたが、実際はその真逆を痛感させられる映画でした。

核家族が増えた現在の日本人・・この映画を見て考えて欲しい・・

老人になってからの孤独がどれほど寂しいかを・・・

不思議な魅力の映画です※ネタバレ

孤独のススメ

コメディなのヒューマンなの?

見ていてイマイチわからない?

盛り上がらない展開、でも何故か飽きることなく見えてしまう・・

何とも不思議な魅力の映画でした!

いごっそ612
面白い?と聞かれたらそうでもない答えます。でも見る価値アリの映画です。

オランダの田舎町。妻に先立たれ、1人静かに暮らす初老の男フレッド(トン・カス)がひとりぼっちで暮らしを紡いでいます。

しかし、そんな彼の孤独を絵に描いたような生活が、迷い込んできた言葉もろくに話さず、素性も分からない謎の男との同居生活によって、次第に色彩を帯びていく・・

麻田くん
え~何で?と思うような展開でもありますが・・孤独だからこその展開なのです。

何故?フレッドは孤独なのか?なぜ謎の男を面倒見るようになったのか?

チラチラ映る妻子の写真、そして中盤以降の子供の写真、男が寝泊まりするベッド脇にギターが立てかけられたままの寝室、物置から久々に取り出される埃を被ったサッカーボールなどなど、こちら側にフレッドの境遇を上手く想像させる展開が見事です。

フレッドは、謎の男に妻や息子の姿を見ているのです

序盤は・・えっ・・ゲイ?(;´∀`)

と思えるかもしれませんが、見ていけば理解できます。

いごっそう612
地味だけど、考えられたもの凄い見せ方が上手い作品という印象を受けます。

そして、終盤明らかになっていく真実・・・そして緩やかな音楽・・

抜群の構成で作り上げた良作です。

ちょっと宗教に皮肉も?

孤独のススメ

ちょっと宗教に対する皮肉も込められているように思います。

孤独な人が陥りやすいのが宗教だと思います。

これはなんでかな?と考えるのですが、孤独で話し相手がいない・・でもこの場所に行けば話せる人がいる。人とともに過ごせる。不安感が和らぐ・・

そういう事から、発展していくのではないでしょうか?

この映画の主人公も、教会に通っているのですが・・

彼の孤独を助けてくれた人は、宗教ではなく謎の男・・そして謎の男との生活を邪魔するのが、主人公を救うべき宗教なのです。

これは痛烈な皮肉のようにも感じました。

いごっそ612
映画の感想であり、宗教をされている方の批判ではないのでご理解ください。

この映画の評価、おすすめ度は?

なかなか不思議な魅力の映画でした。面白い?感動した?と言われるとそうでもないですが(笑)

素晴らしい作品だと思います。

ヒューマン系が好きな方は“ルーム”もオススメです。

【ルーム】 本当にあった『フリッツル事件』を感動的に映画化!
// アイルランド出身の作家エマ・ドナヒューのベストセラー小説「部屋」を映画化した感動ヒューマン・ドラマ!【作品情報】原題:ROOM 洋画:...

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com:★★★☆☆(3.4)
Yahoo!JAPAN映画:★★★★☆(3.85)
TSUTAYA(Filmarks):★★★★☆(3.6)
2017年1月09日時点

悪く言う人はいないけど、3が多いですね。


個人的な私のおすすめ度は?

いごっそう612
おすすめ度:★★★☆☆(3.4)です!

ヒューマンがあまり好きではないので、スイマセン(;´∀`)

奥深さを感じる良作ですが、観るにあたり高評価をつけるにはどうか?いい作品だけど、記憶に残らないという印象を受けます。

でも、同居が嫌だと言い核家族になっている世帯に観て欲しい

孤独の老後は嫌だと感じる映画です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
このクソ映画ブログをフォローする!
この記事をお届けした
クソ映画ブログ元ボクサーの一念発起を、いいねしてチェックしよう!

このクソ記事を拡散する

コメント

  1. ともちん より:

    こんばんは( ̄▽ ̄)来ましたね~(笑)2人のおじさんの愛が気持ちわ・・いや感動しますけども(笑)人間って垣根取っ払うと楽になりますね。いい映画でした♪

  2. レビュアン より:

    地味な佳品という作品でしょうか、興味あります・・・・
    ところで、質問なのですがAMPエラーというのは出てますか?
    無視しても良いもののようにも感じますが、ちょっと気持ち悪い・・・・どうされてます?

    • レビュアンさんへ
      コメントありがとうございます。
      地味ですが良い作品です。レビュアンさんなどは得意分野だと思うのでぜひ見てください。
      AMPエラーはでてますよ~。229ページあります。
      今は問題ないでしょうが、何年かしたらSEO的に不利になるでしょうね~。
      自分はじょじょに改善しています。

  3. six neji より:

    うわー!ありがとうございます、うちみたいな零細ブログ紹介してくれて。・゚・(ノД`)・゚・。
    なんかもうお中元でも贈りたい気分だ(笑)

    しかし3.4とは思ったより辛口で、うわ、ごめんなさい、って感じですね。
    えらいものをすすめてしまった(笑)
    やばい・・・・・ひょっとして傑作!と舞い上がってたのは私1人か。
    いやでもね、年とってくるとこういうのが染みてくるんですって、マジで。
    できたら子供さんがみんな独立された後ぐらいにもう一度見てください(忘れてるって!)
    構成の妙とオチの鮮やかさに対しては同意見だったので、ちょっとほっとしました^^

    • six nejiさんへ
      嫌がられるかも・・?と心配していたのですが逆に喜んでもらえてよかったです。
      『キャロル』でも紹介していますのでよろしくお願いします。

      3.4と普通という評価をつけてしまいましたが、いい映画だと思います。ただ・・6人家族で暮らしている自分にはあまりピンと来ないところもありまして
      こういう風になりたくないなあ・・くらいでした。おっしゃるように子供がいなくなってから観たら共感できるでしょうね~。

      また良い作品をご紹介ください。

トップへ戻る