「我が名はヴェンデッタ」レオン?Netflix、海外の評価とレビュー!
我が名はヴェンデッタ

我が名はヴェンデッタ

我が名はヴェンデッタ

我が名はヴェンデッタ

 

我が名はヴェンデッタ
原題:Il mio nome e vendetta は
2022年のイタリア映画

自らの過去にまつわる因縁の敵に、妻と義理の兄を殺された元マフィアの男。娘を連れて逃げ込んだミラノの街で身をひそめながらも、復讐を心に誓うというイタリア映画です。

 

 

Netflix映画として
2022年11月30日から配信開始

 

監督は
コジモ・ゴメス

脚本は
サンドローネ・ダツィエーリ
コジモ・ゴメス
アンドレア・ノービレ

 

キャスト

アレッサンドロ・ガスマン
ジネーヴラ・フランチェスコーニ
レモ・ジローネ
アレッシオ・プラティコ
フランチェスコ・ヴィラーノ
ガブリエレ・ファルセッタ
マルチェロ・マッツァレッラ
マウロ・ラマンナ
ジンヤ・ディークス
ルカ・ザンペローニ

等が出演しています。

いごっそう612

ちょっと「レオン」を思い出すシーンがありますね。たまにはこういう映画もいいかも。

 

海外の評価とレビュー!

海外での評価はどうなっているのでしょう?

Netflix映画
「我が名はヴェンデッタ」の
海外の評価を
海外映画サイトIMDbで
調べてみました!

My Name Is Vendetta (2022) - IMDb

My Name Is Vendetta (2022) - IMDb

 

815人の投票があり
平均点が
10点満点で
5.3点という
低い評価
なっています。

ユーザーの投票で
一番多いのは
6点です。

投票数208人で
全体の25.5%が
6点の評価をしています。

次いで多いのが
5点です。
投票数174人で
全体の21.3%

3番目は
7点です。
投票数103人で
全体の12.6%

いごっそう612

5点~7点が多いことから、微妙~まあまあという評価をされているようです。

 

海外のレビューも紹介します。

「我が名はヴェンデッタ」の脚本家たちは、これまでほとんど脚本が描かれることのなかった分野に進出したことを評価しなければならないだろう。紙の上では、この映画は『TAKEN 2008』のイタリア版リフのように見える。(偶然にも、この映画は私のベスト映画リストに入っている(詳しくは後述)。プロダクションバリューは堅実で、演出と編集は無駄がなく迅速だ。すべてが期待通りだ。そして、この物語の中で、私の知る限り、2000件ほどのIMDbレビューを経て、これまで見たこともないようなキャラクターに出会います。"生意気な娘 "の登場である。物語の最初の10分で、この生意気な娘は、父親から「絶対に写真を撮るな」と言われていたのを無視する。父親が見ていない隙に、携帯電話で父親の写真を撮っただけでなく、すぐにソーシャルメディアに投稿してしまう。父親を何年も探していたマフィア一家は、そのアップロードを瞬時に察知し(テレメトリーソフトを使用か)、殺し屋を派遣する。ヒット・チームはミスをして少女の叔父と母親を殺してしまうが、父親は殺さない。父親は元マフィアの暗殺者であり、本当に殺したい相手ではなかった。父と娘は再会し、父は娘を安全な場所に連れて行く。彼はヴェンデッタに向かうための装備(銃とサイレンサー)を整えながら、彼女にひとつのわかりやすい、シンプルな指示を与える--電話は彼と話すときだけ使え。他の誰とも話さないことだ。彼が去った瞬間、彼女はボーイフレンドに電話をかけ、即座にその電話もマフィアに探知される。別の殺し屋チームが派遣される。もう、お分かりでしょう。このまったく予想外の新キャラクター--生意気な娘--の扱いに観客が耐えられるなら、この映画はテンポがよく、かなり見応えがあるものになる。しかし、それは本当に大きな "もしも "なのだ。((IMDbトップレビュアーに任命されました。私のリスト「何度も観たい/観るべき、ほぼ完璧な映画167本以上(たまにアニメやTVミニシリーズも)(1932年から現在)」もぜひご覧ください。)

 

これを楽しむには、ジョン・ウィック・シリーズのファンであることと、不信感を完全に払拭することだ。ネタバレにならない程度に言っておくと、この脚本は基本的なプロットのポイントにおいて非常に矛盾している。

例えば、ハイテク(顔認識)なのかローテク(電話追跡)なのか?厳重に警備されているのか、それとも警備員はいないのか?

しかし、良いのは、素材やセリフが弱い分、アクションシーンや演技です。短い上映時間のおかげで、最後まで飽きずに見ることができた。

全体的に、「俺の犬を殺したのはお前だ」よりももっともらしい動機があり、心ない復讐のカテゴリーに入るまっとうな作品。

 

素晴らしい映画ではないが、それでも観るに値する作品だ。テンポがよくて、ドラマチックな場面もいくつかある。実のところ、プロットは単純なので、観客はエンディング以外のサプライズを期待しない方がいい。

復讐映画はこれまでにも作られてきた。しかし、この作品が他と違うのは、父と十代の娘の物語であることだ。ボルツァーノのどこかのどかなところから始まる(ドイツとの国境に近いメラーノも登場する)。この辺りの風景は絵になる。その後、都会的なシーンに移る。

戦闘シーンはグロテスクとまではいかないがリアルで、大げさなものは一切ない。サント/ドメニコは、殺すか殺されるかが法律だと信じている、卑劣な殺人マシーンである。アクションシーンはよくできている。

アレッサンドロ・ガスマンとジネブラ・フランチェスコーニがいいコンビを組んでいる。溺愛する父親と愛すべき娘という役柄を説得力を持って表現している。ガスマンは罰当たりな役が似合う。実際、この映画の雰囲気はジョン・バーンサル演じる "パニッシャー "を彷彿とさせる。

時間に余裕のある方は、ぜひ観てみてください。

 

この映画の制作者は、「復讐」というジャンルのあらゆる決まり文句をミキサーにかけ、それらを適当につなぎ合わせている。

娘は「レオン」のナタリー・ポートマンのように、演技力を除いた容姿と振る舞いをさせられていた。

まったく独創性のない、刺激のない台詞、一面的なキャラクター、超予測可能なストーリー展開。

アレッサンドロ・ガスマンは生涯現役の名優だが、この映画では平凡な俳優と入れ替わっても結果は同じだっただろうと思うと残念だ。

唯一良かったのは、北イタリアのドイツ語圏にある南チロルの山中で撮影された素晴らしいロケ地だった。

 

キャラクターが全く成長しないので、何か面白いことが起こるのではと待ち続けたが、代わりに、定石通りの映画であっても深い空虚さに遭遇した。

復讐の裏話で、多くのことが起こったかもしれない。

登場人物について何も知らない。そもそも、なぜマフィアのボスの息子が殺され、この復讐と戦争が始まったのか?

暴力的な演出。妻の首のグラフィックは必要だったのか?

これは細かいことだが、この映画だけでなく、よくあることだ。少女はボーイフレンドが殺されるのを見るが、悲嘆にくれることはない。私たちのヒーローは本当に社会不適合者なのでしょうか?

役者さんは大好きです!!!

 

亡命したマフィアの殺し屋が、ひょんなことから匿名の新生活を送ろうとして再起不能になるという、まっとうな海外スリラーである。マフィアは彼が生きていることを知ると、彼と彼の家族を殺そうと追いかけてくる。もちろん、そんな簡単な話ではない。彼は簡単に殺せるような男ではない。生き残った娘に連れられて、彼は何年も前に始めたことを終わらせようとする。この映画、ジャン・ルノーとナタリー・ポートマンの『プロフェッショナル』に少し似ているところがあるが、こちらはそれほど良いものではない。アクションはちゃんとある。キャストは十分まともで、撮影もいい。十分まともだが、ベストではない。

 

いごっそう612

まあ、可もなく不可もなくって感じですかね。

 

「我が名はヴェンデッタ」のような
Netflix映画は
興味深い作品が盛りだくさんです。

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう