「プレデター:ザ・プレイ」あらすじ、ネタバレ、海外の評価とレビュー!
プレデター:ザ・プレイ

ネタバレ禁には、目次をお使いください('ω')

プレデターシリーズ前日譚登場

プレデター:ザ・プレイ

プレデター:ザ・プレイ

プレデター:ザ・プレイ

 

プレデター:ザ・プレイ
原題:prey は
2022年のアメリカ映画

1719年の北アメリカの北大平原を舞台にネイティブ・アメリカンとプレデターの戦いを描いたSFアクション・ホラーです。

 

 

2022年8月5日
Disney+(ディズニープラス)で独占配信開始

監督は
ダン・トラクテンバーグ

脚本は
パトリック・アイソン

 

キャスト

プレデターから部族を守る若いコマンチ族の戦士ナル役
アンバー・ミッドサンダー

ナルの弟で腕利きのハンターであるタアベ役
ダコタ・ビーバーズ

ナルとタアベの母、アルカ役
ミシェル・スラッシュ

ケヘトゥ酋長役
ジュリアン・ブラック・アンテロープ

ナルを見下すコマンチ族の猟師ワサペ役
ストーミー・キップ

等が出演しています。

いごっそう612

Disney+ (ディズニープラス)で観ました。これプレデターやんって感じの懐かしさのある映画ですね。
ただ…無敵感は無くなったなあ‥。

 

あらすじ、ネタバレ

舞台は300 年前のアメリカ。主人公はネイティブ・アメリカン最強の部族の女性ナル。荒野のハンターたちと共に育ち、自身も戦士である彼女に目に見えぬ危機が迫る。しかし部族は“何”に勝利しなくてはならないのか?[生きるために狩りをする人類]vs[狩りをするために生きるプレデター]。狩るか狩られるか、種族と技術の壁を越え、戦士の誇りをかけた“最初の戦い”が始まる。

大切な仲間を守るために立ち上がる勇敢なナルの決意と、人類が出会った事のない未知の敵との死闘。これまで語られることのなかった、人類とプレデターとの戦いの物語が明らかとなる。

海外の評価とレビュー

海外での評価はどうなっているのでしょう?

Disney+(ディズニープラス)独占映画
「プレデター:ザ・プレイ」の
海外の評価
海外映画サイトIMDbで
調べてみました!

Prey (2022) - IMDb

Prey (2022) - IMDb

 

海外映画サイト
IMDbでは
162126人の投票があり

平均点が
10点満点で
7.2点という
まずまずの評価
なっています。

ユーザーの投票で
一番多いのは
7点です。

投票数47001人で
全体の29.0%が
7点の評価をしています。

2番目に多いのは
8点です。
投票数43655人で
全体の26.9%
が投票しています。

3番目が
6点
投票数20417人で
全体の12.6%
が投票しています。

いごっそう612

7.8点に評価が集中していることからまずまずの評価を受けていることがわかります。

 

海外のレビューも紹介します。

告白しよう。私はVHSのおかげで初代「プレデター」を何度も観たが、その後、続編を一度も観なかった男である。私の中では、「プレデター」=ジャングルとボディバターなのです。だから、この映画に対する私の認識には限界があることは十分承知している。とはいえ、この映画には圧倒されました。ナルとその弟(犬は言うに及ばず)については、オリジナルの誰よりも気になりました。映画館は息をのむほど素晴らしく、キャラクターは魅力的で、現代のフランチャイズを異なる歴史的/文化的文脈に持ち込むとどうなるかを見るのが好きなんだ。さらに、コールバックが楽しい。誰もこの映画にオスカーを与えないだろうが、私はマントや下手な演出のアクションシーンがあるほとんどの映画よりも、このような物語を観たいのだ。私は一瞬で吸い込まれ、アンバー・ミッドサンダーは上映時間中、完全に私を魅了しました。このような映画がまだ私を驚かせることができると知ってうれしいですし、もちろん立ち上がって応援することもできます。

 

このフランチャイズの生涯のファンとして、私は偏見を抱いていることは認めざるを得ない。革命的で古典的な第1作目以来、フォックスとハリウッドは4つの続編を作り、そのすべてを私は十分に楽しみましたし、今でも批評しています。完璧な続編はまだ作られていないし、これからも作られないかもしれませんが、この新作は第1作に最も近い効果的な荒野の雰囲気とサスペンスを持っていると言えますし、それは大きな賞賛に値するものです。

予告編を見た限りでは、いくつかの点で懐疑的でしたが、最終的な作品を見て、フレッドと獲物のミスマッチの論理の穴はともかく、この映画は非常によく実行されていると言えます。設定は驚異的で、全体の完成度を高めています。ダン・トラクテンバーグは『10クローバーフィールド・レーン』で見せたような細部への鋭い観察眼を今回も発揮している。衣装デザインは、全く異なるタイムフレームを見事に捉えており、また、より先史時代の新しいプレデターが登場し、視覚的に最もクールな作品に仕上がっているかもしれない。音楽とサウンドは鮮明で力強く、多くのものを与えてくれる。演技は素っ気ないが、ストーリー上、文脈上、そうでなければならないのだろう。

映画館で見るべき作品なのに、ストリーミングで見るしかなかったのは残念だ。風景は素晴らしい。しかし、基本に忠実な設定とサスペンスという点では、原点回帰と言えるかもしれない。プレデターファン、アクションファンには嬉しい続編だ。

 

「Prey」は、新鮮な新しいストーリーを見事に作り上げたと思います。正直なところ、予言者の続編やスピンオフは金目当てのように感じられてきた。しかし、この作品には、いくつものストーリーラインを巧みに織り交ぜた、魅力的なストーリーがある。

アンバー・ミッドサンダーは、自分の持ち味を十二分に発揮し、ペースを保っている。そして、この映画は、歴史的な背景を最大限に活用した素晴らしい作品だ。

私は大賛成だ。

 

初代以来のベスト1だった。私に近いものでもない。シェーン・ブラックが確か2018年に「リブート」をやったとき、期待していたのですが。私は失望した。これはフランチャイズを基本に戻したもので、それは良い考えだったと思います ローグ・ワンがスター・ウォーズにもたらしたものが好きなら、この物語はあなたの心に響くことでしょう。私は撮影が好きでした。とても美しかった。演技もとてもよかったです。主演の俳優があまり有名でないことは気にしないでください。正直なところ、あまり期待していなかったんです。プレデター」以降の続編は期待外れだった。予告編に惹かれて観たのですが、1時間40分という長丁場。1時間40分という時間は短すぎず、長すぎず。完璧な上映時間でした。

 

1719年、北の大平原。コマンチ族の若き女性ナル(アンバー・ミッドサンダー)は、ヒーラーの訓練を受けながら、兄タベ(ダコタ・ビーバーズ)のようにハンターになることを志しています。ナルは空から "雷鳥 "と思われる鳥を見たとき、これは自分がハンターであることを証明する準備ができているサインだと考える。そして、兄が率いるマウンテンライオンを倒すためのグループに参加したナルは、やがてこれまで遭遇したことのないような危険な生物に出くわす。

『Prey』は、ディズニーがフォックスを買収してから初めて製作・公開されたプレデター映画であり、2018年の『The Predator』の不振以来となるシリーズ作品となる。本作は、監督のダン・トラクテンバーグと脚本家のパトリック・アイソンが、『プレイ』となる最初のコンセプトをシリーズプロデューサーのジョン・デイビスに持ちかけ、『スカルズ』というワーキングタイトルで開発が始まりました。トラクテンバーグは、2016年の『10 クローバーフィールド・レーン』でブレイクした後、長編映画の監督をしておらず、彼が関わってきた多くのプロジェクトは、彼抜きで進むか、トラクテンバーグの大部分がテレビで放送されているためにキャンセルされるかのいずれかである。Prey』は、トラクテンバーグにとって歓迎すべき復帰作であると同時に、『プレデター』フランチャイズにとっても、おそらく第1作目以来最高の作品となっている。

前作『プレデター』や『プレデター2』が、コマンドーや警官といった既成の映画の定番を、エイリアンのトロフィーハンターを登場させることで覆したように、『プレイ』では、『プレデター』から独立して独自の映画を容易に維持できたであろうコマンチ族のキャラクターが、前作や第2作のキャラクターと同じように、既存のモンスターと魅力的に融合されているのだ。アンバー・ミッドサンダーが主人公のナルを演じているが、彼女は戦闘シーンで実力を発揮する一方で、非常に青臭いので、このような小競り合いから予想される不器用さを含む戦闘シーンに荒っぽさを売り込むのに役立っている。他の俳優もしっかりした演技で、『プレデター2』のエンディングを思わせる第3幕のシークエンスなど、この映画では楽しくて非常に残酷なシーンを演出している。プレデターのデザインは、私たちが慣れ親しんでいるヘルメットよりも頭蓋骨に似た粗雑なバージョンを特徴とする実にユニークなもので、文脈の中で効果を発揮している。また、この映画の共同主役であるサリイという犬のキャラクターは、人間の俳優から期待されるようなキャラクターである。

プレイ』はそれ自体が堅実なジャンル作品だが、2018年の『ザ・プレデター』の混乱で脱線した『プレデター』シリーズを再び軌道に乗せた作品でもある。アンバー・ミッドサンダーはナル役で素晴らしい主演を務め、アクションとスペクタクルも実現されている。第3幕は少し長く、もしかしたらスリム化できたかもしれないが、それを除けばこれは素晴らしいエンタテインメントである。

 

いごっそう612

なかなか良い評価をされていますね。

 

「プレデター:ザ・プレイ」のような
SFアクション映画は
興味深い作品が盛りだくさんです。

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう