本日は、2018年のドラマオルタード・カーボンネタバレ感想を書いていきます。

「オルタード・カーボン」はNetflixオリジナルドラマで、「オルタード・カーボン」はリチャード・モーガンによるSF界の大文学賞フィリップ・K・ディック賞を受賞した同名小説を、連続ドラマ化したSFサスペンスです。

いごっそう612
感想&ネタバレ行っちゃいましょう!

ネタバレ禁には、目次をお使いください('ω')

作品情報

オルタード・カーボン
原題:Altered Carbon
洋画:SF・サスペンス
製作年:2018年
Netflix配信:2018年2月2日
オルタード・カーボン | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト

あらすじ

250年の眠りから覚め、新たな体でよみがえった犯罪者。だが自由と引き換えに突き付けられた条件は、絶対的権力を持つ大富豪殺害の謎を追うことだった。

予告動画

感想とネタバレ

2018年2月2日に配信になったばかりのNetflixオリジナルドラマ「オルタード・カーボン」を観てみました!

これはSFファンにはたまらない作品となりそうです。

原作は、フィリップ・K・ディック賞を受賞した『オルタード・カーボン』というリチャード・モーガンの小説です。

人気小説のドラマ化とあったら、これは間違いないですね。

その「オルタード・カーボン」は、300年後の未来が舞台となってます。

しかし、いきなり放り込まれるその設定に序盤は付いていけません

専門用語連発で意味がかなり分かんないスよ(-_-;)

いごっそう612
何これ…全然ついていけない

序盤は、分からない言葉が多いです。まあ、観ていくうちに理解してきます。

ちょっと説明すると「オルタード・カーボン」の世界では、人間は死なないんですよ!

意識をデータ化し、スタックという機械を身体に埋め込みその中にデータがあるのです。

もし死んでもデータを取り出して、スリーブと呼ばれる別の肉体にデータを移す!

オルタード・カーボン

そしたらまた同じ意識を持った人間(外見は別人)として生き続けるのです。

金によって不死が買える世界となっています。

メトと呼ばれる、スリーブを次々交換し数百年生き続ける超富裕層の人々もいれば、不死を良しとしない宗教みたいなものもあります。

ちょっと、死の概念、意識のデジタル化など人間と呼んでいいのか?など‥色々と悩むドラマですね。

オルタード・カーボン

主人公は、タケシ・コヴァッチという東洋系の人物、おっ!もしかして日本人?とテンション上がるも、速攻死んで新しいスリーブになるので、容姿はやっぱ外国人💧

エンヴォイという伝説的戦闘部隊の一員です。タケシ・コヴァッチが死んで250年後にいきなりなるので、そんな組織も無くなっているんですが…

いごっそう612
250年経っても全然世界変わってね~!

ちょっとツッコミどころ多いです。

蘇ったのは、富豪のローレンス・バンクロフトが『自分を殺した犯人を捜す』為に、タケシ・コヴァッチに依頼するためです。

いごっそう612
死の概念が違うので、わけわかんなくなっちゃいそうです。

まあ、そんなこんなで犯人を捜す探偵物という感じではあります。

アクションシーン満載なSFなので、雰囲気は『ブレードランナー』みたいな感じです。

映像など物凄いですが、ちょっと展開が遅いかな?

好きな人は好きだけど、展開の遅さで飽きちゃう人もいるかも?

 

元ボクサーの一念発起の評価は?

いごっそう612

この映画のオススメ度

(3.4)です!

自分は、このドラマ‥そんなにハマりませんでしたね。

何より主人公が、何か好きになれなかったです💧

富豪のローレンス・バンクロフトとか、AIとか良いキャラもいるんですけどね~。

主人公に魅力がイマイチ無かった気がしますね。

Netflixオリジナルドラマは、『ストレンジャー・シングス』が面白かったです。

いごっそう612
【オルタード・カーボン】は普通かな?
関連記事

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう