Forbes

ネタバレ禁には、目次をお使いください('ω')

いよいよ、2018年11月2日に「ヴェノム」が公開になります。

ヴェノム

(C)&TM 2018 MARVEL

 

もちろんマーベル・コミックに出るのキャラクターですが、アベンジャーズ・シリーズに出るヒーロー達とはちょっと違います。

名前となる、ヴェノム (venom)の意味も、英語で毒・毒素・恨みですから、ちょっとヒーローキャラとは程遠いですね。

どちらかと言えば、ヴィランと言うのが正しいです。

 

本日は、そんなヴェノムと映画で戦う事になる敵となるキャラクター(ヴィラン)を調べてみました。

ライオット

今回の敵はライオット(Riot)です。

ライオット(Riot)

Comic Book

 

映画は、ジャーナリストであるエディ・ブロック(ハーディ)が、意思を持った地球外生命体(シンビオート)に寄生され、心の【悪】が解き放たれることによってヴェノムとして覚醒していくというストーリーです。

 

すべての元凶となる「シンビオート」と呼ばれる地球外生命体…

凶暴化してしまうが、取り憑かれた人間は超人的な腕力や敏捷性を得るという「シンビオート」を、ライフ財団が宇宙から5つ持ち帰り、1つは脱走、もう一つは施設に侵入したエディに寄生となるのですが、脱走した「シンビオート」が、カールトン・ドレイク博士(リズ・アーメッド)に寄生し、今回の敵ライオット(Riot)となってしまうのです。

映画では、ライオットは隊長と言う位で、ヴェノムより圧倒的に強い力を持っているという設定でした。

外観もちょっと違ってましたね。

 

どうやら、すでに3部作が決まっているこのシリーズは、同族との戦いになるようです。

映画「ヴェノム」の敵ライオット

Forbes

 

いごっそう612
何となく日本コミックの寄生獣を思い出します。

SonyPicturesJapanから配信されている映画『ヴェノム』予告2では、二人の戦いの様子も収められています。

スパイダーマン、カーネイジの登場は続編?

今回の映画の敵は、スパイダーマン、カーネイジという噂もありました。

前述に書いた通り、今回の敵はライオットですが、スパイダーマンやカーネイジも今後出てきそうです。

 

もしかして‥MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)?

と期待されるかも知れませんが…

 

本シリーズは、SONYが独自に行っている『ソニー・マーベル・ユニバース』の一環です。

ソニー・マーベル・ユニバースとは?
2017年3月から始まったソニーが映画の権利を所有するマーベルのキャラクターでの世界観を共有した物語。

いごっそう612
MOCとは直接関係なくスピンオフ扱い‥

 

MCUとのクロスオーバーの予定は現在のところなし!

スパイダーマンとの共演も今のところなしですが‥

ソニーが権利を持っているだけあって、、『スパイダーマン:ホームカミング』と世界観を共有しています。

3部作の最終章は二人の競演はある!と期待したいところです。

 

続編では、ウディ・ハレルソンカーネイジを演じると噂されています。

映画のエンドロールでそれを示唆する映像が流れる様です。

いごっそう612
続編での敵は、ウディ・ハレルソンが演じるカーネイジになりそうですね。
こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう