「犬鳴村」実話?本当にあった事件は魔の1988にあった年旧犬鳴トンネル事件…
犬鳴村

ネタバレ禁には、目次をお使いください('ω')

実話事件を基にした映画はたくさんあります。

その映画を観ることにより
こんな恐ろしい事件があったのか…
と過去の事件を振り返ることができます。

 

今回ご紹介する映画も、そういう映画です。

映画自体はクソみたいな出来栄えなんですが(笑)
その映画に関連する事件を調べたら、ゾッと怖くなりました。

その映画は
犬鳴村

犬鳴村

犬鳴村

 

「犬鳴村」は、映画『呪怨』シリーズなどで有名な清水崇監督が、福岡県の有名な心霊スポット旧犬鳴トンネルを舞台に描くホラー映画です。

旧犬鳴トンネル

旧犬鳴トンネル

 

この映画、序盤はなかなか良かったんですが、最後は完全にわけわかんないB級ホラーと化すという残念な映画です。

ただ…
この旧犬鳴トンネルは恐ろしい事件が過去にあったのです。

魔の1988年に本当にあった旧犬鳴トンネル事件

1988年には恐ろしい事件が多発しました。

女子高生コンクリート詰め殺人事件

オウム真理教在家信者死亡事件

巣鴨子供置き去り事件

宮崎勤の東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件

名古屋アベック殺人事件

名古屋妊婦切り裂き殺人事件

 

1988年は本当に…
歴史に残るような、恐ろしい事件ばかりが起こっているのです。

 

そして旧犬鳴トンネル事件も1988年に起こった凶悪な事件なのです。

1988年、車を窃盗しようとしていた少年ら5人が偶然目を付けた男性工員に逃げられたことで怒りを表し、男性工員を拉致し、残虐なリンチの末に旧犬鳴トンネルで全身にガソリンを浴びせ焼殺するという事件がありました。

いごっそう612
その事件とはこんな感じです。
事件概要

1988年12月9日に福岡県警は、田川郡方城町(現福智町)の犯行グループリーダーの少年(19歳、行商手伝い)を含めたグループ5人(16-19歳)を、殺人と逮捕監禁容疑で逮捕した。調べでは、2人の少年が同年12月6日夕方に、田川市内で帰宅途中の工員(20歳、方城町)の軽乗用車を見つけて、「車を貸してくれ」と頼んだ。しかし断られたため、それに腹を立てた犯人グループは工員の車を奪い、また工員も一緒に連れ去って仲間の家に監禁した。その後、少年グループら全員で、久山町の犬鳴隧道(旧犬鳴トンネル)へ連れ去って工員の手足を縛り、ガソリンをかけて焼殺した。その後、主犯は無期懲役判決を受けている。

 

何という恐ろしい事件でしょう。

映画の内容と実際にあった事件はだいぶ違いますが、問題は実際に恐ろしい事件があった心霊スポットで撮影をしているという事です。

いごっそう612
恐ろしい…

 

映画は犬鳴村にまつわる、噂や都市伝説が基になっているようです。

  • 地図に存在しない
  • 村の入り口に「この先日本国憲法は通用しない」の看板
  • 村の住人は差別を受けてきたため、外部との接触を拒み、自給自足の生活をしている ・村では近親交配が続いていた ・村にはボロボロのセダンが置かれていたり、骸が山積みにされている
  • 旧犬鳴トンネルの柵を越えたところに罠があり、それにかかると斧を持った村人が襲ってくる
  • 電子機器は圏外 ・公衆電話が警察に通報できない
  • 若いカップルが肝試しで村に入って惨殺された

 

などがあります。

映画は、この都市伝説を基に作られていると言えます。

いごっそう612
実際にあった事件現場で作られた都市伝説映画…ネタとして観てもいいかもしれません

予告編

気になる方は予告編をどうぞ!

いごっそう612
「犬鳴村」はクソみたいな内容ですけど、実話事件が関係しているので観てもいいかも?って映画です。

 

恐ろしい実話事件を基にした
日本映画をまとめた記事をどうぞ

こちらも読まれています。
コメント一覧
  1. 私も、この映画の事についてはちょっと調べたのですが
    実際の事件は怖いですよね
    犬鳴村の、数々の都市伝説も怖いですね
    霊より、生きてる人間のほうがよっぽど残酷だな・・と感じます。
    映画の評価自体は低いのですね(笑)

    • ダメうさぎさんへ
      コメントありがとうございます
      映画はクソですが、実際にあった事件は本当に怖いです。
      人間ってどこまでも残酷になれるものだな…っと恐怖しました。
      実話を絡めて作った方がもっと怖い映画になったかも知れませんね。
      惜しい

  2. グリ より:

    内容はホントにクソでしたね。
    有料レンタルを久々に後悔しました。
    サブスクで解禁されてなおかつ時間が余って仕方がないぐらいじゃないとおススメできないですね。

    • グリさんへ
      コメントありがとうございます
      ですよね
      ラストに方はツッコミどころ満載のギャグホラーになっちゃって残念。
      出だしは良かったんですけどね。

  3. ネダ より:

    犬鳴峠、映画館に足を運ぼうとして、評価が微妙で踏みとどまり、その後も踏みとどまり、現在に至ります。
    そして、このまま踏みとどまる事に決定ですね…。
    本編への言及がほとんどないのが 笑
    しかし、コンジアムの時と言い、いごっそう612さん、よく調べてくださる。ありがたいです。
    この事件は…顔をしかめますね…。

    当方、中田監督の「事故物件」もギリギリ踏みとどまったのですが…果たして。

    • ネダさんへ
      コメントありがとうございます
      いや~本当観なくていい映画です。
      実話の方は怖いんですけど、この映画は最後はツッコミどころ満載のギャグホラーになっちゃった感じです。
      中田監督の「事故物件」もヤバイ匂しますよね

      • ネダ より:

        やってしまいましたよ。
        見ました、これ。我慢できずに。
        いや、やってしまった・・・というのは、「犬鳴峠」はまだ良かったんですよ。
        酷評覚悟で見たからか、結構見れました。

        問題はその後で、これならイケる!! と思い、連続で「樹海村」を見てしまったわけですね、私は。ともに有料レンタルで。
        これは、ヤバかったです・・・。
        まあ、犬鳴村もそうっちゃそうなんですが、最後「え?この方向? こっち系、行っちゃうのかあ」感がすごく・・・。
        俳優陣は豪華なんですが・・・ね。

        途中まで中々いいのに、最後、悪い意味で裏切ってくる清水崇監督、流石としかいいようがありません 苦笑

        • ネダさんへ
          コメントありがとうございます。
          やっちまいましたね(笑)
          清水崇監督…本当にヤバイ!!
          自分で作って見直して面白いと思ったんでしょうか?
          「樹海村」…
          気になってます。しかし…観なくてもいいかなあ(笑)

          • ネダ より:

            「樹海村」は、前半は良かったです。
            しかし、最後…。
            すいません、まさかの早送りしながら…。
            こういう事、あまりしないのですが、ちょっと耐え難いものがありました。

            うん、いや、話は…悪く…ない…か…な、少し感動が…ある…かな………。
            ホラーとして考えると…
            そうだよな、村シリーズ3作目がKOKI主演で、確実に当たるから、3部作、結構無理やり全部見てもらえるし、
            ホラー映画好きの人をある意味驚かせる“清水崇の恐怖”というメタ的な新たなホラーの形を提示したんだよな…。
            三作目も、鑑賞中、ここまではすごい良い感じなんだけど、でも、この後、最後はどこへ向かうんだろう? 大丈夫なのかな? はあはあ…怖いよ…ここで、ギャグ路線とか…あるいは木村拓哉本人が出てきたりとか、予想がつかない演出もありうるよ…怖いよ…。というトラウマ的不安を払拭できない状態で、観客を怯えさせる…という、新たな手法なのかもしれません。

            そう考えると…背筋が凍りますね。

          • ネダさんへ
            コメントありがとうございます。
            清水監督作品は、ある意味恐ろしい…

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連キーワード

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう