映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』オフィシャルサイト

本日ご紹介する映画は
「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」です。

 

この作品は、空前絶後の大ヒットシリーズ「ハリー・ポッター」シリーズの前日譚物語であり、J・K・ローリングが自ら脚本を担当し、魔法動物学者ニュート・スキャマンダーの冒険を描いた「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の続編映画、シリーズ第2弾、通称“ファンタビ2”です。

 

前作のラストで捕まえた、ヤバすぎる黒い魔法使いグリンデルバルド(ジョニー・デップ)が逃亡してしまいます。

彼の狙いは、クリーデンスを見つけ、その力を使い今の魔法世界を壊し、新たな魔法世界をつくること!

魔法省は色々な魔法使いを。グリンデルバルド逮捕に参加させます。

 

最初は嫌がっていたニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)ですが、恩師のダンブルドア(ジュード・ロウ)の説得もあって魔法動物たちと共に、クリーデンスを追ってパリへと向かうのです。

 

 

こんな面白そうな物語!観たくならないわけが無い!というわけで早速!

いごっそう612
公開初日に、観賞してまいりました!

作品情報

原題Fantastic Beasts: The Crimes of Grindelwald
洋画ファンタジー・アクション
製作年2018年
製作国アメリカ
上映時間134分
日本公開日2018年11月23日
レンタル開始日未定
監督デビッド・イェーツ
脚本J・K・ローリング
キャストエディ・レッドメイン
キャサリン・ウォーターストン
ダン・フォグラー
アリソン・スドル
ジュード・ロウ
ジョニー・デップ
エズラ・ミラー

おすすめ度

(3.6)

あらすじ

ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)は、学者として魔法動物を守るため、不思議な空間が広がるトランクを手に世界中を旅している。ある日、捕まっていた“黒い魔法使い”グリンデルバルド(ジョニー・デップ)が逃亡する。ニュートは、人間界を転覆させようと画策するグリンデルバルドを追い、魔法動物たちと一緒にパリの魔法界へ向かう。(シネマトゥデイ)

感想

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 キャスト

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』オフィシャルサイト

 

面白かったと言えば、面白かったんですけど、もう一歩欲しかったというのが正直な感想です。

この映画もちろん、まだまだ続編があるのですが、この映画はその途中ってのを前面に押し出した感じですね。

戦いの始まりと言った感じです。

 

新しい魔法動物等も出てきて楽しめる要素は満載です。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 魔法動物

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』オフィシャルサイト

 

ただ終盤盛り上がりに欠けましたね。

ラストのジョニー・デップ演じるグリンデルバルトとの戦いが、一番盛り上がるところです。

でも、やっぱもう一歩欲しかった。

どちらかと言えば、アクションでは無くミステリー映画、クリーデンス・べアボーンの正体を巡る物語と言った感じのストーリーになっています。

ハリーポッター・シリーズの様な家族で楽しめる映画ではなく、大人向けな映画な印象を受けました。

 

ただ、続編はめっちゃ楽しみ!

次回エズラ・ミラーがどう魔法界を壊して行くんだろうと楽しみで仕方ないです!

ネタバレ・クリーデンス・べアボーンの正体

ここからは、映画ラストのネタバレです。

 

リタの弟と思われたクリーデンスですが‥その正体は意外な人物でした。

リタは、レストレンジ家に産まれます。そして異母兄弟の弟が産まれます。

父親は弟を可愛がっています。

 

ある日船で、リタと弟(赤ん坊)と召使の3人で船に乗ります。

リタは、弟の泣き声を聞きたくないと思い。

他所の家の赤ん坊と交換します。

 

その後、船は沈没してしまい。

ボートで脱出したリタ達3人、取り変えられた弟が乗ったボートは沈んでしまいます。

リタの元にいる赤ん坊は他人の子供です。

 

実はその時の赤ん坊は…

クリーデンス・べアボーンです。

 

リタが取り変えた赤ん坊の家族は‥ダンブルドア家

クリーデンス・べアボーンの正体は、ダンブルドアの弟

アウレリウス・ダンブルドアだったのです。

View this post on Instagram

 

クリーデンス・ベアボーン #ファンタビ

『ファンタスティック・ビースト』さん(@fantasticbeastsjp)がシェアした投稿 –

グリンデルバルド側についてしまったアウレリウス・ダンブルドア…

ラストシーンで、オブスキュラスの力を使い岸壁を破壊するシーンがあります。

その力は‥想像を絶するパワーでした。

 

ニフラーが、ダンブルドアとグリンデルバルドの「二人は絶対戦わない」という血の誓いを盗み出し、二人の対決も期待される続編!

その続編にアウレリウス・ダンブルドアも絡んでくる事は間違いないです。

いごっそう612
続編が待ち遠しい!

エンドロールはおまけなし

最後にエンドロールのおまけを期待する方も多いと思うんですけど、エンドロールはおまけなしです。

長ーいエンドクレジットが流れるだけです。

しかし、ほぼ満員でしたが‥席を立つ人はほぼいませんでした。

いごっそう612
おまけを期待していたのかな?

 

シリーズ第2弾「ファンタビ2」は、大盛り上がりの決戦への序章という感じでした。

まあまあ、って感じでめっちゃ面白いとは言い難いですけど、シリーズをこれから観て良くなら押さえておきたい作品です。

お暇があれば、映画館でご鑑賞ください。

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう