「デイ・シフト」Netflix、あらすじ、ネタバレ、海外の評価とレビュー!
デイ・シフト

ネタバレ禁には、目次をお使いください('ω')

Netflixで
ヴァンパイア系の映画が配信開始

デイ・シフト

デイ・シフト

デイ・シフト

 

デイ・シフト
原題:Day Shift は
2022年のアメリカ映画

プールの清掃員でもあるヴァンパイアハンターが、大切な娘に不自由のない暮らしをさせるために、吸血鬼を狩りを行う姿を描いたアクション・コメディ映画です。

 

 

Netflixオリジナル映画として
2022年8月12日配信開始

 

監督は
J・J・ペリー

脚本は
タイラー・タイス
シェイ・ハッテン

 

キャスト

ジェイミー・フォックス
デイヴ・フランコ
ナターシャ・リュー・ボルディッゾ
ミーガン・グッド
カーラ・ソウザ
スティーヴ・ハウイー
スコット・アドキンス
オリヴァー・マスッチ
スヌープ・ドッグ
エリック・ランジュ
ピーター・ストーメア
ザイオン・ブロードナックス

等が出演しています。

いごっそう612
ちょっと低迷したような気がするNetflixですが、ここ最近は「グレイマン」をはじめ、話題作がけっこう出てきます。「デイ・シフト」も続編シリーズだせそうな映画です。

 

あらすじ、ネタバレ

近頃は、生計を立てるのも命懸け!? 昼はプールの清掃員だが、その正体はロサンゼルスを拠点に活動するバンパイアハンターであるバド・ジャブロンスキーは、1週間以内に8歳の娘の授業料と歯列矯正の費用を捻出しなければならなくなり...金を稼ぐためにバンパイアハンターとして吸血鬼を狩りまくることにする。

海外の評価とレビュー!

海外での評価はどうなっているのでしょう?

Netflix映画
「デイ・シフト」の
海外の評価を
海外映画サイトIMDbで
調べてみました!

Day Shift (2022) - IMDb

Day Shift (2022) - IMDb

 

海外映画サイト
IMDbでは
1359人の投票があり

平均点が
10点満点で
6.2点という
微妙な評価に
なっています。

ユーザーの投票で
一番多いのは
7点です。

投票数309人で
全体の22.7%
を占めています。

2番目に多いのが
6点

投票数301人で
全体の22.1%を占めています。

3番目は
10点満点
投票数160人で
全体の11.8%

4番目は
最低点の8点
投票数179人で
全体の13.2%

いごっそう612
6~8点が多いことからまずまずの評価を受けている感じですね。

 

海外のレビューも紹介します。

初監督のJ・J・ペリーは、アクションの面でこの機会に全力を尽くしたようだが、ドラマ的には残念なことである。ペリーは長い間、この業界で最も忙しく、最も優れた格闘振付師/スタントコーディネーター/セカンドユニットディレクターとして活躍してきた。「ワイルド・スピード」「ジョン・ウィック」シリーズは、彼の20年に及ぶ作品の中でも最も新しいものに過ぎないのだ。この証拠に、ペリーが激しいアクションの撮り方を知っていることは明らかである。残念ながら、ストーリーテリングにほとんど意味や一貫性がないため、ペリーがより優れた構成と魅力的な素材で何ができるかは未知数だ。

 

私は風変わりなホラー・コメディが大好物なのですが、これはかなりキャスティングの良い映画だと思います。

彼のエネルギーが出演シーンに浸透しているので、スヌープをもう少し見たかったです(彼の台詞のほとんどは理解不能でしたが)。デイヴ・フランコはいつも素晴らしいし、ジェイミー・フォックスとの掛け合いも素晴らしい。

ジェイミー・フォックスもいい味出してました。

 

90年代のアクション映画が "古典 "とみなされるようになってから、もうずいぶん経つはずだ。『フロム・ダスク・ティル・ドーン』と並んで1996年に公開されてもおかしくないような、破天荒で楽しい作品だ...。

この映画のように、もっと多くのスタジオが新しいアクション映画にR18+レーティングを与えることを恐れず、アクションを11段階まで上げることができればと思う...。この映画は、前提を設定するのに時間をかけず、クリーチャー効果を高めるためにCGIをうまく利用している。

クレイジーなキャラクター、生活費を稼ごうとする善人、コメディ...。ただただ楽しい...。

 

観れるけどイマイチなジェイミー・フォックス アクション、ヴァンパイア・コメディ。フォックスはいつもとても見やすくて良い。デイヴ・フランコとスヌープ・ドッグが、コメディーの要素を高めている。落ち目のプール清掃員が、日中歩くヴァンパイアを退治する「デイ・シフト」に従事するというストーリーは、まあまあ。アクションと格闘は笑いを誘うが、見ていて楽しい。夕暮れから夜明けまで」、「怯える夜」、そしてバディ・コップ映画の要素をブレンドしている。暇つぶしにはなったが、それ以上ではない。

 

4.8 この作品は、スタントコーディネーター・俳優が監督したことを叫んでいるだけです。1990年の反転、回転、スピンの多さは、ただただ滑稽でした。もっと回せ、もっと回せ!」と叫ぶ監督の姿が目に浮かぶようです。でも、この映画がコメディに傾いていることを考えると、わざとそうしているのかもしれないし、監督が頑張りすぎていたのかもしれない。特にカメラワークがそうです。いくつかのFPVショットは...言ってみれば "野心的 "でした。

演出のセットが、なんというか、セットであることが分かってしまうようなものが多すぎました。

良い演技、良いストーリー。全体として、悪くもなく、良くもなく...控えめに言っても、面白かったです。

再映画化?酔った時にでも。

 

ホラー・コメディとしては悪くないが、名作として語り継がれることはないだろう。特にSnoop Dogを含む多くのジョークは、Jamie FoxxとJames Francoの「バディ」関係と同様に、予想できたものだった。でも、スティーブ・ハウイとスコット・アドキンスをもっと起用しなかったのは、映画製作者にとって大きなミスだった。彼らは、この映画で最も素晴らしい存在でありながら、ほとんどスクリーンタイムがありませんでした。この映画を避けることはできないが、大きな期待をすることもないだろう。

 

吸血鬼を追い詰めて牙の代金を得るという内容の映画に、スヌープ・ドッグが吹っ飛んでいくなんて、これ以上何を望むというのだろう。
私が評価するのは、1980年代の古いスタイルのアクション・コメディであり、多くの楽しみがあることだ。
J. J. Perryは、このヴァンパイアの神話を、CGIを使うのではなく、ほとんど現実的に行われたキックアスアクションシーンという創造的な芸術に取り入れることができた。
吸血鬼狩りでは、車を追いかけるスタントの上に武術の要素を多く持ってきて、以下のことを処理できれば、視覚的に魅力的なアクションを見ることができるようになった。
骨を折られ、首を切り落とされ、残虐な血しぶき。
最近の多くの映画は、私が望むような方法でコメディをやっていないのですが、これは何とかその場をしのぐことができました。
デイ・シフト」は、ターゲットとなる観客を正確に把握している映画で、Netflixで友人たちと一緒に見る価値がある。

 

いごっそう612
海外のレビューでは、絶賛は少なく、まずまずか酷評か?という感じでした。

 

「デイ・シフト」のような
Netflixオリジナル作品は
興味深い作品が盛りだくさんです。

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう