「アテナ」Netflix映画、あらすじ、ネタバレ、海外の評価とレビュー!
アテナ Netflix

Netflixオリジナル映画

アテナ

アテナ Netflix

アテナ Netflix

 

アテナ
原題:Athena は
2022年のフランス映画

ひとりの少年が殺害された悲しい事件をきっかけに、激しい戦いの舞台と化したアテナ団地を描いたロマン・ギャヴラス監督の悲劇の物語です。

 

2022年9月2日に公開になり
2022年9月23日に
Netflixオリジナル映画として配信開始

 

監督は
ロマン・ギャヴラス

キャスト

ダリ・ベンサーラ
サミ・スリマン
アントニー・バジョン
オウアシニ・エンバレク
アレクシ・マナンティ

等が出演しています。

いごっそう612

暴徒と警察の戦い!かなりの臨場感があって面白そうです。

 

ネタバレ禁には、目次をお使いください('ω')

あらすじ、ネタバレ

末弟が原因不明の状況で悲劇的な死を遂げてから数時間後 (警察の口論とされています)、3 人の兄弟の生活は混乱に陥っています。フランスの兵士アブデルは、家族がバラバラになっているのを見つけるために最前線から呼び戻されました。彼は、復讐を望む弟のカリムと、兄のモクタルの犯罪行為の間で板挟みになっています。

アブデルが緊張の高まりを静めようと奮闘しますが、状況はエスカレートしていきます。

彼らのコミュニティであるアテナは包囲され、家族だけでなく周囲の人々にとっても悲劇の現場となっています。

弟の死は、3 人の兄を中心に、アテナでの全面戦争に火をつけます。

アテナは家族の悲劇であり、政治的な作品、社会問題に迫るヒューマンドラマです。

海外の評価とレビュー!

海外での評価はどうなっているのでしょう?

Netflixオリジナル映画
「アテナ」の
海外の評価を
海外映画サイトIMDbで
調べてみました!

Athena (2022) - IMDb

Athena (2022) - IMDb

 

海外映画サイト
IMDbでは
2372人の投票があり

平均点が
10点満点で
6.9点という
まずまずの評価
なっています。

ユーザーの投票で
一番多いのは
7点です。

投票数585人で
全体の24.7%が
7点の評価をしています。

2番目に多いのは
8点です。
投票数321人で
全体の22.3%
が投票しています。

3番目が
6点
投票数87人で
全体の13.5%
が投票しています。

いごっそう612

けっこう評価は高い感じですね。
7点、8点の評価が多いことからまずまずの評価を受けていることがわかります。

 

海外のレビューも紹介します。

 

 

この映画のカメラワークは、唯一無二の体験です。今まで見た映画の中で、この映画のようなレベルに達したことはありませんでした。ある時は、一体どうしたらこんなに素晴らしいカメラワークができるのか、全く分からないと思うほどでした。また、同じ暴徒グループと一緒に走っているような感覚もあった。

なお、ストーリーはかなり暴力的である。だから、かなりひどい暴動シーンがあることは、本当に覚悟しておく必要がある。でも、血はほとんど出ませんのでご安心ください。

映画の最初の数分間は、何が原因でこのような暴動が起こったのか理解するのに苦労しました。その理由がわかるまで、かなり時間がかかった。これは、脚本家が意図的に時間をおいて、視聴者にこの情報を知らせたのだと思う。なぜか?だって、最初の数分はアクションだらけだったんだもの...。例えるなら、「Saving Private Ryan」の最初のシーンで、連合軍がノルマンディーに上陸するところ(オマハビーチ)が描かれているくらいです。

映画の中の状況は、フランスだけでなく、多くの国の今の状況とよく合っていると思います。問題は、主に移民の家族が住む貧しい街区が、自分たちの民族に対する暴力にどう反応するかということです。特に、それが警察によるものであればなおさらだ。この映画で描かれている状況は、たとえばジョージ・フロイドの殺害によって引き起こされたアメリカでの暴動と類似している。その結果、"Black Lives Matter "運動が盛り上がったのである。

この映画を見た後、私はこのような製作者にもっと会いたいと思うようになった。カメラワークの素晴らしさ、それ自体も体験できることを考慮し、星7.3つ(四捨五入して7つ)とさせていただきます。

 

『アテナ』(2022年フランス公開、99分)の冒頭、アルジェリア系の男が警察署で、13歳の弟が警察の暴虐行為によって死亡し、警察が犯人を捜査中であることを告げる。男は冷静さを求める。しかし、いつの間にか誰かが警察署に火炎瓶を投げ込み、警察署の略奪が始まる......。この時点で、映画開始から10分も経っていない。

エッジの効いたミュージックビデオで知られるフランス人監督ロマン・ガブロスの最新作。この作品では、警察の横暴を受けた郊外(パリのバンリューで撮影)の反乱というフィクションを描いている。フィクションとはいえ、もちろんあまりに身近に感じられる。注意:約10分に及ぶオープニング・シーンは非常に激しく、しかも1テイクで撮られている。実際、この映画では長回しが繰り返されている(正直、これらのショットのいくつかがどのようにして可能なのかさえ分からない)。この映画の緊張感は最初から伝わってきて、本当に止まらない。特に、フランス系アルジェリア人俳優ダリ・ベンサラ演じる主人公アブデルがいい味を出している。結論:この復讐劇は最初から最後まで私の心を掴んだ。しかし、強烈で派手な暴力描写が苦手な人は見ないほうがいい。

「Athena」は今月初め、ヴェネチア映画祭でプレミア上映され、好評を博した。今週末からNetflixで放映が始まった。金曜日のNew York Timesに掲載された好意的な記事を見た後、私はそれをチェックする必要がありました。嬉しい。もし、あなたがフランスのバンリューを舞台にした非常に激しい復讐劇を見たいのであれば、私はこの映画をチェックし、あなた自身の結論を出すことを勧める。

 

この映画はアドレナリン全開でしたが、同時にストーリーは非常に過酷で力強いものでした。この映画はアドレナリン全開の映画ですが、同時にストーリーは非常に厳しく、力強いものです。つまり、非常に素晴らしいアクションカメラ(私が今まで見た中で最高のものの一つ)のおかげで素晴らしいエンターテイメントがある一方で、非常に激しい暴動や騒動を感じ、耐えなければなりません(映画自体にはほとんど血が流れていませんが)。プロットは非常にシンプルですが、観客が頭を使って考える時間と機会を持てるように、少し謎めいたものでもあります。そして、最後には非常に深いメッセージがあり、それは正直なところ、ある意味、この映画のすべてに存在している。リアルで、過酷で、スペクタクルでありながら、深い意味を持つ。

 

この映画は、爆発的、挑発的、創造的、論争的な映画の素晴らしい要素を提示する、ホームシネマの傑作です。撮影は、フランス映画の偉大な御馳走であることを証明し、驚くべき撮影と素晴らしいカメラアングルを表示し、映画の生の側面は素晴らしいです。

また、多くのシーンで、政治的なメッセージが強く感じられます。要するに、この映画は、大都市や都市周辺部の貧しい人々のシンプルで悲しい現実を、多くの場所で実際に描いているのです。

全体として、この映画は、もしかしたら実話かもしれないという確かな論拠を提示しているように感じられます。そう、『アテナ』というタイトルに込められたテーマが、全編を通して賢明に表現されているのだ。それぞれのシーンの間に、貧しい地域や限界集落の社会的・経済的な状況が一貫して盛り込まれ、映画全体としてつながっているような気がします。

全体的な演技は本当に素晴らしい。主人公は、この映画で素晴らしい演技を披露しています。特に、登場人物全員の会話や関係性が、自然で現実的な印象を与えます。また、周囲の出来事との関係も説得力があります。

この映画の中のすべての架空の出来事は、世界中の多くの国の多くの人々が直面している社会問題や貧困問題のフランス語の比喩のようなものです。Netflixが制作した映画の中で、最高の社会派・政治派映画。この映画は、アカデミー賞の外国語映画賞にノミネートされるはずだ。ホームシネマの傑作だ。

いごっそう612

ちょっと観たくなりますね。

 

 

 

「アテナ」のようなNetflixオリジナル映画は
興味深い作品が盛りだくさんです。

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう