ビジランテ

映画には相性があると思います。

この監督の作品はいつも面白い、この監督の作品は評判良いけど‥なーんか俺面白く無い。

 

入江悠監督の作品が自分にとってまさにソレ!

という訳で

本日ご紹介する映画は、入江悠監督の作品
ビジランテです。

 

『SR サイタマノラッパー』シリーズや『22年目の告白 -私が殺人犯です-』などで有名な入江悠監督が、なんと自身のオリジナル脚本で制作したというのがこの映画「ビジランテ」です。

高校生の時に行方をくらませた長男、町の市議会議員の次男、デリヘル業を営む三男が父親の死をきっかけに再会し、父の遺産を巡ってとんでもない事態に陥って行く姿を描いた問題作となっています。

 

3兄弟を演じるのは、長男大森南朋、次男鈴木浩介、三男桐谷健太!

いごっそう612
3人とも全然似てねーだろ!

 

そして、篠田麻里子が次男の妻役で出演しています!

 

ちなみに、題名となる『ビジランテ』の意味は、英語でvigilante『自警団』を意味するそうです。

ただ、『自警団』って映画では無かった様な気がします💧

一番の目玉は篠田麻里子の濡れ場

映画は、個人的には全然面白く無かったです。

とにかく救いが無いめっちゃ黒いストーリー

何となく監督が描きたいことも理解できるのですが、現実離れしている気がして全然楽しめなかった。

いごっそう612

この映画に5段階で点数を付けると

(3.0)って感じです。

 

しかし、個人的に驚いた要素があったので、その事を書いておきましょう。

それは…篠田麻里子の女優としての成長!そして濡れ場!

篠田麻里子 ビジランテ

初めは、あれ‥どっかで見たような?ちょっと綺麗な人やなぁ。くらいの感じで全然気が付いて無かったんですけど‥

ん‥んん?

もしかして麻里子さま!?

 

いやいやいや、驚きましたよ~。

そしてまさかの麻里子さまの濡れ場!

ビジランテ 篠田麻里子 濡れ場

車の中でカーセックス!あの篠田麻里子がこんな濡れ場もこなすようになるとは!?

この映画の見どころの一つですね。

 

演技も、『リアル鬼ごっこ』や『テラフォーマーズ』の時のクソ演技ではない!

 

ごくごく自然な感じで演じれていました。

いごっそう612
もしかして素に近いのかも?

 

調べてみるとAKB卒業後から、色々な映画、ドラマ、舞台にちょい役でも出演し続けていますね。

その成果があってか、女優として何かが身についてきたのかも知れません。

 

「ビジランテ」での役柄がまたカッコいいんですよ。

次男を助けるために、子供を次男に預け、上着を脱ぎ歩いて行く姿は…

いごっそう612
カッコ良すぎる…

 

入江悠監督の『ギャングース』にも出演しています。

ビジランテ:感想

僕の感想はちょっと偏っていると思うので、色々な感想をTwitterで調べてみました。

そしたら…

 

 

 

 

 

僕はダメでしたが、世間一般の反応は上々の様です💧

ビジランテ:作品情報

原題ビジランテ
邦画クライム・サスペンス
製作年2017年
製作国日本
日本公開2017年12月9日
レンタル開始2018年5月9日
上映時間125分
監督入江悠
脚本入江悠
キャスト大森南朋
鈴木浩介
桐谷健太
篠田麻里子
嶋田久作
間宮夕貴
吉村界人
般若
坂田聡
菅田俊

予告編(トレイラー)

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう