「オールドピープル」Netflix映画!海外の評価とレビュー!
オールドピープル

Netflixで配信される
このホラー映画に注目!

オールドピープル

オールドピープル

オールドピープル

 

オールドピープル
原題:Old People は
2022年のドイツ映画

 

あらすじ
妹の結婚式を間近に控えた女性は、2人の子供を連れて故郷へと向かう。その先に、冷酷な殺人鬼と化した老人たちとの命がけの戦いが待ち受けているとは夢にも思わずに。

 

 

Netflixオリジナル映画として
2022年10月7日配信開始

 

監督&脚本
アンディ・フェッチャー

製作は
ベンジャミン・マンツ

 

キャスト

メリカ・フォルタン
シュテファン・ルカ
アナ・ウンターバーガー
ビアンカ・ナヴラート
オットー・エミール・コッホ
マキシン・カシース
リヒャルト・マヌアルピライ
ジャンヌ・グルソー
パウル・ファスナハト
ゲーアハルト・ベース

等が出演しています。

いごっそう612

ドイツのホラー映画…これは怖そうです。
Old People…そのまんまの意味老人…
老人ホラーがやってきました。

 

海外の評価とレビュー!

海外での評価はどうなっているのでしょう?

Netflixオリジナル映画
「オールドピープル」の
海外の評価を
海外映画サイトIMDbで
調べてみました!

Old People (2022) - IMDb

Old People (2022) - IMDb

 

海外映画サイト
IMDbでは
847人の投票があり

平均点が
10点満点で
5.0点という
低い評価
なっています。

ユーザーの投票で
一番多いのは
6点です。

投票数161人で
全体の19.0%が
6点の評価をしています。

2番目に多いのは
5点です。
投票数147人で
全体の17.4%
が投票しています。

3番目が
7点
投票数104人で
全体の12.3%
が投票しています。

いごっそう612

5~7点に評価が集中していることから
この映画に対してイマイチ~まあまあと思っている人が多いようです。

 

海外のレビューも紹介します。
(ネタバレも含んでいます)

老いとは怖いものだ。認知症で心を失い、腐敗で体を失い、高齢者向けの住居に落ち着くことで家や財産を失い、友人が死に、子どもに捨てられることで社会生活をも失う。

アンディ・フェッチャーはこのことを意識しているようだ。映画中、登場人物たちは少なくとも、施設に入った老人が家族から見捨てられることにリップサービスをしているのだから。脚本は、ティル・シュワイガーの流れを汲む当時のドイツの主流家族映画70%と、高齢者が歩く死体として登場するお決まりのゾンビ映画30%というものだ。

一貫したトーン、独創的な殺し方、血みどろの描写、老人たちの反乱に対する明確なルールがないため、ホラー映画として成立していない。ゾンビ映画の決まり文句は風刺の効いた程度に使われ、音響デザイナーもそれを意識しているようで、老人たちにオーバーダビングされた幽霊の遠吠えや怪しげなうなり声は、意図的にコメディの境界線を越えているように見える。

心温まる家族映画としては、葛藤や喜怒哀楽、そして立体的なキャラクターが不足しているため、うまくいかない。主人公の4人家族は、とんでもなく脚本不足だ。セピア色の家族の結婚式を中心にした長ったらしい設定は、家族に目標や欠点、ましてやアークを与えることができず、終始家族の交流に焦点を当てたこの映画の最大の弱点である。

愛と音楽の力がその日を救うという馬鹿げたフィナーレは、映画館を爆笑の渦に巻き込み、この映画で最も楽しい瞬間となった。また、撮影や照明、セットや衣装のデザインも良く、シンセを多用した音楽は、重厚ではあるものの、優れたゾンビ映画にはそぐわないものだろう。オールド・ピープル』が映画として完全に失敗しているのは、その脚本にある。

脚本と監督を担当したアンディ・フェッチャーは、この映画の構想について、老婆がローラー台に乗って歩くのを見たとき、その動きがアンデッドの動きと似ている、と語っている。その動きはまるでゾンビのようだった。

 

ダジャレではありませんし、その言葉を口にすることもありません。この作品は、かなり陰惨なシーンから始まり、さらに残酷な展開になります。そう、これもダジャレです。年寄りの社会は、控えめに言ってもかなりひどい。監督は街に出て、なんとなくその辺を観察していたようです。孤独を見たのか、そう見えたのか。

映画の中では、本当に悩みや問題が統合されています。私が観た映画祭では、演技に問題がある人が多かったと思う。私はこの作品のほとんどを気に入っています。愛と永遠かどうかについてのシーンのように、陳腐なシーンがあるのは事実です。もちろん、これは老化のテーマでもあるのですが、もっとうまく処理することができたはずです。

この作品は、私たちの社会が抱えている問題を指摘しています。

 

意外にもこれはかなり良いホラー・スラッシュ・スリラー映画でした。もう少し高い評価に値すると思います。その点では、楽しい映画でした。確かにかなり暴力的でグロいですが、ホラー系の映画にはそれを期待するのは当然です。また、このような老人を殺人に走らせたのは、基本的に誰かが世話をしてくれるという希望を失ってしまったからだと考えると、かなり悲しい映画でした。演技はまずまずで、特に娘の演技はとても勇敢でした。演出はうまくいっていますが、脚本に改善すべき点があるのは確かです。それ以外は、Nextflixのホラー映画としては悪くない。

 

ダジャレではありませんし、その言葉を口にすることもありません。この作品は、かなり陰惨なシーンから始まり、さらに残酷な展開になります。そう、これもダジャレです。年寄りの社会は、控えめに言ってもかなりひどい。監督は街に出て、なんとなくその辺を観察していたようです。老人がいかに孤独か、あるいは孤独に見えるか。

映画の中では、本当に悩みや問題が統合されています。私が観た映画祭では、演技に問題がある人が多かったと思う。私はこの作品のほとんどを気に入っています。愛と永遠かどうかについてのシーンのように、陳腐なシーンがあるのは事実です。もちろん、これは老化のテーマでもあるのですが、もっとうまく処理できたはずです。

この作品は、私たちの社会が抱えている問題を指摘しています。

 

一般的には悪くないと思う。憎しみは理解できない。家族、愛、人間性についての緊張感がたくさんある。特に最初のほうは、母親の表情がおかしくなっている。父親は信じられないほど世間知らずで、年寄りたちに分別を持って接しようとするが、それはどこか信じられないほど愚かだ。看護婦がもう1つの緊張感を生み出し、より観やすい作品になっている。

そして、もうひとつの決まり文句があります。喘息の少年で、吸入器がなくなると起こるのです。

ゾンビの動きではありません。ゾンビを単純に老人に置き換えてはいけない。ゾンビは策を練らないが老人は策を練る。ゾンビは昼間に歩かないが老人は歩いてる。

そして、音楽には不思議な癒しの力がある。また、音楽には不思議な癒しの力があります。そう、犯人はあなたの歌を聴いただけなのです。論理的でなく、それがこの映画の最悪の部分です。

この映画は悪くない。大きな視点で見れば、高齢化社会、安楽死の必要性、老後と人生など、現在進行中のいくつかの問題を考察しようとしているのである。

 

 

「オールドピープル」と同じく
老人スリラー・ホラーは興味深い作品が盛りだくさんです。

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう