2019年2月15日(金)より配信されるNetflixオリジナルの新シリーズドラマ
アンブレラ・アカデミー

アンブレラ・アカデミー

スーパーヒーローになるべく育てられた兄弟姉妹が、成人し再集結。地球を滅亡の危機から救うために立ち上がるってドラマです。

 

さっそく観てみたのですが、これが案外面白い!

妊娠していない43人の女性がいきなり出産します。ドラマでは、プールの中でいきなり出産が始まります。そうして生まれた子供たち…。そのうちの7人を大富豪レジナルド・ハーグリーヴズ卿が金で買い取るのです。

その目的は…世界を救うスーパーヒーローに育てるという事!“アンブレラ・アカデミー”と名乗り、子供たちを鍛えます。

という訳でその子供たちが強盗団と戦ったりするのですが、その能力はヤバい!各々個性的な能力を持ち、普通の人間で太刀打ちできません。

そんな子供たちは‥ある問題が発生しバラバラに…

しかし大人になった子供たちが、世界を守るため再び力を合わせ戦うのです。

いごっそう612
どうですか?ワクワクするでしょう。

 

原作は、2013年に解散したロックバンド「マイ・ケミカル・ロマンス」のボーカルだったジェラルド・ウェイが手がけた同名コミックです。人気を博し2008年に、アメリカで最も権威ある漫画賞の一つ“アイズナー賞”を受賞しています。

2013年に解散した人気ロックバンド「マイ・ケミカル・ロマンス」のヴォーカリストのジェラルド・ウェイの書いたコミック

いごっそう612
そんな人気漫画をドラマ化した作品、これはNetflixを代表するドラマになる!

 

アベンジャーズでも、DCでも無い‥新たなヒーローの誕生!

ダークホースコミックスの物語は、どくどくな世界観で楽しめますよ。

あらすじ

いごっそう612
アンブレラ・アカデミーのあらすじです。

 

1989年、世界中で妊娠していない43人の女性が同日同時刻に突然出産するという事件が発生、億万長者の実業家であるレジナルド・ハーグリーヴズ卿が、特殊な能力を持つ7人の子供を養子として引き取り、世界を救うスーパーヒーローに育てる“アンブレラ・アカデミー”を創設。しかし計画通りには進まず、子供たちが育ち、ティーンエイジャーになると家族は散り散りになり、アンブレラ・アカデミーは解散、さらに時は経ち、ある日父であったハーグリーヴズは謎の死を遂げてしまう。ハーグリーヴズの死を弔うため、大人に成長した兄弟姉妹は嫌々ながらも再集結、特殊能力により地球が8日後に滅亡することを知った彼らは、人類を救うため…そしてハーグリーヴズの死に隠された謎を解明しようと立ち上がることに…。

アンブレラ・アカデミー:予告編

いごっそう612
アンブレラ・アカデミーの予告を観たら絶対観たくなりますわ~。

アンブレラ・アカデミー7人のキャスト

アンブレラアカデミー7人のスーパーヒーロー

マーベルや、DCのお陰でいまやスーパーヒーローブームの真っ只中!

そのどちらにも所属しない、第3の出版社ダークホースコミックスのヒーロードラマがここに誕生日!

いごっそう612
そんな7人のスーパーヒーローと、キャストを紹介します。

No.1・スペースボーイ/ルーサー・ ハーグリーヴズ

No.1/スペースボーイ

チームのリーダー、スペースボーイこと、ルーサー・ ハーグリーヴズ。
事故によって重傷を負い、「火星ゴリラ」のボディを移植された。レーザーガンが武器。

演じるのはイギリス人俳優トム・ホッパー

No.2/クラーケン

アンブレラアカデミー クラーケン

クラーケンこと、ディエゴ・ハーグリーヴズ。
水中でも息が出来る、ナイフ投げの達人。口が悪く色々と突っかかる。

演じるのは、デイビッド・カスタニェーダ。

No.3/ルーマー

ルーマー アンブレラアカデミー

ルーマーことアリソン・ ハーグリーヴズ。
言った事が現実化する能力の持ち主。本編が開始する少し前に夫のパトリックと 離婚。娘の親権を持っていかれた。

演じるのはエミー・レイヴァー・ランプマン。

No.4/セアンス

アンブレラアカデミーセアンス

セアンスこと、クラウス。
念動力、テレパシー、死者との交信が得意。一時期精神病院に入ってた過去もある。

演じるのは、ロバート・シーハン。

№5

№5アンブレラアカデミー

1人だけコードネームなし、BOY、№5と呼ばれることもある。
10歳の頃にタイムトラベルし、世界が終末を迎えた未来へ行く。元の時代に戻れずそこで数十年過ごすが、何とか現代に帰還。未来では、老人だったが、戻ってきたら10歳の身体に戻っていた。高速で動くことが可能。

演じるのは、エイダン・ギャラガーは。

№6/ホラー

アンブレラアカデミーホラー

ホラー ことベン・ハーグリーヴズ。
腹から触手を出す。本編開始前に死んでしまっている。劇中では名前だけ登場予定、No.4/セアンスの力で登場する。

№7/ホワイト・バイオリン

アンブレラアカデミーホワイト・バイオリンことヴァーニャ・ハーグリーヴズ

ホワイト・バイオリンことヴァーニャ・ハーグリーヴズ。

子供の頃はこれといった特殊能力は無く、バイオリンが得意だった(実は7人の中で一番ヤバかったために、人為的に能力を抑えられていた)。「フェアダムデン・オーケストラ」と言う組織から誘いを受け、一旦は断るも「自分に家族なんて無かった」と悟り、彼らの許へ。そして、世にも恐ろしい最終兵器になってしまう。

演じるのはエレン・ぺイジ。

2007年に映画『JUNO ジュノ』アカデミー主演女優賞にノミネートされています。

まとめ

Netflixは、映画もそこそこ良いんですが、ドラマの方が興味深い作品が多くなってきている気がします。

オリジナルコンテンツに力を入れているだけありますね。

 

2019年2月に配信となるNetflixオリジナル作品では、この新作ドラマに注目!夢中になること間違いなしです。

いごっそう612
一気見決定!

 

 

「アンブレラ・アカデミー」は、2019年2月15日よりNetflixで配信されます。

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう