「我らの罪を赦したまえ」Netflix、あらすじ&ネタバレ、海外の評価
我らの罪を赦したまえ
広告

ネタバレ禁には、目次をお使いください('ω')

ロシアがウクライナに
軍事侵攻している現在‥

Netflixで配信されている
この短編映画
観ておくべきです。

 

我らの罪を赦したまえ

我らの罪を赦したまえ

我らの罪を赦したまえ

 

我らの罪を赦したまえ
原題:Forgive Us Our Trespasses は
2022年のアメリカ短編映画です。

2022年2月17日に
Netflixオリジナル映画として
配信開始になりました。

 

僅か14分の短編映画で、1939年にナチス・ドイツが行ったT4作戦で追われる障害を持った少年の姿を描いています。

 

知っておくと映画が楽しめる

T4作戦とは、精神障害者や身体障害者を「強制的な安楽死(虐殺)」する政策です。

 

監督&脚本は
アシュリー・イーキン

キャスト

ノックス・ギブソン
ハンネケ・タルボット
ジャスティン・マダー

等が出演しています。

いごっそう612
民主主義が危ぶまれる昨今、ロシアや中国のやり方を許せば、またこんな時代に戻るかもしれないですよね。考えらされる映画です。

 

あらすじ&ネタバレ

“社会のモラルは子供の扱い方で分かる”
D・ボンヘッファー

 

右腕の無い少年ピーター(ノックス・ギブソン)は学校で勉強をしていた。

エヴァ(ハネケ・タルボット)が教える、その授業は、障害のある人間を生かすのに、余分にどれくらいのお金がかかるかと教えていた。

世話をするのにお金がかかるとすればどうすれば良いのですか?と尋ねる生徒に

「殺せ」という声が上がる。

 

エヴァとピーターが住む家に、ナチスがついに現れる。

ナチスは、身体障害者であるピーターをT4作戦で殺すために訪れたのだ。

エヴァはピーターを逃がすが、エヴァはナチスに殺されてしまう。

 

ナチスから隠れ、納屋にたどり着いたピーターだったが、先に隠れていた人を助けるために、ナチスをひきつけ走って逃げる。

ついにナチスの一人に捕まり首を絞められるピーターだったが、敵の銃を手にし相手を撃ち殺す。

ピーターはまた走りだした。

 

1939年ヒトラーはT4作戦を開始、障害者30万人を殺害、40万人を断種

ガス室の技術発展に繋がった。

障害者たちのこの命の歴史は忘れ去られつつある。

犠牲者の多くは子供たちであった。

海外の評価

海外での評価はどうなっているのでしょう?

Netflix戦争短編映画
「我らの罪を赦したまえ」の
海外の評価
を調べてみました!

Forgive Us Our Trespasses (Short 2022) - IMDb

Forgive Us Our Trespasses (Short 2022) - IMDb

 

海外映画サイトIMDbでは

901人の投票があり
平均点が
6.5点という
普通の評価
なっています。

ユーザーの投票で
一番多いのは
7点です。

投票数257人で
全体の28.5%
を占めています。

次に多いのは
6点
211人の
全体の23.4%

3番目は
8点
111人の
12.3%です。

6~8が
全体の64.2%を
占めており

海外では
この映画に対しては
普通~まあまあ
と評している人が多い様です。

いごっそう612
歴史問題を知るには良い映画でしたね。
短編だけど、こういう事があったんだと勉強になりました。

 

Netflixオリジナル映画は
興味深い作品が盛りだくさんです。

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう