怪物はささやく

いや~めっちゃ良い映画でした!

こういう映画観た後は…余韻が物凄いんですよね~。

本当に、皆にオススメしたくなる良い映画でした。

という訳で!

本日は、2016年の映画怪物はささやくネタバレ感想を含めて紹介していきます。

「怪物はささやく」はイギリスの作家パトリック・ネスによる世界的ベストセラーを、「永遠のこどもたち」のJ・A・バヨナ監督が実写映画化したダークファンタジー映画です。

いごっそう612
感想&ネタバレ行っちゃいましょう!

作品情報

怪物はささやく

怪物はささやく


原題:A MONSTER CALLS
洋画:ヒューマン・ファンタジー
製作年:2016年
製作国:アメリカ/スペイン
日本公開:2017年6月9日
レンタル開始:2018年1月13日
上映時間:109分

あらすじ

母親が重病に侵されている13歳の少年コナー(ルイス・マクドゥーガル)は、毎晩悪夢にうなされていた。ある夜、彼の前に樹木の姿をした怪物が現われ「わたしが三つの真実の物語を語り終えたら、四つ目の物語はお前が話せ」と告げ、さらにコナーが隠す真実を語れと言う。コナーは断るが、それを境に夜な夜な怪物が現れるようになり……。

予告動画

感想とネタバレ

病に侵された母親と暮らす孤独な少年と、彼に「真実を語れ」と迫る怪物の奇妙な交流を描き、スペイン版アカデミー賞ともいわれるゴヤ賞で9部門を受賞し席巻した作品!

ゴヤ賞ってなんだよ?って感じなんですけど、この映画を観たら侮れない!

いごっそう612
これからは注目せねばならんなあ~。

原作はイギリスの作家パトリック・ネスによる世界的ベストセラー

ベストセラーも納得の作品です。

 これより※ネタバレを含めた感想などを書いていますので、観賞予定の方はご注意ください

怪物がささやく 3つの物語※ネタバレ

怪物はささやく

怪物はささやく

 

始めに観てたら、わけわかんねーってなっちゃいましたけど!

だんだんと理解してくる映画です。

 

主人公は13歳の少年コナー、最愛のママはガンで余命わずか、パパは外国で新しい家庭を築いている、祖母とはウマが合わず、仲は良くない。学校ではイジメられている。

怪物はささやく

怪物はささやく

そんなコナーの心に宿った闇は、12時7分になると現れる巨木の怪物を生み出しているのです。

 

その怪物が3つの物語を話すのですが、その話がめっちゃ深いんです!

3つの物語
「黒の王妃と若き王子」の物語
「薬師の秘薬」の物語
「透明人間の男」の物語

の3つなんですけど、その全てが人生において勉強になる様な物語…

人生の哲学とも言える話です。

映画の都合で、3つ目は若干端折っているのが非常に惜しい感じがします💧

いごっそう612
この物語を聞くだけでも、この映画は観る価値があるように思います。

 

そしてその3つの物語が終わった後に‥コナーが語る4つめの物語

物語の全容が観えてくると同時に、心にめっちゃ響いてきます!

ママの快復を願いながらも、善悪で割り切れない現実に触れ葛藤する…少年の真実…

いごっそう612
思わず涙ぐんでしまうこと間違いなしです。

ラストシーンは母の愛?※ラストネタバレ

怪物はささやく

怪物はささやく

 

ラストシーンは、原作に無いそうです。

母から息子への愛情に包まれた意外な真実がわかるシーンです。

個人的には、母と怪物が目が合い息子の腕の中で死んでいくシーンでエンドが良かったのですが、母の書いた水墨画のイラストを発見するシーンも余韻があっていいなあっと、好き嫌いは分かれそうです。

しかし、子を思う母の思いの強さは凄いですね。

母の愛が怪物を生み出したのでしょう。

色々な思いを巡らせる映画でした。

この映画の評価、おすすめ度は?

J・A・バヨナ監督とは相性が良いみたいで、彼の作品「永遠のこどもたち」も好きな映画です。

もちろんこの映画も最高でした!

そして、もうすぐ公開の「ジュラシック・ワールド/炎の王国」も楽しみです!

この監督のブームが来るかも?

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com(3.5)

Yahoo!JAPAN映画(3.61)

Filmarks(3.8)
2018年5月18日時点

海外の評価はこんな感じ

海外参考Rotten Tomatoes

批評家(3.8) 

観客(3.9)
(Rotten Tomatoesでは批評家10段階評価なので5段階評価に修正しています)

海外参考IMDb

(3.75)
(IMDbでは10段階評価なので5段階評価に修正しています)

あらら、評価高い方だけどもっと高いと思っていた…

元ボクサーの一念発起の評価!

いごっそう612

この映画のオススメ度

(4.2)です!

この映画は、観る人によって大きく評価が変わるようですね。

切ない物語ですが、僕は凄く良い映画だったと思います。

終盤に繋がってくるところなどを考えれば、秀逸な作品だったと思います。

子を持つ母には是非観て欲しい映画ですね!

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう