「スランバーランド」Netflix映画、あらすじ、海外の評価とレビュー!
スランバーランド

ネタバレ禁には、目次をお使いください('ω')

「アクアマン」「DUNE デューン 砂の惑星」のジェイソン・モモア演じる夢の世界の案内人が、孤独な少女とともに大冒険を繰り広げる姿を描いたファンタジーアドベンチャーがNetflixで配信開始!

スランバーランド

スランバーランド

スランバーランド

 

スランバーランド
原題:Slumberland は
2022年アメリカの
ファンタジー・アドベンチャー映画

ウィンザー・マッケイによるコミック・ストリップ、リトル・ニモ・イン・スランバーランドを原作に実写映画化したものです。

 

 

Netflixオリジナル映画として
2022年11月18日配信開始

 

監督は
『ハンガー・ゲーム 』シリーズの
フランシス・ローレンス

 

キャスト

ジェイソン・モモア
マーロウ・バークリー
クリス・オダウド
カイル・チャンドラー
ウェルチェ・オピア
インディア・ド・ボーフォート
ハンバーリー・ゴンザレス

等が出演しています。

いごっそう612

たまにはこういうファンタジー・アドベンチャーも良いですよ。

あらすじ

11歳の少女ニモは、小さな島の灯台で大好きな父親と一緒に幸せに暮らしていたが、父親が海で遭難して帰らぬ人となってしまう。落ち込むニモは、気の合わない叔父との新しい生活や学校になじめず、孤独を深めていく。そんな彼女の前に、大きなシルクハットを被り、ツノを生やした奇妙な男が現れる。男はフリップという名で、ニモが生まれる前の父のことを知っていた。なんでも願いがかなうという宝を探しに、ニモを夢の世界スランバーランドへといざなうフリップ。大好きな父親との再会を願うニモは、フリップとともに幻想的な世界で冒険を繰り広げる。

海外の評価とレビュー!

 

海外での評価はどうなっているのでしょう?

Netflix映画
「スランバーランド」の
海外の評価を
海外映画サイトIMDbで
調べてみました!

Slumberland (2022) - IMDb

Slumberland (2022) - IMDb

 

海外映画サイト
IMDbでは
1726人の投票があり

平均点が
10点満点で
6.5点という
まずまずの評価に
なっています。

ユーザーの投票で
一番多いのは
7点です。

投票数385人で
全体の22.3%が
7点の評価をしています。

次いで多いのが
10点満点です。
投票数316人で
全体の18.3%

3番目は
8点です。
投票数304人で
全体の17.6%

全体を観てみると6点以上が
多いことから
観て損はない映画と言うことがわかります。

 

辛口海外レビューサイトRotten Tomatoes では、34 人の批評家のレビューのうち 35% が肯定的で、平均評価は 5.1/10 です。観客の評価は86/100で、4.4/5点となっています。ウェブサイトのコンセンサスには、「ウィンザー・マッケイの古典的なニモのコミックは、適切な映画製作者にとって肥沃な土地ですが、スランバーランドは無意味なスペクタクルを支持してストリップの精神を捨てています.

いごっそう612

一般人ウケはするけ、批評家たちにはウケが悪い感じですね。

 

海外のレビューも紹介します。

これは私の最初のロデオでもなければ、最初の映画批評でもない。だから、率直に言おう。私は、ディズニーが最も成功したフランチャイズの1つを再興(!)しようとした「魔法にかけられて2」を見た直後に、「スランバーランド」を見た。魔法にかけられて2の時は、あまりに退屈だったので、この映画がオリジナルの基準を満たすどころか、それを改善することもできなかった点をすべてリストアップし始め、ついにあきらめたほどだった。一方、「スランバーランド」は、シンプルなストーリー、よくできたストーリー、そしてクールなCGIで、最初から私を惹きつけました。この映画は、私にとって効果的でした。鑑賞後、主要な批評を読んでみて、驚いたことに、主要な批評家は「スランバーランド」に感情移入が足りないと感じていることがわかった。父親を亡くした11歳の子供の物語が感情移入できないほど、私たちの世界はいつからこんなにシニカルで希望に欠けるようになったのだろう?もし可能なら、謎解きをしてみてください。堅実な映画で、よくできている。お薦めです。

 

私はこの映画が大好きです。映像が美しく、キャスティングも素晴らしく、ストーリーも感情的な深みがあり、単なるファンタジー映画ではなく、特別なものに仕上がっていました。

ニモ役のマーロウ・バークレーは素晴らしかった。彼女は大スターになると思います。そして、フリップ役のジェイソン・モモアは圧巻でした。おバカで楽しくてハートウォーミングな演技を見ることができて本当によかった。彼のタフな役柄から一変しましたね。この2人が大好きで、泣けました。脇役もみんな良かった。すべての関係者に10点満点。

優れたストーリーテリングとファンタジーのファンに、この映画を勧めたい。時代を超えた真の名作。

 

そう、これは良い家族映画なのだ。生き生きとしていて、複雑すぎることもない。

ただ、この映画のクレジットの中に、この映画の基礎となる多くの部分が存在しなかったウィンザー・マッケイの名前がないのは、ちょっといただけない。マッケイの漫画『LIttle Nemo in Slumberland』を通して表現された驚くべき想像力は、この映画の構成要素のほとんどを含んでいたが、探索の部分はちょっと弱く、映画を前進させるものではなかった。この映画を本当に特別なものにしているのは、マッケイのグラフィックから生まれた街や幻想的な風景、スランバーランドの夢のような側面なのだ。しかし、クレジットがないと、まるで死体が奪われたような気分になってしまう。

これ以上のコメントやレビューには値しない。プロデューサーとディレクターは恥を知るべきだ。

 

素晴らしい映画素晴らしい俳優素晴らしいグラフィック 見る価値がある!!魔法の映画で、子供に戻ったような気分になる。この前見た映画の中で一番良かったし、この映画を見たら後悔しないと信じています。そして、この女の子はとても良い女優で、彼女は間違いなく将来があります!もちろん、ジェイソン・モモアは完璧です。そしてもちろんJason Momoaはいつも通り完璧でした。このような映画を私たちは望んでいます!!この調子で、良い仕事を続けてください。というわけで、何を期待しているかというと、自分で行って見てみれば、私が正しいことがわかるはずです。

 

ニモ(マーロウ・バークレー)は、海上の灯台で父(カイル・チャンドラー)と暮らす少女で、父は無法者の相棒フリップとの冒険譚を聞かせてくれる。ニモの父親は遭難した船を助けた後、海で行方不明になる。ニモは疎遠だった叔父のフィリップ(クリス・オダウド)に預けられるが、彼は一匹狼でニモの親としてどうすればいいかわからないでいる。ニモの父の灯台の夢の中で、彼女は実際に彼女の父の物語からフリップ(ジェイソン-モモア)である太った早口サテュロス詐欺師に遭遇します。フリップは、彼女の父親はどんな願いも叶える力を持つ悪夢の海内の魔法の真珠の場所を伝えるスランバーランド、すべての夢が存在する土地の地図を持っていたことをニモに伝えます。ニモは父親の地図を頼りに、生きているブタのぬいぐるみとフリップと共に、他の人々の夢の中を旅して真珠を探し、父親と再会しますが、ニモの恐怖心に基づきニモを狩るナイトメアとスランバーランドの潜在意識活動局(BOSA)のグリーン捜査官が彼らの前に立ちふさがるのです。

2020年3月に発表された、プロデューサーPeter Cherninと監督Francis LawrenceによるSlumberlandは、Netflixの最新の偶発的なリリースである。20世紀初頭のウィンザー・マッケイの新聞コミック「リトル・ニモ」をゆるやかにベースにしたこの作品は、マッケイ自身がキャラクターを主人公にした短編アニメを多数制作し、演劇やオペラに翻案、1984年には無名の非公認映画化、そしておそらく最も注目すべきは1989年の日米合作のアニメ映画「リトル・ニモ」の翻案であろう。この作品は10年という長い製作期間を経て、経済的には大失敗に終わったが、最終的にはカルト的な人気を博した。ローレンスはインタビューで、『アイ・アム・レジェンド』、『ハンガー・ゲーム』、『レッド・スパロー』といった重苦しい作品に携わったことで、もっと明るく楽観的な作品に挑戦したくなり、次のプロジェクトに『スランバーランド』を選んだと語っている。デイヴィッド・ギオンとマイケル・ハンデルマンは、「Dinner for Schmucks」や「Night at the Museum」で有名な監督です。脚本は『ディナー・フォー・シュマックス』や『ナイト・アット・ザ・ミュージアム/シークレット・オブ・ザ・トゥーム』で知られるデヴィッド・ギオンとマイケル・ハンデルマンで、映画は非常によく知られた分野をカバーしているが、私としては十分うまくいっていると思う。

スランバーランド」の核となるのは、ニモとフリップが父親の地図を頼りに、他の人々が繰り返し見るさまざまな夢の中を旅する宝探しの物語です。「スランバーランド」の夢には、世界の秩序を保つためにBOSAが使う隠し扉があります。コミックや1989年の映画で登場した象徴的な「歩くベッド」などが再登場するが、ほとんどの夢はオリジナルで、蝶でできたダンサーがいるボールルームやガラスの街などは、特によく描かれたセットピースだ。カナダの荒野に巨大なガチョウがいるだけのセットや、大きなバスルームだけのセットは特に印象に残らず、70年代以降に作られたBOSAは気まぐれというより奇抜で、夢は少し物足りないかもしれない。また、ナイトメアのデザインも、どことなくイカの形をした煙のようなもので、あまり好きではありませんでした。

キャラクターや演技については、かなり良くできていると思う。マーロウ・バークリーはニモをうまく演じていると思うし、彼女は夢が跳ね返る相手として、しっかりとした観客の代理人になっている。ニモの叔父であるピーター役のクリス・オダウドもとてもいい味を出していて、長い間孤独だった彼がニモの親になることに苦労しているのが伝わってきますね。しかし、フリップ役のジェイソン・モモアが出演するすべてのシーンで、彼のコミカルな一面を大いに発揮している。何年も不気味なピエロ映画が続き、2010年代初頭にはカロライナで奇妙なピエロの目撃談があった(覚えているかい)。モモアは、ビートルジュースの脅威の少ないバージョンのようなもので、「ワナビー」な颯爽とした女性のような雰囲気と、彼の大胆な衝動性が相まって、一緒に冒険するのが楽しくなるフリップを演じて、絶対的な爆笑をとっています。

スランバーランド」は、コンセプトの全開は無理でも、かなり盛り上がる冒険ができる、心地よい時間潰しの家族向け映画だ。全体的に2時間を過ごすには適切な方法である。

 

「スランバーランド」のような
Netflix映画は興味深い作品が
盛りだくさんです。

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう