ネタバレ禁には、目次をお使いください('ω')

死霊館のシスターは実話だった?

死霊館のシスターで検索すると、“実話”と出てきます。

それもそのはず、死霊館シリーズは実際に起った事を映画化している作品なのです。

超常現象研究家の、エド&ロレイン・ウォーレン夫妻が、遭遇した事を題材にしている映画シリーズ…

「アナベル人形も」も「エンフィールド事件」も実際にあった怪奇現象なのです。

いごっそう612
となると…この映画も‥

 

と思い調べてみましたが…この映画は

実話ではありませんでした。

いごっそう612
ですよね~💧

 

しかし‥もう一つ恐怖の実話があるのです。

撮影中、ハーディ監督が心霊現象に遭遇するという恐るべき事態が…

撮影現場で起こった怪奇現象

ハーディ監督が、撮影現場で遭遇した怪奇現象…

監督は、リハーサル中にモニターチェックのため、地下室のような場所に降りたそうです。

その時、音声担当のモニター側から呼ばれた気がしたそうです。

そっちを見ると、2人の男性がいたそうです。

その後、モニターでリハーサルをチェックし『今のショット見た?』っとその2人に話しかけたら…

何と…

そこには誰もいなかったのです。

いごっそう612
幽霊か…

監督は、その話を冗談みたいに話し、心霊体験を笑いに変えていたそうです。

 

実は死霊館シリーズは、撮影現場で怪奇現象が起きることが多いです。

「アナベル 死霊館の人形」、「死霊館」でも怪奇現象が起こっています。

参考ホラーは現場で起きていた。恐怖映画撮影中に起きた14の怪奇現象・恐ろしい出来事

 

いごっそう612
宣伝の為なのか‥それとも本当に怪奇現象が起こっているのか?

 

名作「ポルターガイスト」を思い出します。

何かとんでもない事態にならなければ良いのですが…

 

『死霊館のシスター』は2018年9月21日に公開。

もしかして、劇場でとんでもない事態が起こるのかも?

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう