本日は、2017年の映画フィフティ・シェイズ・ダーカーネタバレ感想、続編情報を書いていきます。

映画「フィフティ・シェイズ・ダーカー」は、大企業の若きCEOと女子大生の特異な恋愛模様を官能的に綴ったE・L・ジェームズの小説を映画化し、世界的ヒットを記録した「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」の続編映画です!

いごっそう612
感想&ネタバレ行っちゃいましょう!

作品情報

フィフティ・シェイズ・ダーカー
原題: Fifty Shades Darker
洋画:ドラマ
製作年:2017年
製作国:アメリカ
日本公開:2017年6月23日
レンタル開始:2017年11月8日
上映時間:118分

あらすじ

恋愛初心者の女子大生だったアナスタシア(ダコタ・ジョンソン)は、大企業CEOのグレイ(ジェイミー・ドーナン)に恋するが、その倒錯した愛に応じることができずに彼の前から去っていく。その後、大学を卒業したアナは出版社で働き始め、グレイは別れた後に今まで誰にも抱いたことのないアナへの感情に気付くのだった。復縁を求める彼に、アナはある条件を提示する。

予告動画

感想とネタバレ

新年一発目の紹介映画がまさかの、この変態恋愛映画になるとは…💧

前作「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」この映画を観て衝撃を受けた人も多いのでは?

前作に引き続きダコタ・ジョンソンとジェイミー・ドーナンが出演し、再会した二人を新たに待ち受ける数々の衝撃の出来事を描いています。

 これより※ネタバレを含めた感想などを書いていますので、観賞予定の方はご注意ください

「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」をおさらい

超大金持ち男と交際することなったアナ、大金持ち男グレイがサインを求めたのは交際する女性が守るべきルールを記した秘密保持契約書…

書類にサインし、グレイと通じ合うことになる。しかし、グレイにはある秘密があった。

それは…

SMプレイを好むという事!?

求めに応じるアナだったんですけど、結局はクリスチャンの歪んだ愛情を受け止めきれず彼の元を去ってしまうのです。

「フィフティ・シェイズ・ダーカー」は、そんな前作からの続きが描かれています。

続編は完全な変態恋愛映画へ※ネタバレ

フィフティ・シェイズ・ダーカー

前作はまだ何とか、ミステリアスな恋愛映画という感じで面白かったんですけど…

今作「フィフティ・シェイズ・ダーカー」は完全な変態恋愛映画と化しました(笑)

もちろん前作からの続きで、復縁を懇願するグレイと拒否するアナという感じでスタートするんですよね。

「自分だけが満足するようなSMプレイは絶対しない」と必死に説得するわけですよ。

いごっそう612
グレイは我慢できるのか?

これマジで大丈夫?グレイの葛藤を描くのか?

と思いきや…

けっこうガンガンSMやっちゃいます(゚д゚)!

それも、アナがけっこう積極的なんすよね。

いごっそう612
結局好きなんだろ?

もうね、この映画そういうシーンが、めっちゃ多いんスよ!

今回アブノーマルプレイ多いし…

何かちょっと違う…と思いながらも観ちゃいますけど(^-^;

完全な変態恋愛映画路線を突き進んで行っちゃいました(笑)

 

まあでも、二人はこれで上手く行き、グレイからプロポーズあり、結婚しちゃいます。

これでハッピーエンドと行きたいのですが、流石に3部作!

続編に続く、問題が二つ…

ミセス ロビンソンは大反対

フィフティ・シェイズ・ダーカー ミセス ロビンソン

ミセス ロビンソンって誰だよ?

って方の為に書いておきます。

ミセス ロビンソンは、グレイのSMの師匠!!

本名はエレーナ・リンカーンと言います。

彼女が幼きグレイを虐待し、SMプレイを目覚めさせた張本人なんですね。

その師匠がアナとの結婚を大反対なんですね!

グレイには従属者が必要だと…

アナは彼女を嫌っていて、確執からエレーナはグレイに仕事を奪い取られ転落人生になっちゃいます。

今作では描かれませんが、これが続編にどう影響してくるのか?

セクハラ上司ジャックの復讐

フィフティ・シェイズ・ダーカー ジャック

そして、続編に大きく絡んできそうなのが‥

セクハラ上司ジャック!!

上司の立場を利用し、アナに肉体関係を執拗に求めてきたジャック…

今作ナンバーワンの不快キャラかも知れませんね。

もちろん今作「フィフティ・シェイズ・ダーカー」では、セクハラをを知ったグレイが激怒し、会社のCEOに報告し解雇となっています。

いごっそう612
金持ちの逆鱗に触れたら職を失う…

この映画のラストシーンでは、グレイの写真を焼き復讐に燃えるジャックの姿が映っています。

続編で大きく絡んできそうですね。

続編はフィフティ・シェイズ・フリード

続編は早くも公開日が決まっていて、2018年2月8日を予定しています。

題名は『フィフティ・シェイズ・フリード』(原題:Fifty Shades Freed)!!

フィフティ・シェイズ・フリード

『フィフティ・シェイズ』シリーズ3部作の最終作となる作品です。

いごっそう612
楽しみですね。

何故評判悪いのに稼げるのか!?

この映画けっこう評判は悪いんですよ(笑)

ロッテントマトでも批評家の評価10ですからね💧

でも、世界的には大ヒットしています。

興行収入には、大儲けしているのです。

製作費 $55,000,000に対して、興行収入 $380,981,543なんですよ!

いごっそう612
マジか(゚д゚)!

なんだかんだ言いながら、皆ちょっと気になっているんですかね。

かなりの変態映画ですけど、ソフトな変態映画なんで見やすいのかも?

人間の本質はエロですからね、実は観たい人が多いんですよ!

 

ちなみに僕は、前作嫁と観たんですけど、嫁に

鬼嫁
私に何を求めているんだ?変態が!

と罵倒されたので今作は一人で観ました。

いや、変態じゃないっすよマジで!

映画が好きなだけなんです!けっこう普通に楽しめる映画だから観てみて!

変態映画だけど…

この映画の評価、おすすめ度は?

まあ、普通に楽しめましたね。

でも、胸に刺さる恋愛って感じでは無いです。やっぱ異色映画です。

こういう系嫌いな人も多いかも知れませんね。

異色な変態映画は“お嬢さん”とかも注目ですね。

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com(3.1)

Yahoo!JAPAN映画(3.36)

Filmarks(3.4)
2018年1月3日時点

海外の評価

Rotten Tomatoes

批評家10% 観客49%

微妙な評価ですね💧

元ボクサーの一念発起の評価は?

いごっそう612

この映画のオススメ度

(3.5)です!

関連記事

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう