「斬、」野火の塚本晋也監督が作る時代劇…池松壮亮と蒼井優が共演!?この映画は観るべきか?
斬、

ネタバレ禁には、目次をお使いください('ω')

池松壮亮と蒼井優が共演する
時代劇
斬、

斬、

斬、

「斬、」
(英題:Killing)は
2018年11月24日に日本公開された
時代劇映画

鎖国が長く続いた江戸時代末期を舞台に、農村で穏やかに暮らしていた若き浪人が、人を斬ることへの葛藤を抱えたまま、暴力の連鎖に巻き込まれてしまう姿を描いた作品です。

 

あらすじ
250年ものあいだ泰平の世が続いた江戸時代末期。困窮で藩を離れる武士も多く、江戸近郊の農村に身を寄せる若き浪人・都筑杢之進(池松壮亮)もその一人だった。杢之進は農家を手伝い食つなぐ日々を送りながら、農家の息子・市助(前田隆成)に剣の稽古をつけ自身の腕も磨き続き、市助の姉・ゆう(蒼井優)とは身分の違いがありながらも密かに想い合っていた。この頃、国内は開国するか否かで不穏な空気が漂い、ゆうは杢之進が村を離れ中央へ参戦する日が近づいている事と武士に憧れる血気盛んな弟を心配していた。ある日、三人は一人の剣豪・澤村(塚本晋也)と出くわす。杢之進と市助の稽古を見ていた澤村は杢之進の剣の腕にすっかり惚れ込み、自分の組織の一員として江戸へ行き、泰平を守るため京都の動乱に参戦しないかと二人に声を掛ける。誘いを引き受け、市助は農民の自分も連れて行ってもらえると喜ぶが、杢之進は剣の才能はあるが人を斬った事が無くそんな自分に葛藤する。そんな時、どこからか流れ着いてきた無頼者(中村達也)たちが村にやって来る。悪い噂の立つ彼らの存在に農民たちは怯え、剣の立つ杢之進にどうにかしてほしいと願うが、杢之進たちが江戸へ旅立つ前に小さな村で事件が起きる。

 

第75回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門、第54回トロント国際映画祭マスターズ部門、第23回釜山国際映画祭ガラ・プレゼンテーション部門選出作品です。

 

監督は
塚本晋也

 

主人公である
人が切れない浪人
都築杢之進役に
池松壮亮

都築杢之進役池松壮亮

都築杢之進役
池松壮亮

池松壮亮 - Wikipedia

 

農家の娘ゆう役に
蒼井優

農家の娘ゆう役に 蒼井優

農家の娘ゆう役
蒼井優

蒼井優 - Wikipedia

いごっそう612
野火の塚本晋也監督が作る時代劇に
池松壮亮と蒼井優が共演とは…。
非常に興味深い作品です。

塚本晋也監督も出演

映画「斬、」は、塚本晋也監督が20年以上温めていた企画で、初の時代劇作品。

そして、これまでの塚本作品と同様に監督自ら出演・脚本・撮影・編集・製作を務めています。

いごっそう612
いったいどの役で?

 

斬、塚本晋也

斬、
塚本晋也

 

はい、澤村次郎左衛門
役ででています。

 

野火でも出てましたが、演技もけっこう上手いですね。

野火 塚本晋也

野火 塚本晋也

 

いごっそう612
映画「斬、」には、塚本晋也監督がけっこうメインのキャラで出てきます。

映画「斬、」の評価

この映画の評価はどうなっているのでしょう?

国内映画サイト
Filmarks
映画.com
Yahoo!映画
を調べてみました。

Filmarks

(3.6)

映画.com

(3.3)

Yahoo!映画

(3.01)

いごっそう612
レビューを見る限り賛否両論、ハマる人にはハマるし、ハマらない人にはなんじゃ…こりゃ映画です。

 

僕は、悪くなかったかな~と思います。序盤中盤はけっこう面白かった。

でも終盤にかけて確かになんじゃこりゃって展開になりました。

ラストはちょっと、期待した物とは違いました。

でも、普通の想像できるオチじゃないんスよ。

それはされで評価してもいいのかも知れないですね。

まあ、観て損はしない映画ではあると思います。

個人的評価

(3.4)

予告編

この映画が気になる方は予告編をどうぞ!

いごっそう612
「斬、」はNetflix、Amazonプライム・ビデオで観ることができます。

 

 

池松壮亮出演映画は他にもありますよ~。

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう