彼岸島 デラックス

ラスボスは兄!

「週刊ヤングマガジン」連載の松本光司による人気コミック「彼岸島」を、白石隼也、鈴木亮平ら2013年放送のテレビドラマ版のキャストを再度起用し、映画化したアクションホラー

いごっそう612
どうも、いごっそう612です!元ボクサーの一念発起へようこそ!名前だけでも覚えて帰ってください。

作品情報

彼岸島 デラックス

原題:彼岸島 デラックス
邦画:アクション・ホラー
製作年:2016年
製作国:日本
日本公開:2016年10月15日
レンタル開始:2017年2月8日
上映時間:117分
公式サイト

あらすじ

生還した者は皆無といわれる“彼岸島”。吸血鬼伝説が残るこの島で禁断の封印が解かれ、吸血鬼や邪鬼(おに)と呼ばれる巨大で異様な化け物が出現し、島民は危機的状況を迎えていた。そんな島に明(白石隼也)は、行方がわからなくなった兄の篤(鈴木亮平)を捜すために、仲間たちと向かう。明たちはレジスタンスと一緒に化け物とバトルを繰り広げ……。

予告動画

感想とネタバレ

松本光司の人気コミックを『彼岸島』を基に

彼岸島

ストレイヤーズ・クロニクル』の白石隼也

https://xn--u9j1gsa8mmgt69o30ec97apm6bpb9b.com/2015/11/29/stress-years-chronicle/

彼岸島 デラックス

と『HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス』の鈴木亮平らの共演で映像化したテレビドラマの劇場版です。

https://xn--u9j1gsa8mmgt69o30ec97apm6bpb9b.com/2016/10/31/hk/

コミックのファンにはそこそこ楽しめる作品ではないでしょうか?

↓これより※ネタバレを含めた感想などを書いていますので、観賞予定の方はご注意ください

彼岸島とは?

吸血鬼サバイバルギャグマンガというような感じで、吸血鬼の親玉に支配されている島であります。

彼岸島 デラックス

その島には吸血鬼と戦うレジスタンスもいます。

彼岸島 デラックス

主人公宮本明(白石隼也)は、レジスタンスの親玉師匠の弟子です。

宮本昭の兄である(鈴木亮平)は雅に負け吸血鬼となっています。

そんな島での戦いの話です。

アクション映画

彼岸島 デラックス

この映画単なるクソ映画かと思ったけど、そうでも無い!

麻田くん
アクションはけっこう凄かったですね!

彼岸島を思わせる怖い映画なのか思ったけど、ホラー要素は低です。

いごっそう612
特撮のモンスター物と思った方が良いです。

この映画を観る前に完全なB級だと思って観てるので、もろCGのモンスターでもそれほど悪く感じませんでした。

彼岸島 デラックス

いごっそう612
彼岸島のコミックを観てれば世界観を楽しめます。

彼岸島 雅 栗原類

麻田くん
栗原類の雅は酷かったですね(笑)

完全なB級ホラーかと思ったら、予想外にB級アクション映画でしたね。彼岸島の世界をうまく描いていたと思います。

姫がなかなかいい出来!

彼岸島 デラックス 姫

唯一怖かったのは?彼岸島に出て来るが上手く描けていたところ!

いごっそう612
けっこうキモ怖でした。

コミックでも印象に残るキャラでしたよね~。あれを映像化するとは素晴らしい(笑)

彼岸島 姫

彼岸島 姫

麻田くん
やっぱキモいですね・・・

彼岸島 デラックス

いごっそう612
こんな感じで追いかけてきます。

彼岸島 デラックス 姫

この映画の見せ場は姫とのバトルです。

 

この映画の評価、おすすめ度は?

笑えるような映画でもあります。アクションは頑張ってましたね~。

まあ・・B級です。

コミックベースのB級ホラーが好きなら『ドクムシ』とかもありますよ~。

https://xn--u9j1gsa8mmgt69o30ec97apm6bpb9b.com/2016/09/25/%e3%83%89%e3%82%af%e3%83%a0%e3%82%b7/

 

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com:★★☆☆☆(2.1)
Yahoo!JAPAN映画:★★★☆☆(2.92)
Filmarks:★★☆☆☆(2.4)
2017年3月09日時点

(ФωФ)フフフ・・笑っちゃうくらい低いですね~。


個人的な私のおすすめ度は?

いごっそう612
おすすめ度: icon-star  icon-star-half-empty icon-star-o (2.7)です!

原作を読んでいても、これぐらいの評価です(笑)でも・・何となく楽しめました。

笑っちゃうB級映画です。

関連記事

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう