ひとよ
ひとよ

ネタバレ禁には、目次をお使いください('ω')

どしゃ降りの雨が降った夜
子供のために夫を殺めた母

”信じ”続けた長女
”苦しみ”続けた長男
”許せなかった”次男

全てを狂わせた”一夜(ひとよ)”から15年…
壊れた家族は、繋がれますか?

 

はい、本日ご紹介するのは
そ~んな濃厚な映画作品
ひとよ

ひとよ

ひとよ

 

「ひとよ」は、女優で劇作家、演出家の桑原裕子が主宰する「劇団KAKUTA」が2011年に初演した舞台を佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、田中裕子の出演、濃厚な作品を作る白石和彌監督が映画化したヒューマンドラマ作品。

 

あらすじ

ある土砂降りの雨の晩、タクシー会社を営む稲村家の母こはるは、最愛の3人の子どもたちの命を守るため、日頃から家庭内暴力を振るう夫を殺害し、15年後の再会を誓うと、警察に自ら出頭する。それから15年の歳月が流れ、東京でフリーライター稼業をしている次男の雄二が、久々に帰郷。あの運命の一夜以来、すっかり苦難の人生を歩むことになった長男の大樹、末っ子の妹・園子と再会し、各自、あらためて過去と向き合うことに。

 

キャスト

母・稲村こはる役
田中裕子

ひとよ 稲村こはる役 田中裕子

ひとよ
稲村こはる役
田中裕子

 

長男・稲村大樹役
鈴木亮平

ひとよ 長男・稲村大樹役 鈴木亮平

ひとよ
長男・稲村大樹役
鈴木亮平

 

次男・稲村雄二役
佐藤健

ひとよ 次男・稲村雄二役 佐藤健

ひとよ
次男・稲村雄二役
佐藤健

 

長女・稲村園子役
松岡茉優

ひとよ 長女・稲村園子役 松岡茉優

ひとよ
長女・稲村園子役
松岡茉優

 

堂下道生役
佐々木蔵之介

ひとよ 堂下道生役 佐々木蔵之介

ひとよ
堂下道生役
佐々木蔵之介

 

柴田弓役
筒井真理子

丸井進役
音尾琢真

稲村雄一役
井上肇

歌川要一役
浅利陽介

稲村二三子役
MEGUMI

友國淳也役
大悟

等が出演しています。

 

いごっそう612
白石監督代表作『凶悪』で白石監督とタッグを組んできた高橋泉が脚本を担当しており、期待のできる作品となっています。

 

MEGUMIが⁉

虐待を行う父親、傷だらけの子供たち…。

母親は雨の日の夜、父親を自分の運転するタクシーで轢き殺す…。

 

その後母親は自首して刑務所に、もちろん母親の行動は、子供たちを助ける為に行った行動です。

一見ヒーロー的な存在ですが

残念ながら、その後の子供たちの人生は最悪になってしまうんですね。

 

殺人者の息子というレッテルが子供達には貼られ、その後の人生に大きく左右してきます。

もちろん、子供たちは心の奥底では母親の行動は自分たちの為に行った事ということはわかっています。

しかし、母親のせいでその後の人生が上手くいかなかった事もあり、恨みもあるのです。

 

そんな子供たちの前に、15年の月日を得て、母親が帰ってくるのです。

何というか…

複雑ですよね💦

 

この映画「ひとよ」は、家族の再生の物語でもあります。

メチャクチャ良い映画ってわけでは無いですが、終わった後に心地よい気分にさせてくれる良作映画でした。

 

そうそう
この映画を観て驚いたんですが…
MEGUMIさんが
出演していました。

ひとよ MEGUMI

ひとよ
MEGUMI

 

しかし、観てて全然MEGUMIさんと気が付かない感じでした。

何というか…老けましたね💦

 

いやいやいや、悪い意味では無いですよ。

MEGUMIも、もう39歳です。

自然な感じの年齢という感じです。

 

驚いたのは、その演技です。

なんというか、良いじゃありませんか!

ヒステリックな嫁、だけど旦那から別れは切り出されたくない!

って感じが凄く出ていて、非常に良かったです。

 

この映画「ひとよ」は、メチャクチャ豪華俳優なんですよね。

上記のキャストを見てもらっても分かるでしょうけど、本当に豪華俳優陣!

しかし、その中でも負けじと光っていたMEGUMIさん!

いごっそう612
今後も期待したいです!

 

ちなみに大悟も出てましたけど、まあ…これはこれで‥ね。

ひとよ 大悟

ひとよ
大悟

 

国内の評価

この映画の国内の評価はどうなっているのでしょう?

国内映画サイトを調べてみました。

映画.com(3.8)

 

Filmarks(3.8)

 

Yahoo!映画(3.84)

いごっそう612
なかなか高い評価になっています。
さすが白石監督作品です。

予告編

予告編を観てみて下さい!

観たくなりますよ~。

いごっそう612
豪華キャストで描く白石監督作品「ひとよ」はオススメの映画です。

 

 

こちらの邦画作品もオススメです。

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう