「聖なる証」Netflix実話映画、海外の評価とレビュー!
聖なる証

ネタバレ禁には、目次をお使いください('ω')

19世紀に実際に起きた
4カ月食事を取らない“奇跡の少女”

実話を基にした
エマ・ドノヒューの小説を映画化した
サイコスリラー

聖なる証

聖なる証

聖なる証

 

聖なる証
原題:The Wonder
2022年アメリカ映画

時は1862年。過去の悲しみにとらわれた英国人看護師が、ある調査でアイルランドの人里離れた村へ。そこには、一切食事をしていないはずなのに奇跡的に生き続けている少女がいた…聖女?それとも不吉な動機があるのか?

 

 

Netflixオリジナル映画として
2022年11月16日配信開始

 

2022年9月2日にテルライド映画祭でプレミア上映され、続いて2022年9 月13日に2022トロント国際映画祭で上映されました。

2022年 11月2日の限定劇場公開に続き、2022年11月16日にNetflixで公開となっています。

 

監督は
スティアン・レリオ

 

キャスト

リブ・ライト役
フローレンス・ピュー

聖なる証

聖なる証

 

ウィリアム・バーン役
トム・バーク

アンナ・オドネル役
キラ・ロード・キャシディ

ロザリーン・オドネル役
エレイン・キャシディ

マラキー・オドネル役
カオラン・バーン

キティ役
ナイアム・アルガー

マクブレアティ博士役
トビー・ジョーンズ

サデウス神父役
キアラン・ハインズ

オトウェイ卿役
ダーモット・クロウリー

ジョン・フリン役
ブライアン・F・オバーン

ショーン・ライアン役
デヴィッド・ウィルモット

シスター・ライアン役
ジョシー・ウォーカー

マジシャンの助手役
デビー・マギー

いごっそう612

実話を基にした映画…フローレンス・ピュー出てるし観るべきですね。

 

あらすじ

1862年、アイルランド中南部--食べることをやめた少女が、奇跡的に元気で生きていた。イギリス人看護師リブ・ライトは、11歳のアンナ・オドネルを観察するため、小さな村に連れてこられる。何カ月も食べずに生き抜いたと言われる少女を目撃しようと、観光客や巡礼者たちが押し寄せる。村には「天からのマナで生きている」聖女がいるのか、それとももっと不吉な動機があるのか?

海外の評価とレビュー!

海外での評価はどうなっているのでしょう?

Netflix映画
「聖なる証」の
海外の評価を
海外映画サイトIMDbで
調べてみました!

The Wonder (2022) - IMDb

The Wonder (2022) - IMDb

 

海外映画サイト
IMDbでは
992人の投票があり

平均点が
10点満点で
6.9点という
微妙な評価に
なっています。

ユーザーの投票で
一番多いのは
7点です。

投票数282人で
全体の28.4%が
7点の評価をしています。

次いで多いのが
8点です。
投票数196人で
全体の19.8%

3番目は
6点です。
投票数156人で
全体の15.7%

6点~8点が全体の
63.9%を占めていることから
Netflix映画「聖なる証」は
まあまあ~良いという評価を
受けているようです。

ちなみに辛口映画サイトRotten Tomatoesでは、94件の批評家のレビューの85%が肯定的で、平均評価は 7.3/10です。ウェブサイトのコンセンサスは、「雰囲気は魅力的で、ストーリーは魅力的ですが、この時代劇の素晴らしさは、フローレンス・ピューの驚くべきパフォーマンスにあります」と書かれています。

一般の評価は50人以下のレビューに基づいて100点満点中69点という評価、平均評価は 3.8/5で「一般的に好意的なレビュー」であることを示しています。

いごっそう612

そこそこ海外では評価されているようです。

 

海外のレビューも紹介します。

 

まず、オープニングのタイトルクレジットが太字(フォントではありません)でしたが、再生ボタンを押すとすぐに意味がわかります...そして、このアイデアもとても気に入りました...!

これは、ご存知の方も多いと思いますが、じわじわとくる、でもとても面白い作品です。新しい創意工夫を凝らしたストーリーやプロットに出会えるのは素晴らしいことです。何を考え、どこに行き着くのか、全く分からない、それが脚本、演出、編集の醍醐味でした...。看護婦のライトは、医療上の理由から11歳の少女を「監視」するために雇われ、アイルランドの小さな町にやってきた...。修道女と一緒に8時間交代で働くが、1860年という時代背景もあり、科学と宗教は全く別物でありながら、密接に結びついている。

演技とゆっくりとしたストーリー展開に引き込まれ、第三幕の結末と結末を想像しながら脳をフル回転させる...。時代劇、ドラマ、スリラー系のイベントが好きなら、この作品にはあまり知らずに入るのがいいだろう。

今年のベスト・オブ・ザ・イヤーに選ばれるかもしれませんね...。特にオリジナリティの点では。

 

フローレンス・ピューはイギリス人の看護師リブ・ライトに扮し、しばらく食べていない少女を看護するためにアイルランドに渡ります。少なくとも彼女はそう思っている。到着後、彼女は尼僧(ジョシー・ウォーカー)と共に看護をするのではなく、少女「アンナ」(キーラ・ロード・キャシディ)がどうなるかをじっと見守ることになることを理事会から知る。これはすべて詐欺なのか、それとも、この少女が栄養失調でも一口水を飲むだけで生き延びられるようにするための、神の介入なのか。トム・バーク演じる懐疑的なジャーナリスト、ウィルは、ロンドンに移住してきた地元出身者だが、いまだに悪魔のようなものを抱えている。ウィルと看護師は、当初は意見の相違があったものの、すぐに打ち解け、看護師は何が起こっているのかを突き止めるために奔走する。ピューはこの作品で実に効果的に、思いやりがあって共感しやすい、しかし決して騙されやすいということのない人物像を表現している。物語は緩やかに進行し、正直なところ、私は結末に少し信憑性と物足りなさを感じたが、彼女と若きキャシディがこの作品を実にうまく運んでいる。セリフは少なく、美しい風景が、反英感情や宗教的迷信に支配されたままのアイルランドの描写によく役立っている。

 

セバスチャン・レリオイス監督の『THE WONDER』は、1800年代のアイルランド中部を舞台に、科学と宗教の関係を興味深く描いた作品である。物語は、イギリス人看護師リブ・ライト(フランシス・ピュー)が、ある小さな村に、食事をしなくなったが不可解なほど元気な11歳の少女アンナ・オドネル(キラ・ロード・キャシディ)の事件を調査するために連れてこられるところから始まる。

アンナの病状が広まるにつれ、奇跡を目撃しようと観光客や巡礼者たちが村に集まり始める。しかしリブは、アンナの話には裏があるのではないかと疑い始め、信仰の力を信じる人々と科学に信頼を置く人々の戦いに巻き込まれていく。

リブ役のフローレンス・ピューは、決意と弱さの両方をキャラクターに吹き込んでおり、素晴らしい演技を見せている。キャシディとのシーンは特に印象的で、2人の女優が完璧な演技を披露している。撮影は美しく、この映画のテーマの探求は示唆に富んでいる。脚本は知的でよく書けており、映画全体の雰囲気は驚くほど効果的である。

この作品は、信じることの力、そしてそれが時に自己破壊の道へと私たちを導いてしまうことを描いたスローバーンな映画であり、最後の最後まで想像力をかき立て、クレジットが回り終わった後も多くのことを語り合ってくれること間違いなしです。

 

忍耐強い人、時代劇やドラマ、心理描写のある映画が好きな人には、とても面白い作品だと思う。この映画は決して速いテンポではないが、神の糧だけで(つまり実際に食べ物を食べずに)生きていけるはずの子供が衰弱していく、というテーマに合っている。奇跡なのか、それ以上のものがあるのか?

この映画は、信じられないほどよく練られた脚本と内容になっています。映画の中で展開されるトピックは、とても魅力的でオリジナルなものです。この映画は、他の映画でも扱ったことのあるテーマを、このような小説のような形で取り上げたという意味で、特別な映画だと思う。ありえない、あるいは信じがたい要素も、良い物語になるのだから、それほどニュアンスは変わらない。スローテンポであることが、私がこの映画を大衆向けではなく、アーテイスト向けと考える理由の一つである。スローなテンポが、テーマや出来事のいくつかがいかに苦しく、辛いものであるかを強調している。

ただ一つ気になったのは、第四の壁が壊される短い部分がいくつかあることです。私見ですが、これは明確な機能を持たず、本当に没頭する能力を低下させるだけでした。特に、19世紀のアイルランドを描いた映画なのですから、そのことにこだわってほしかったと思います。私は第四の壁の崩壊を気にしないのですが、この作品では、最初の1時間、その目的が何なのか疑問を持ち続けました。この作品は、アイルランドで大飢饉が問題となった時期が舞台となっています。ナレーターは必要なかった。コメディでもない。プロットの理解を深めるものではなかった。映画を見終わった後でも、その奇妙な選択には理解も納得もできない。

それ以外は、特に主人公の演技がとても良い(断食中の少女を見守ることになる看護婦をフローレンス・ピューが演じている)。例えば、断食少女の両親は、動機は不明だが、終始ほとんど何も語らず、少し器用貧乏に見える。風景やカメラワークは、この映画のほとんどの側面と同じように、プロフェッショナルによくできていて、見るのが楽しく、プロットに合っている。

つまり、いくつかの欠点はあるが、見る価値は大いにあり、適切な視聴者は「The Wonder」に非常に感銘を受けると想像される。

 

最初は6点か7点をつけようと思った。しかし、もう少し考えてみると、この作品が伝えるメッセージと結末は、単なるフィクションではないと思うようになった。

信仰は人生に安堵感を与え、この世の生活よりも良いものを常に目指して揺るがないものであること。人生で支払った代償は、決して無駄ではないということ。信仰を持てば、永遠のエデンの園で報われる。

創世記では、アダムとエバがエデンにいるために、知識からの解放という代償がありましたが。私たちの人生の中で、誰もが知識の高い代価、つまりエデンから追い出されることを喜んで受け入れるわけではありません。この映画のストーリーを思い出すかどうかはあなた次第ですが、この映画以外のストーリーがどのように生まれたかも考えてみてください。

 

いごっそう612

けっこう良いレビューが多かった気がします。

 

「聖なる証」のような実話を基にした
Netflixオリジナル映画は
興味深い作品が盛りだくさんです。

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう