ANON アノン

いや~あおり運転問題…凄いですね💦

今の世の中の車は、ドライブレコーダーがありますかね~。悪い事してもそのカメラに撮られているから証拠が残っちゃう。

凄いですよね、人間にもドライブレコーダー付けれないかな?

 

‥‥という事で!本日ご紹介するのはそんな人間にドライブレコーダーを想像させる映画
ANON アノン

ANON アノン

ANON アノン

 

「ANON アノン」は、地球上の全ての人間の記憶が記録・検閲されるようになった近未来が舞台の近未来SFサスペンス。

監督は、「ガタカ」「TIME タイム」のアンドリュー・ニコル。主演はクライヴ・オーウェン、アマンダ・サイフリッド。

 

「未体験ゾーンの映画たち2019」上映された作品でもあります。

ちなみに…タイトルのANONとは「匿名」を意味しています。

あらすじ

地球上の全ての人間の記憶は記録・検閲され、個人のプライバシーも匿名性も失われた近未来。「秘密」はもはや過去の遺物となり、犯罪さえも消滅していた。しかし、起こるはずのない殺人事件が発生。捜査上で頼りになるのは、一切の「記録がない女」 (ANON=匿名)だった。事件は何かの始まりを示唆するかのように、次々と発生し……

近未来は人間ドライブレコーダー

ANON アノン

ANON アノン

 

昨今ドライブレコーダーで録画した映像がきっかけで逮捕される事件がけっこうありますが、映画「ANON アノン」で描く近未来は人間ドライブレコーダー、人間の記憶を映像で見ることができるのです。

それによって犯罪は無くなるんですけど、プライバシーも皆無になっちゃってるんですね。

いごっそう612
良いのか?悪いのか?よくわからない世界ですね。

 

よくわからない世界…でも、この世界観の設定はけっこう面白い!僕はけっこう好きですね。

 

そんな世界観の中、殺人事件が起こり捜査が始まります。

事件は簡単解決、だって被害者のデータを調べれば死の直前の映像を見ることができるのですから…。

 

しかし!ところがどっこい‥犯人は、被害者をハッキングして映像を改ざんしちゃってるんです。

いごっそう612
なるほど‥データ社会ならそうなりますよね。

 

犯人は腕利きのハッカーに違いない…という事で! 警察は犯人を捕まえる為に餌を巻き‥ハッカーをおびき寄せるって展開です。

 

と‥ここまで書いてみたら一見分かりやすそうな気がするんですが…

ただ…ちょっとこの映画は分かりづらい…💦

ANON(アマンダ・サイフリッド)と名乗るハッカーが出て来てからが特にわけわかんなくなっちゃいます。

アマンダ・サイフリッドがヌードに!?

ANON アマンダ・サイフリッド

ANON アマンダ・サイフリッド

 

そして、ここから再々訪れるアマンダ・サイフリッドクライヴ・オーウェン濡れ場…。

ハッキリ言いましょう。

いごっそう612
この映画にこの無駄な濡れ場いらんだろ…💦

 

もうね、ただアマンダ・サイフリッドを脱がしたいヌードを見たい

ただそれだけで監督が作った様なシーンにも感じました。

 

また、クライヴ・オーウェンがダサいんですね‥。

白のランニングシャツ姿は完全なオヤジ…💧

映画的に…完全に要らないシーンに感じましたね。

 

 

ここら辺から映画に対する集中力が切れてきました。だからあまりオススメはしません💧

総評的には…観ても‥3日で忘れそうな映画です。

この映画に5段階で点数をつけると

(2.8)です。

予告編

いごっそう612
「ANON アノン」の世界観は「攻殻機動隊」みたいな感じです。
アマンダ・サイフリッドのヌードが観たい方はぜひ!

 

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう