ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄

どんだけ押してくるんだよ!Netflix!!

何故か再々、Netflixが“あなたにオススメ”で押してくるのでついに観てしまいました(笑)

という事で!

本日は、2015年の映画ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄ネタバレ感想を含めて紹介していきます。

「ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄」は、リ・エデル監督が、ニコラス・ケイジを主演に、ティム・レボンによる同名短編小説を映画化したホラー映画で、ハロウィンの夜に謎の言葉を残して失踪した息子を捜すため、悪霊に立ち向かう父親の奔走を描いた作品です。

いごっそう612
感想&ネタバレ行っちゃいましょう!

作品情報

ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄

ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄

原題: Pay the Ghost
洋画:ホラー
制作国:カナダ
製作年:2015年
日本公開:2016年10月22日
レンタル開始:2017年03月02日
上映時間:94分
ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄 | Netflix (ネットフリックス)

あらすじ

大学で教えているマイク(ニコラス・ケイジ)は、7歳の息子にせがまれハロウィンの祭り見物に出掛けるが、息子は「霊(ゴースト)に償ってくれる?」と不思議な言葉を残しこつぜんと姿を消す。必死に息子を捜し続けるマイクは、毎年ハロウィンに子供たちが行方不明になり、誰も見つかっていないという事実を突き止める。翌年のハロウィンが迫る中、マイクの周辺で奇怪な現象が起き始め……。

予告動画

感想とネタバレ

Netflixからの押しに負けて観てしまったんですが…

B級映画ですね💧

いごっそう612
全然オススメじゃねーじゃねーか!
 これより※ネタバレを含めた感想などを書いていますので、観賞予定の方はご注意ください

主演はニコラス・ケイジ

ニコラス・ケイジ

ニコラス・ケイジ

この映画の主演はニコラス・ケイジです。

ニコラス・ケイジと言えば、誰もが知っている様な俳優です。

参考
ニコラス・ケイジ

ニコラス・ケイジ

昔はね、本当良い映画でてたんですよ。

演技上手いなあ~と何度思った事か…

しかし、最近の彼の映画は…

B級映画が多いんですね‥

 

良い俳優さんだったのですが、かなりの浪費家の様で財政難に陥り色々な映画に出ている様です(^^;)

こうなったらメジャー映画に出るのは難しくなってきますね。

ある意味終わりかも?

 

そんな彼が出演した本作は、もちろんB級映画の仲間入りです。

ハロウィンの夜に、謎の言葉を残して消えた息子を捜して悪霊に立ち向かう父親!

という映画です。

ラストがイマイチ※ネタバレ

ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄

ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄

B級映画なんですけど、映像とかはそれなりに悪いです。

ホラー好きを楽しませるような良い要素はあります。

ただ…

ラストがイマイチなんですよ💧

いごっそう612
ええええええ~!

と突っ込んでしまいそうな展開…

ハッピーエンドのラストも…

いごっそう612
これで良かったのだろうか…

とついつい悩んでしまいます。

もうちょっとしっかり作りこんで欲しい‥と思ってしまうラストでした。

この映画の評価、おすすめ度は?

Netflixは僕に異常にオススメしてきたんですけど、僕はあまりオススメしません💧

この映画の評価を調べて行きましょう。

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com(2.6)

Yahoo!JAPAN映画(3.18)

Filmarks(2.9)
2018年6月21日時点

海外の評価はこんな感じ

海外参考Rotten Tomatoes

批評家(1.8) 

観客(2.6)
(Rotten Tomatoesでは批評家10段階評価なので5段階評価に修正しています)

海外参考IMDb

(2.6)
(IMDbでは10段階評価なので5段階評価に修正しています)

やはり…低評価(^^;)

元ボクサーの一念発起の評価!

いごっそう612
この映画のオススメ度

(2.8)です!

こういう映画に出ちゃうと、ニコラスの暑苦しい演技が余計にダメに見えますね。

でもね、ニコラス・ケイジは実力ある俳優さんです。

『グランド・ジョー』の演技は良かった。

脇役で出たら良いのかも知れませんね、いっぱい映画出てるし飽きたのもありますよね。

主演はもう終わりかも?

調べたら3.4年で引退して監督業を考えているらしいです。

いごっそう612
監督業できるんかなあ‥?
ニコラス・ケイジの俳優業は、終わりが近づいて来てるのかも知れません。
こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう