『ザ・プロム』Netflixで「glee グリー」のライアン・マーフィーが描くミュージカル映画が素晴らしい!
ザ・プロム

ネタバレ禁には、目次をお使いください('ω')

Netflixから素晴らしいミュージカル映画が配信されています。

ザ・プロム

ザ・プロム

ザ・プロム

 

『ザ・プロム』
(原題:The Prom)は
Netflixで2020年12月11日に配信開始となった
Netflixオリジナル映画

 

LGBTQの子供たちがプロムに連れて行くことを禁じられた実話に由来した物語で、メリル・ストリープとニコール・キッドマンが共演し、ドラマ「glee グリー」シリーズのライアン・マーフィーが手掛け、名誉挽回を狙う元人気舞台俳優二人と、プロム参加を目指す女子高生カップルが、目的達成のために奮闘する姿を描いたミュージカル映画です。

 

あらすじ
ザ・プロム

ザ・プロム

ニューヨークの人気舞台俳優ディーディー・アレン (アカデミー賞3回受賞のメリル・ストリープ) とバリー・グリックマン (トニー賞受賞のジェームズ・コーデン) は、予算を注ぎ込んだ新作ブロードウェイミュージカルが大コケ。突如として役者生命の危機が訪れ大ピンチに。一方、インディアナ州の田舎町では、高校生のエマ・ノーラン (新人のジョー・エレン・ペルマン) が悲嘆に暮れていた。校長 (キーガン=マイケル・キー) の尽力むなしく、PTA会長 (ケリー・ワシントン) から、エマとガールフレンドのアリッサ (アリアナ・デボース) が一緒にプロムに参加することを禁止されたのだ。エマの境遇を知ったディーディーとバリーは、この機に乗じて自分たちのイメージを挽回すべく、同じくキャリアアップを図る皮肉屋の俳優たち、アンジー (アカデミー賞受賞のニコール・キッドマン)、トレント (アンドリュー・ラネルズ) と連れ立ち一路インディアナへ向かう。ところが、セレブたちの下心丸出しの社会運動が思いもよらない展開に...。心を入れ替え、エマが自分らしく楽しめるプロムを実現すべく奮闘する4人の人生にも、やがて大きな変化が訪れる。

 

監督は
ライアン・マーフィ

ライアン・マーフィ

ライアン・マーフィ

 

キャストは

ディーディー・アレン役
メリル・ストリープ

バリー・グリックマン役
ジェームズ・コーデン

エマ・ノーラン役
ジョー・エレン・ペルマン

アンジー・ディッキンソン役
ニコール・キッドマン

トム・ホーキンス役
キーガン=マイケル・キー

トレント・オリヴァー役
アンドリュー・ラネルズ

アリッサ・グリーン役
アリアナ・デボーズ

ミセス・グリーン役
ケリー・ワシントン

シェルドン・サパースタイン役
ケヴィン・チャンバーリン

ケイリー役
ローガン・ライリー・ハッセル

シェルビー役
ソフィア・デラー

ケヴィン役
ナサニエル・ジェームズ・ポトヴィン

ニック役
ニコ・グリーサム

エマの祖母役
メアリー・ケイ・プレイス

ヴェラ・グリックマン役
トレイシー・ウルマン

等が出演しています。

同性愛とミュージカル

今年は新型コロナウイルスの影響で映画の撮影や舞台公演が次々と中止になる中で、何とかクリスマスシーズンには間に合わせようと急ピッチで制作が進められた2020年最大のエンターテイメントであり、ライアン・マーフィからのクリスマスプレゼントである。

同性愛ネタが作品の内容を大きく左右するという作品を多く手掛け、それこそがライアンの作家性と言うべきだろう。
Netflixとパートナー契約を結んでからも、『ハリウッド』『ボーイズ・イン・ザ・バンド』といった同性愛ネタを色濃く反映させた作品を手掛けてきたが、ついにミュージカル同性愛という集大成かつ、ライアンの鉄板ネタ映画が完成したのだ。

作品の題材となっている「プロム」というのは、簡単に言えば卒業パーティであるが、その中で人気者の象徴として、プロムキングとクィーンを決めるのだが、これこそが男と女という概念で縛られたものであり、近年では、それを覆すティーン向け映画も多くみられるようになってきたが、まだまだ男女の象徴であるという印象は強い中で、最も影響力の強い作品が誕生したと言っても過言ではないだろう。

同性愛を描いたドラマや映画というのは、昔からあるものの、10代という若い世代にスポットを当てて、一歩踏み出す勇気を与えたものといえば、ドラマシリーズ『glee/グリー』である。

『glee/グリー』の中で同性愛者であるカートを演じたクリス・コルファーは「世界で最も影響力のある100人」に選出されるなど、世界的に同性愛者の権利を訴えるという点でかなりの影響力があった。クリス自身も同性愛者であり、実際に保守的な土地で育ったために、カミングアウトできず、いじめを受けてき経験も作品に反映されたのだ。

クリエイターのライアンも同性愛者であることから、保守的な過去の負の遺産を新世代への希望に変換するため、差別や偏見に真っ向から立ち向かうかたちで制作された『glee/グリー』の影響は絶大であり、そんな影響を直接的に受けたのが、正に今作の原型となった2016年初演の舞台「ザ・プロム」である。

今作の中で起きた同性愛を拒絶するためのプロム中止というのは、実話がベースではあるのだが、表現や現代社会へのアプローチという点では『glee/グリー』からの影響が強い。

『glee/グリー』に影響されたミュージカル舞台の映画化を『glee/グリー』のクリエイターであるライアンが監督を務めるというのは、何とも不思議な繋がりを感じずにはいられない。

同性愛への差別に異議を唱えるべく、偏見と弾圧、中傷などの世間からの逆風に耐えてきたリベラルの象徴ともいうべきブロードウェイ・スター達が最初は売名行為のために助けにくるという構造となっており、そのスター達も、それぞれの経歴、個性、抱えているものは全く違っていて、衣装も色分けされていることで、ヒーローチームや守護神のような扱いともされているのは、かなり独創的な設定である。

ミュージカルを経験したことのないような、そこらの俳優ではなく、メリル・ストリープ、ニコール・キッドマン、ジェームズ・コーデン、アンドリュー・ラネルズというミュージカル映画や舞台経験者によって構成されたチームという点でも説得力が強い。

比較的、多文化や新しい概念に寛容な都市部とは違い、伝統や信仰を重んじる保守的な田舎のインディアナ州を舞台としていることにも意味がある。
劇中でも「ここはアメリカではなく、インディアナ州だ」というセリフがあるように、他民族、多国籍が集まってできたアメリカという国であるのだが、州は大きなコミュニティであり、そのコミュニティの根深い概念や意識を変えさせるというのは、一筋縄でいくはずもない。

コミュニティの中で作られた、偏った概念は、聖書の好きなところだけを信じるという矛盾点を発生させ、その都合の良い解釈でコーティングをされた住民たちの意識を変えることよりも、そこに同調し、馴染むことの方が、安全であるという、そこで生活をして地盤を築いてきた親世代の回答が、子供たちの将来を心配するがあまり、あえて生き辛くなってほしくないという気持ちが、結果的に差別を生んでしまうという構造の問題点にもメスを入れているのだ。

その証拠に、今作には、悪意をもった差別というのは存在していない。PTA会長の目的も、同性愛差別ではなく、子供たちが差別を受けてほしくないという意識からである。

劇中で、伝統的な劇場ではなく、アリーナで開催されているモンスタートラックのハーフタイムで歌を披露するが、場違い感によって、大ブーイングを受けるというシーンがある。

これは例えるなら、アクション映画やスポーツ観戦を好む人たちにはミュージカルという芸術は響かないという象徴である。

しかし、ミュージカル・ファンでありながら、ストレートで黒人というホーキンス校長というキャラクターを配置することで、そのイメージこそが実は差別的であり、同調圧力になりかねないことも、観ている側にメタ的に提示してみせている。

外見的、肌の色などによる人種違いもあるが、その中でも価値観や概念によって枝分かれしていて、それが入り組んでいる現代社会には、まだまだ問題が多い。

実は今作はテーマを同性愛だけに限定しているわけではなく、人間の概念の根源を描いた、かなり深い部分を追求した作品なのだ。

同性愛や差別は、残念ながら現実社会では、明確な答えや解決策を提示できる題材ではない。
だからこそ、黒人差別を描いた『ヘアスプレー』のように、現実社会に反したような、極端なほどハッピーな展開のミュージカルに違和感を覚える人も少なくはないだろう。

しかし、一歩踏み出す勇気、理想と現実の境界線を突破するのが芸術や音楽であり、その融合系であるミュージカルこそが、未来への希望として存在している。

ライアン・マーフィは『ザ・プロム』という作品を通して、ミュージカルの可能性や存在意義までも提示してみせたのだ。

今作は間違いなく、ミュージカル映画史において、語り継がれるべき作品だろう。

海外の評価

このドラマの海外の評価はどうなっているのでしょう?

海外映画サイトIMDbを調べてみました。

海外映画サイト
IMDbでは

10点満点中

The Prom (2020) - IMDb

The Prom (2020) - IMDb

6.2点
以外に微妙な評価です。

批評家から好意的に評価されています。

8949人のユーザーの中で
7点を付けたユーザーが1563人と
全体の17.5%を占め
一番多いです。

ついで
6点が1495人の16.7%
10点が1457人の16.3%
8点が1258人の14.1%

概ね高評価が多い結果になっています。

いごっそう612
「glee グリー」好きなら絶対楽しめる作品です。

予告編

まずは予告編をどうぞ!

いごっそう612
「ザ・プロム」はNetflixで観ることができます。

 

 

Netflixオリジナル映画
はなかなか興味深い作品が多いですよ~。

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう