本日ご紹介する映画は、実話を描いた
12年の長い夜です。

 

「12年の長い夜」は、2018年12月28日にNetflixで配信となったスペイン映画です。

スペイン映画って…微妙と思われるでしょうが、同日に配信となったスペイン映画『天使が眠りにつくとき』がけっこう良い作品だったんですよ!

いごっそう612
この作品も、もしかしていい作品なのかも知れない…

 

という訳で観賞して観たんですが、やっぱ良い映画でした。

ただ!批評家が好きそうな作品で、僕みたいな一般ピープル映画ブロガーにはちょっと‥面白みは無い作品でしたね。

 

「12年の長い夜」の題名の通り、12年の長い歳月、捕まって監禁されていた3人の姿を、捕まった時から解放されるまで描いているのですが…

とにかく長い!

観てて辛い監禁生活を、特に盛り上がる山場も無く‥延々観続けねばならないのです💧

 

序盤は、その悲惨な監禁生活を興味深く観てましたが、同じ様な展開の為、後半はちょっと飽きてきてしまいました。

良い映画とは思うのですが、ちょっと退屈な映画ですね。

Netflixでは、吹き替えは無く、字幕のみで配信となっています。

いごっそう612

この映画に5段階で点数を付けると

(3.3)です。

12年の長い夜は実話映画

何だこの映画…と思って観ていたんですけど、調べたら『12年の長い夜』は実話を描いた映画でした。

12年もの長い歳月監禁された物語が実話なのです。

軍事政権下にあったウルグアイで、極左都市ゲリラ組織ツパマロスに所属していた、のちのウルグアイ大統領ホセ・ムヒカと2名の政治犯が、軍事政権側の人質として、1973年から1985年までの12年間地獄の監禁生活を過ごした事実を描いています。

いごっそう612
こんな凄い監禁生活が実話だったとは…

 

トイレも行けず、食事も水も僅か‥

普通の監禁生活じゃ無いんですよ…まさに地獄…

良く生きていたなあ‥と思ってしまいます。

12年の長い夜

長い監禁生活の間に外で、どうしても目隠しを取って景色を見せてくれと懇願するシーンがあります。

そのシーンが上部の画像なのですが、外の景色を見るだけで‥3人はめっちゃ感動なんですよ。

そんな事で喜べるほど、地獄の監禁生活なんです。

 

こんな監禁生活を過ごしたホセ・ムヒカは、後にウルグアイの大統領となります。

そして、大統領としての報酬の大部分を財団に寄付し、月1000ドル強で生活しているそうです。その質素な暮らしから「世界で最も貧しい大統領」と呼ばれていました。

いごっそう612
ちなみに彼の愛称はエル・ペペです。映画ではペペと呼ばれてましたね。

 

日本では馴染みのない実話ではあるのですが、勉強の意味で観ても良いかもですね。

 

この映画を観て、色々調べて‥

いごっそう612
なるほどなあ~。

と勉強になりましたね。

12年の長い夜:作品情報

原題La noche de 12 años
洋画実話ドラマ
製作年2018年
製作国スペイン
ウルグアイ
Netflix配信日2018年12月28日
上映時間122分
監督アルヴァロブレヒナー
脚本アルヴァロブレヒナー
キャストアントニオ・デ・ラ・トレ
チノ・ダリン
アルフォンソ・トール
おすすめ度

(3.3)

あらすじ

軍事政権の人質として収監された3人の政治囚。その中には、のちにウルグアイ大統領となるホセ・ムヒカの姿もあった。彼らが生き抜いた壮絶な12年を描き出す。

予告編(トレイラー)

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう