FOUND ファウンド
FOUND ファウンド

イット・フォローズを超え映画賞42冠制覇した怪作!

FOUND ファウンド

FOUND ファウンド

 

「FOUND ファウンド」は、家族の秘密をこっそり見る中、兄が凶悪な殺人鬼であることを知った少年がたどる運命を描き、トロント・アフターダーク映画祭最優秀作品賞をはじめ世界各国で映画賞を獲得した青春サスペンス・ホラー!

作品情報

原題:FOUND
洋画:ホラー
製作年:2012年
製作国:カナダ
日本公開:2017年1月10日
レンタル開始:2017年2月3日
上映時間:103分

あらすじ

FOUND ファウンド

FOUND ファウンド

あらすじ
学校でいじめられているマーティは、家族の秘密を見るのが何よりの楽しみだった。母親はベッドの下に手紙、父親は車庫の奥にヌード雑誌、そして兄はクローゼットに人間の生首を隠していた。時々変わる生首をこっそり取り出して眺めるのを日課にしていたマーティは、ある夜同級生の首を発見し……。

予告動画

感想とネタバレ

イット・フォローズ超えというキャッチコピーに惹かれ借りてしまいました。

いごっそう612
あの話題となったホラー映画!イット・フォローズを超えたって!?

 

と期待しての観賞です。

 

2012年に公開となっていますが、日本にようやくの上陸ですね。

ちなみに「未体験ゾーンの映画たち 2017」でもあります。けっこうマニアな映画が多いです。

去年の「未体験ゾーンの映画たち 2016」はこちら

 

↓これより※ネタバレを含めた感想などを書いていますので、観賞予定の方はご注意ください

兄の鞄には生首が!※ネタバレ

ファウンド

めっちゃ期待しての序盤!画質はB級映画の画質だったので若干不安感募る・・

しかし、序盤は驚くべき展開に!

11歳の少年マーティ(ギャビン・ブラウン)は、学校ではいじめられ、両親も不仲という辛い日々を送っています。そんな彼の楽しみは、家族の秘密を覗き見ること・・

母の昔のラブレターを見たり、父親のエロ本を見て、にやにやと憂さを晴らしている。

そして兄のクローゼットに隠された鞄を発見!

何が入っているんだろう?何か臭いな・・その鞄を開けると~

生首がはいっていたのです。

そうです‥

兄の秘密は殺人鬼だったのです。

兄と弟の愛の物語?

FOUND ファウンド

この映画は単なるホラーではありません。生首を隠し持つ猟奇的な兄と、いじめられっ子の弟の切ない兄弟愛を織り交ぜた物語でもあるのです。

弟は兄の怖さを利用し虐めっ子に復讐を、兄は自分が弟を助けてやることに癒しを感じているのです。

いごっそう612
兄の鞄には、弟をイジメていた少年の生首が‥

ファウンド映画

猟奇的な兄の姿を見て弟も成長していきます。いじめっ子に立向ける様な精神力を身に着けていきます。

いごっそう612
そりゃあんな怖い生首みたら、怖い物が無くなってきますよね。

 

兄や弟がこうなった原因は親にあります。

黒人差別主義者でワンマンで怒ってばかりいる父親、昔の恋人のラブレターを大事にしまい愛がないながらも父と別れないでいて、世間体ばかり気にする母親…

 

子供たちが狂ってしまうのは親に原因があるのです。

ありがちな青春映画という側面も、この映画はちょっとながら持っています。

 

序盤の衝撃シーンからしばらくは青春ドラマなので、正直面白く無いですね。

ラストは衝撃スプラッター※ラストネタバレ

FOUND ファウンド

FOUND ファウンド

 

「HEADLESS」って映画をVHSで観るシーンがあります。

この映画が取ってもグロくて題名の通り、首をちょん切ります。

 

この映画に影響されて兄はあんな事に・・

弟は映画の出て来る殺人鬼と兄を重ねるのですが、あまりにも激しすぎる猟奇っぷりに、流石にそれは・・

(ヾノ・∀・`)ナイナイ

と思っていたのですが・・

ラストは「HEADLESS」を超える猟奇っぷりに驚愕しますΣ(゚Д゚)

 

いごっそう612
正直気持ち悪くなります💦

 

かなり衝撃的であり、グロテスクなシーンですが、声だけ聞かせ想像させ恐怖感を煽るという演出方法を使っています。

それを聞いて、映画の中で出た「HEADLESS」のシーンが頭をよぎります。

 

ラストに映った弟の姿はトラウマ物です。

FOUND ファウンド

間違いなく精神異常を発症したでしょうね、

両親をああすることで、弟を開放したということでしょう‥。

 

兄は弟に‥
いずれ感謝する

と言いましたが

いごっそう612
感謝できるわけがねー!

 

かなり衝撃的なラストシーンです。完全なスプラッター映画です。

ホラー映画への批判?

FOUND ファウンド

この映画、若干ホラー映画への批判の様な感じも受けました。

こんな映画ばかり見てたら、影響されてこういう事するやつ出て来るぞ

みたいな批判をしている様な気がします。

 

この映画の兄は映画の影響を受けて、ああいう事やっちゃったわけですからね。

自分もこういう系の映画観てたら、妻に‥

鬼嫁
絶対!子供に見せなよ!!

 

とキツク言われています。猟奇的な映画やゲームは子供には見せてはいけませんね。

そういうメッセージが込められているようにも感じました。

イット・フォローズを超えた?

FOUND ファウンド

FOUND ファウンド

 

イット・フォローズを超えたというキャッチコピーでしたが、イット・フォローズを超えれたのでしょうか?

 

イット・フォローズと違い、そんなに新しさも無かったです。

スプラッター系としてはいい出来だと思いますけど、気持ち悪いだけでそんなに怖くは無かったですね。

越えたのは各国42の映画賞を受賞したという受賞歴だけだったようです。

いごっそう612
後は自分の目で確かめてみて

映画の評価

スプラッター好きにはオススメの問題作ですね~。なかなか凄かった。

怖い映画、ホラー映画が好きな人は『ホラー映画ランキング』も参考にどうぞ

 

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com:★★★☆☆(3.1)
Yahoo!JAPAN映画:★★★★☆(3.5)
Filmarks:★★★★☆(3.5)
2017年2月09日時点

ふむふむ(*・ω・)(*-ω-)妥当な点数ではないでしょうか?


個人的な私のおすすめ度は?

いごっそう612

おすすめ度

(3.4)

ラストシーンがマジで衝撃的で印象的でした。あれはヤバいわ‥

 

スプラッター好きにはオススメの怪作です。

こちらも読まれています。
コメント一覧
  1. ともちん より:

    こんばんは( ゚Д゚)怖いですね~生首(笑)普通に見える子供が一番怖い。確かに影響される奴が出て来るって批判されそうですね。

    • ともちんさんへ
      コメントありがとうございます。
      監督のメッセージ性の様なものを感じました。
      ホラー好きなので他人ごとでは無いですね~。気をつけます。

  2. こんな映画ばかり見てたら、影響されるという批判はわかりますね~。
    しまつに悪いのは映像にしちゃうと、実際の汚さ惨たらしさが感じられない点にも問題が?いっそ最近の劇場で匂いや生暖かい血とかを振りまくというのはいかがでしょうか(^^;

    • レビュアンさんへ
      新しい4DXですね、匂いや風とかは今の4DXでもあるみたいですね。
      あまりにもグロテスクな映画で影響を受けられると、怖いですよね~。
      人を殺してもゲーム感覚になったりと色々と問題がありますね。

  3. みーさん より:

    R指定映画ですね・・・かなりグロそう(・・;)
    怖くて見れないなら普通かも・・・最後まで見れるちびっ子は・・・危ないな

  4. 無名 より:

    映画はともかく、誤字脱字が多すぎる気がします。
    特に「絶対!子供に見せなよ!」はその後の文を見るに意味が真逆になっていませんか?

  5. ゆっきー より:

    こんにちは。
    毎度毎度ブログを拝見させているものですが、実は最近、「未体験ゾーンの映画たち2016」の映画を今更ながらですが、何作品かレビューしているのですが、この「ファウンド」は「未体験ゾーンの映画たち2017」で上映されているものですが、昨年のように何作品か「未体験ゾーンの映画たち2017」の作品を見るのでしょうか?とても気になります。

    http://blogs.yahoo.co.jp/yukey19971128

    • ゆっきー様へ
      コメントありがとうございます。
      そうですね、去年はけっこう「未体験ゾーンの映画たち2016」を観た記憶があります。
      もちろん今年もガッツリ観るつもりですよ~。これ絶対観た方が良いって映画あったらまた教えてください。
      追伸:「アズマユキヒロのオポッサムの言う通り」も拝見さして頂きました。

      • ゆっきー より:

        実はFilmarksというアプリや他のブログで調べましたが、昨年の「エリザベス 神なき遺伝子」やここではレビューしてない「エイリネイト 侵略地区」のような駄作は割りと少ないようでした。

        僕としてはジャンル別にお薦めするとなると

        コメディ:フリークス・シティ、グースバンプス

        スリラー:ロックダウン、

        サスペンス:特捜部Q Pからのメッセージ、ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男

        ホラー:スケア・キャンペーン、ハンティング・パーク、デッドフレンド・リクエスト、レジデント、ダークレイン、

        を挙げようと思います。

        今観たいほうがいいと思うのは「フリークス・シティ」でしょう。TSUTAYA先行レンタルですが、内容は悪くなく、評価が高い作品なのでこの作品は一見の価値はあるかも。

        昨年は「パラドクス」や「グットナイト・マミー」と傑作が放映されていたので、今年は「ファウンド」の他にも傑作が出てくることを祈ります。

        • ゆっきーさんへ
          再度のコメントありがとうございます。
          「特捜部Q Pからのメッセージ」「ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男」は気になっていたので間違いなく借ります!
          「フリークス・シティ」ですか、これはチェックしていませんでした。ご紹介ありがとうございます。是非借りたいと思います。
          今年の「未体験ゾーンの映画たち」も目が離せませんね!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連キーワード

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう