本日は、「紅き大魚の伝説」ネタバレ感想含めての紹介です。

 

映画『紅き大魚の伝説』は、2016年に「大魚・海棠」という原題で制作された中国作品で、人間界と異なる世界で生きる少女が、人間界で出会った青年に救われたことをきっかけに、人生そのものが大きく変わる様を描いたアニメ映画です。

 

中国アニメ界の本気の作品と言われた、本作‥Netflixで独占配信となっています。

これは観たい!

 

という事で

いごっそう612

感想とネタバレ行っちゃいましょう!

紅き大魚の伝説:作品情報

紅き大魚の伝説

原題:大魚・海棠
邦画:アニメ
製作年:2018年
製作国:中国
Netflix配信:2018年8月17日
上映時間:105分
紅き大魚の伝説 | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト

紅き大魚の伝説:あらすじ

不思議な別世界に住む少女は赤いイルカに姿を変え、人間界をさまよう。そこでの男の子との出会いが、運命を決する旅路に少女を駆り立てる。

紅き大魚の伝説:予告動画

紅き大魚の伝説の感想とネタバレ

今、中国アニメ界が熱いという噂を聞いたことがありませんか?

パクリ大国と言われた中国ですが、今!中国アニメ市場は急速に発展しているというのです。

でも、中国ですよ…

いごっそう612
全然期待できない💧

 

そう思っていました。

そんな折に、Netflixオリジナルで「紅き大魚の伝説」という中国アニメを配信している‥という話を聞いたのです。

調べてみると‥

「紅き大魚の伝説」は、中国アニメ映画記録を塗り替えた“中国アニメ界の本気”と言われた作品でした。

いごっそう612
これは期待できるかも!

 

 これより※ネタバレを含めた感想などを書いていますので、観賞予定の方はご注意ください

「千と千尋の神隠し」の世界観!※ネタバレ

紅き大魚の伝説

驚くべきことに、中国生産の中国アニメは、良質なアニメでした。

すっげえ質の悪いアニメーションかな?と思っていただけに、衝撃でしたね。

雰囲気は、日本の伝説アニメ「千と千尋の神隠し」みたいな感じです。

紅き大魚の伝説

不思議な世界に住む少女は、赤いイルカとなり人間界に行きます。

そこで人間の少年に助けられるのです。

少年は死んでしまいます。

 

少女は、少年を蘇らそうとします。

少年は赤いイルカとなり、少女は赤いイルカを育て人間界に返します。

そうする事で、少年は蘇る事ができるというのです。

しかし…その結果‥

自分自身と、自分自身の世界を犠牲にすることになるのです。

いごっそう612
ちょっと不思議な世界観です。

 

主人公が住む世界の説明などは無いので、ちょっと意味不明なところもありますが‥

十分面白いです。

雰囲気はホンマ、「千と千尋の神隠し」みたいな感じですね。

出てくる人物が、不思議な力を使います。

多分、神様的な存在なんじゃないだろうか?

 

意味不明なところも、中国の方には昔からある神々の話で、普通なのかもしれない。

日本人が観るから?になっちゃうのかも?

いごっそう612
中国の方に、聞いてみたいですね。

 

しかし、中国アニメ侮れない出来栄えでしたね。

もっと雑な感じのアニメーションかと思っていましたけど、驚きました。

この間紹介した中国アニメ「詩季織々」みたいに、日本の会社が製作してるなら分かりますけど、これは凄い。

これからも、中国アニメから目が離せませんね!

映画「紅き大魚の伝説」の評価は?

なかなか面白かったですけど、この映画の評判はどうなっているのでしょう?

ちょっと調べてみました。

各映画サイトの評価はこんな感じ

Filmarks(3.7)
2018年8月28日時点

海外の評価はこんな感じ

Rotten Tomatoes

批評家(3.6) 

観客(3.9)
(Rotten Tomatoesでは批評家10段階評価なので5段階評価に修正しています)

IMDb(3.6)
(IMDbでは10段階評価なので5段階評価に修正しています)

おおっ!まあまあ良いんじゃないですか?

元ボクサーの一念発起の評価!

いごっそう612

この映画の評価は

(3.5)です。

 

僕の評価はこんな感じ、まあまあ面白かったって感じです。

良い映画なんですけどね、少年の為に何人犠牲にするんだ~っと

ツッコミどころがあったので、感動までは行かなかったですね。惜しい!

 

「紅き大魚の伝説」は、現在Netflixオリジナル映画として配信されています。

参考Netflixオリジナル映画

観るにはNetflixに加入するしかないですよ(笑)

 

いごっそう612

ぜひ、お暇があれば観て下さい。

映画『紅き大魚の伝説』の紹介でした。

関連記事

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう