「ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ」豪華キャストのミステリー映画がNetflixで配信開始!
ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ

ネタバレ禁には、目次をお使いください('ω')

エイミー・アダムス
ジュリアン・ムーア
ゲイリー・オールドマン
アンソニー・マッキー

こんな豪華キャストで作られた
サスペンス・スリラー映画が
Netflixで配信開始!

ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ

ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ

ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ

 

「ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ」
原題:The Woman in the Window は
2021年5月14日に配信開始となった
Netflixオリジナル映画

 

広場恐怖症で外出できない心の病を抱えた主人公が、隣家で起こった恐ろしい出来事を目撃したことをきっかけに、不可解な出来事に翻弄されていく姿を描いた作品です。

あらすじ
精神分析医のアナ・フォックス(エイミー・アダムス)は、夫と娘と生活を別にして、ニューヨークの高級住宅街の屋敷に十カ月も一人こもって暮らしていた。広場恐怖症のせいで、そこから一歩たりとも出られないのだ。彼女のなぐさめは古い映画とアルコール、そして隣近所を覗き見ること。ある時、アナは新しく越してきた隣家で女が刺される現場を目撃する。だが彼女の言葉を信じるものはいない…あれは本当に起きた出来事だったのか?。

 

原作はA・J・フィンの
同名小説
ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ

 

監督はヘイリー・ベネットと交際中の
ジョー・ライト

 

キャストは本当に豪華!

主人公アナ・フォックスを演じるのは
エイミー・アダムス

ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ エイミー・アダムス

ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ
エイミー・アダムス

 

ケイティ / ジェーン・ラッセルを演じるのは
ジュリアン・ムーア

ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ ジュリアン・ムーア

ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ
ジュリアン・ムーア

 

アリスター・ラッセルを演じるのは
ゲイリー・オールドマン

ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ ゲイリー・オールドマン

ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ
ゲイリー・オールドマン

 

エドワード・"エド"・フォックスを演じるのは
アンソニー・マッキー

ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ アンソニー・マッキー

ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ
アンソニー・マッキー

 

イーサン・ラッセルを演じるのは
フレッド・ヘッチンジャー

ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ フレッド・ヘッチンジャー

ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ
フレッド・ヘッチンジャー

 

どうですか!めっちゃ豪華キャストでしょう。

ただ…この映画
めちゃくちゃ期待ハズレです。

豪華キャストのわりに
何か淡々と終わってしまう
惜しい映画

なんで、こんな豪華キャストなのに
面白くならなかったのか?

 

監督のジョー・ライト作品は
けっこう観たことあるのですが
面白かったと思った作品は…
実はなし!

個人的には
そんなに才能ある監督とは
思わないのですが

何故か映画に良い俳優が出演するので
その演技力に助けられ
話題作を作り出しています。

ただ…
この映画もそうですが
俳優陣が無名なら
話題にならなかった
B級映画作品が多いと思います。

「ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ」も
もっと面白くなりそうな気がしましたが‥

惜しい映画となっています。

ただ
俳優陣はやっぱ凄いので
観ておいて損は無い作品ではあります。

 

海外の評価

Netflixオリジナル映画
「ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ」の
海外の評価は
どうなっているのでしょう?

海外映画サイトIMDbを調べてみました。

The Woman in the Window (2021) - IMDb

The Woman in the Window (2021) - IMDb

 

海外映画サイトIMDbでは
8366人の投票がありまして
平均点は10点満点で
5.8点
と微妙な評価に
なっています。

1番多いのが
2356人(全体の28.2%)が投票した
6点

2番目が7点
3番目は5点
です。

5~7点が全体の68.2%を占め
評価が集中しています。

まあ、めっちゃ悪くは無いけど
良くはない
という感じですね。

いごっそう612
僕個人が点数を付けると
6点ですね。
面白い、良い映画というわけでは無いと思いますが
俳優陣が豪華なので一見の価値はあります。

予告編

気になる方は予告編をご覧ください。

いごっそう612
「ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ」はNetflixでのみ観ることができます。

 

Netflixオリジナル映画は
興味深い作品が盛りだくさんです。

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう