ネタバレ禁には、目次をお使いください('ω')

本日11月8日、ボクシングの元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(41=米国)が、大晦日の格闘技イベント「RIZIN.14」で予定していたキックボクシングの那須川天心(20=TARGET)との試合を中止にすると発表しました。

いごっそう612
やっぱりね‥

 

試合決定発表から数日でまさかのキャンセル…

格闘技ファンはガッカリでしょう。

何故試合中止になったのか?

まず、試合決定でも書いたように‥

キックルールでメイウェザーが戦うとは思っていませんでした。

でも、ボクシングルールならやるかも?と思ってました。

 

でも結果はキャンセル…

理由としては

 エキシビジョンと思っていた。

という事が第1の理由の様で、公式戦という事や世界中でTV放映されると思っていなかった様です。

 

メイウェザーのファイトマネーは公式には発表されていませんが…

100億とも200億とも言われる彼の正式なファイトマネーをRIZIN側が用意できるわけもなく。

せいぜい10億円ほどでしょう。

 

よくよく考えたら、10億のファイトマネーで公式の試合するわけが無いですよね。

彼にとってはたった10億になりますから…

メイウェザーの“ エキシビジョンと思っていた。”発言は真実でしょう。

 

RIZIN側とのルール交渉で、できるだけ天心有利にしようと頑張ったRAIZIN側の交渉で‥

おいおい冗談じゃないぞ!

となったんでしょうね。

 

ボクシングルールなら絶対買えるから大丈夫なのでは?

と思われるかもしれませんが…

 

確かに、ボクシングルールならメイウェザーの勝ちは揺るがないでしょう。

しかし、一度でも安い金額で公式戦をしてしまえば…

一試合100億を超えるファイトマネーの値段水準が、大幅に下がる可能性があります。

 

RIZIN側が100億円出すから、ボクシングルールで那須川天心と試合してくれ!というのなら分かりますが…

そんな金額出せるわけが無いし、海外でのTV放映権も五分五分…

そんなバーゲンセールで、メイウェザーが引き受けるわけがありません…💦

 

何が何でもハイリスク・ローリターン過ぎでしょう。

試合中止はなるべくしてなった結果でしょうね。

那須川天心は得をした。

この結果で…メイウェザーは海外から、けっこう叩かれてますね(笑)

しかし、那須川天心だけは得をしました。

 

何故なら…

メイウェザーと戦うと世界に発表したお陰で、海外メディアから取り上げられたのです。

中には特集を組んだメディアもあったそうです。

いごっそう612
これで那須川天心の知名度上がったなあ~。

 

これはRIZIN側の作戦だったのか?

だとしたら、メイウェザーは担がれたものです。

結局、少額で数億円規模の宣伝ができたんですからね~。

海外にも、那須川天心の名前は売れた事でしょう。

 

今回試合が流れたには残念ですが…

いごっそう612
いつか、本当にBIGネームとなった天心とメイウェザー‥夢の対決と行きたいですね。
こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう