【エリザのために】ルーマニアってそんなにヤバい(゚Д゚;)

娘を守るために父親が選んだ道とは

第69回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で監督賞に輝いたルーマニアの俊英クリスティアン・ムンジウ監督のヒューマンドラマ

いごっそう612
どうも、いごっそう612です!元ボクサーの一念発起へようこそ!子供のために・・
スポンサーリンク

作品情報

エリザのために

原題:GRADUATION
洋画:ヒューマン
製作年:2016年
製作国:ルーマニア/フランス/ベルギー
日本公開:2017年1月28日
レンタル開始:2017年6月2日
上映時間:128分
公式サイト

あらすじ

愛人がいて、家庭が順調とはいえない医師ロメオ(アドリアン・ティティエニ)。あるとき、留学を控える娘のエリザ(マリア・ドラグシ)が登校中に暴漢に襲われてしまう。エリザの精神的ショックは大きく、ロメオは留学試験に支障が出るのではないかと考える。何とかエリザを留学試験に合格させようと、ある条件と引き換えに警察署長、副市長、試験監督に便宜を頼み込むロメオ。だがエリザは、そんな彼に反発し……。

予告動画

感想とネタバレ

親にとって子供はかけがえのない存在、もし子供がピンチだったら自分ができることは何でもするだろう・・

子供の幸せを一番に考えて行動する。親ならだれでもそうするのではないだろうか?

これは、そういう事を含めて色々考えらされる映画です。

↓これより※ネタバレを含めた感想などを書いていますので、観賞予定の方はご注意ください

とにかく住みたくないルーマニア!※ネタバレ

エリザのために

ルーマニアの小さな町に暮らす医師ロメオ(アドリアン・ティティエニ)の娘は優等生で試験が上手くいけばイギリスへ留学できるのです。

その試験前・・まさかの事件が起こります(゚Д゚;)

エリザ(マリア・ドラグシ)が、登校途中に暴漢に襲われてしまうのです。

そんな精神状態で試験なんて受けれるわけがない!?

ロメオは娘の留学をかなえるため、警察署長や副市長、試験監督とツテを頼り、試験に温情を与えてもらおうと奔走するというストーリーです。

エリザのために

お父さんが娘のために、とんでもないことをしてしまうのか(゚Д゚;)

と思っていたけど・・

お父さんはコネを使って奔走はしてるものの・・結果単なる裏口入学チックなもんです。

しかも、娘は成績がいいもんだから裏口入学にも及ばない可愛いもの・・

ホンマ、パンチが弱い映画です。

レイプ犯を娘のために殺すのか?とか色々想像していましたけど、全然違いました。

しかも、暴漢に襲われたものの・・身体を触られたぐらいで何かしらされたわけではないようです。

いや、それでも心に傷は残ると思いますよ、怖かっただろうし・・

いごっそう612
でも映画としてはちょっとパンチが弱いかな?と思ってしまいます。

映画は中途半端ではなく徹底的な恐怖も大事だと思うんですよ、絶対こういう事にはなりたくない! みたいな・・

そこら辺がちょっと弱いかな・・と

邦題が『エリザのために』だから色々想像して勘違いしてしまいましたけど・・

これルーマニアっていう国を描いた作品だと思います。

とにかくこの国にいたらダメだ!みたいなルーマニアから出る必要性を主人公は訴えてきます。

麻田くん
そんなにルーマニアってダメなんですかね・・

そんな事知らなかったですので調べてみたら・・なるほど・・

いごっそう612
ルーマニアには絶対に旅行には行かないでおこう・・

と思いました。調べたサイトはこちらです。

ルーマニアってどんな国?簡単にわかる治安状況 - NAVER まとめ
チャウシェスクが独裁していたことで知られるルーマニア。そんなルーマニアの治安はどんな感じなのか簡単にまとめました。

こういう国だからこそ主人公は、ルーマニアという国に絶望して娘だけは何としてもこの国から出てもらいたいと感じたのでしょうね。

民主化後のルーマニアの現実のが克明に映し出されている映画化も知れません。

いごっそう612
社会派映画だったんだなあ・・

日本で平和ボケしている自分にはピンときませんが・・こういう国もあるということを勉強できる映画です。

この映画の評価、おすすめ度は?

映画としてはあんまりピンとは来なかった・・そもそも邦題から期待した映画とはかけ離れていましたしね。

こういう国の問題を取り上げた映画は『ザ・シェフ 悪魔のレシピ』などもあります。

【ザ·シェフ 悪魔のレシピ】危険!この映画に騙されるな|д゚)
// 看板メニューは人肉ケバブ!理髪店の店主がカミソリを手に客をミートパイにしてしまう「スウィーニー・トッド」の物語にインスパイアを受けて製...

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com:★★★☆☆(3.1)
Yahoo!JAPAN映画:★★★★(4.08)
Filmarks:★★★★☆(3.5)

海外の評価Rotten Tomatoes(ロッテン・トマト)
批評家97% 観客85% が肯定的な評価をしています。
2017年6月29日時点

なかなかの高評価(゚д゚)!

個人的な私のおすすめ度は?

いごっそう612
おすすめ度
  (3.4)です!

もうちょっと盛り上がりが欲しかったです。視点を変えて観たらいい映画かも?

邦題に騙されてはいけない映画です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
このクソ映画ブログをフォローする!
この記事をお届けした
クソ映画ブログ元ボクサーの一念発起を、いいねしてチェックしよう!

このクソ記事を拡散する

コメント

  1. Kamoko より:

    私は海外旅行は安宿とゲストハウス(バックパッカー)を使うのが好きですが、ヨーロッパ、特に東欧に行くなら、普通のホテルに泊まります・・・怖いなー(-_-;)
    東欧はすばらしく美しい国々があり、ぜひ行ってはみたいですが。

    • kamokoさんへ
      コメントありがとうございます。
      東欧ってけっこうヤバい感じなんですね・・(-_-;)
      海外はオーストラリアしか行ったことないけど、良いところでした。
      しかし、海外でゲストハウスとは・・流石っすね(^^♪

トップへ戻る