こどもつかいの画像

本日は、2017年の映画こどもつかいネタバレ感想を含めて紹介していきます。

「こどもつかい」は「日本ホラーの重鎮」の清水崇監督がメガホンを取り、17年ぶりの映画出演となる滝沢秀明が映画初主演を務めたジャパニーズホラー映画です。

いごっそう612
感想&ネタバレ行っちゃいましょう!

作品情報

こどもつかい

こどもつかいの画像


原題:こどもつかい
邦画:ホラー
製作年:2017年
製作国:日本
日本公開:2017年6月17日
上映時間:111分
こどもつかい – Wikipedia

あらすじ

郊外の街で子供たちが姿を消し、さらに帰ってきた子供に遭遇した大人は、3日後に謎の死を遂げるという事件が発生。新聞記者の江崎駿也(有岡大貴)は事件について調査し始める。一方、彼の恋人で保育所勤務の原田尚美(門脇麦)は、ある日母親が迎えに来なかった男の子を預かるが、そこへこどもつかい(滝沢秀明)が近づき……。

予告動画

感想とネタバレ

いや~何というか‥

全然怖く無かったですね💧

ちょっとギャグかよ(゚д゚)!って映画に感じてしまいました…

 これより※ネタバレを含めた感想などを書いていますので、観賞予定の方はご注意ください

トミーの歌

この映画で唯一良かったのは恐怖の歌ですね。

トミーの歌はこんな感じ

ぼぉあんがー ぼぉあんがー

すてぷらい すてぷらい

かんくろーさん かんくろーさん

おいない おいない

かみのごおさあかす おいないよ

あめじん、とみーのしょうたいは

いごっそう612
怖いです。

 

この歌だけは良かったですね。

ちょっと不気味で謎を残し良い感じでした。

子どもを大事にしない親を殺すトミー※ネタバレ

こどもつかい

こどもつかいの画像

 

子ども大事にしない親を殺すトミー…

そんなお化けの正体は?

上之郷サーカスのトミーという腹話術師が使っていた人形

トミーは子供をさらい人形にして遊ぶ変態やろう…

ある日村人がそれに気が付き、サーカスへ攻めてくる

サーカスに火をつけ、逃げようするトミーに、腹話術で使っていた人形が襲い掛かる。

パパ止めて!

と言いながらトミーを殺す人形…

そして、今もトミーの人形は子ども大事にしない親を殺していた。

というのが映画の真相です。

何とも、言えない映画です。作りが所々雑な感じがします。

タッキーが演じるこどもつかいも何かギャグっぽい…💧

全然シリアスな感じが無いんですよね‥狙ってたのか?

そして、この映画!

児童虐待をテーマにしたのは良いんですけどね…

テーマは良いけど、ストーリーは悪いけどイマイチとしか言いようが無い…

この映画の評価、おすすめ度は?

日本のホラー映画は終わりかけていますね…

いや終わったのか?

最近怖いのが全く無い‥

日本ホラーは今後、白石晃士監督に期待したい!

唯一期待しています。

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com(2.6)

Yahoo!JAPAN映画(3.05)

Filmarks(2.6)
2018年2月28日時点

ふっ‥まあそんなもんだろう‥

元ボクサーの一念発起の評価は?

いごっそう612

この映画のオススメ度

(2.5)です!

関連記事

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう