「神が描くは曲線で」あらすじ、ネタバレ、海外の評価とレビュー!
神が描くは曲線で

ネタバレ禁には、目次をお使いください('ω')

これ見逃すな!

オリオル・パウロ監督の新作映画が
Netflixで配信中!

神が描くは曲線で

神が描くは曲線で

神が描くは曲線で

 

神が描くは曲線で
原題:Los renglones torcidos de Dios
英題:God's Crooked Lines は
2022年のスペイン映画

ある精神科病院で患者が謎の死を遂げた事件の真相を探り出す為に、パラノイアを患っていると偽り、潜入入院した私立探偵の女性の姿を描いたどんでん返しサイコスリラー映画です。

 

 

Netflix映画として
2022年12月9日配信開始

 

原作は
トルクアート・ルカ・デ・テナによる
1979年の同名小説

 

監督&脚本は
オリオル・パウロ

 

キャスト

主演は「マジカル・ガール」の
バルバラ・レニー

エドゥアルド・フェルナンデス
ロレート・モーレオン
ハビエル・ベルトラン
パブロ・デルキ
フェデリコ・アグアド
アデルファ・カルボ
アントニオ・ブイル
ダフニス・バルドゥス
ルイス・ソレル
サムエル・ソレール
ダヴィード・セルヴァス

等が出演しています。

いごっそう612

オリオル・パウロらしい作品に仕上がっています。
好きな人は好きですね。

 

あらすじ、ネタバレ

1979年…

スペイン、ロブレゴルド郊外にある精神病院「泉の聖母」に1人の女が入院した。名はアリス・グールド(アリシア)。裕福で聡明な人妻だが、夫を毒殺しようとしたかどで、その夫の手で任意入院となったのだ。アリシア自身は、財産目当てで夫が罠にかけ私をここに入れたのだと主張する。パラノイアと診断され入院することになったアリシアは患者衣に着せ替えさせられ精神科病棟に入っていく。

だが、実は彼女は患者ではない。一年前、ここの男性病棟で起きた刺殺事件の真相を暴くため、患者を装い潜入した私立探偵だった…。

医師ドナディオと精神病院の院長アルバの協力によって潜入したという。

しかし…アルバ院長はアリスが言うことは全部嘘で、アリスはパラノイアを患う患者だと言う。

アリスとアルバは対立し、他の医師たちは判断に迷うが、アルバがアリスの夫から多額の寄付を受け取っていたことから、精神科の医師たちもアリスの話を信じだす。

アルバは退任となる日にドナディオ医師が現れる。

そして彼が語った言葉とは…。

※ネタバレ

アリスはパラノイアで全て嘘で、アルバ院長が言っていることが真実だった。

いごっそう612

ラストに裏切られるどんでん返しがあります。

海外の評価とレビュー!

海外での評価はどうなっているのでしょう?

Netflix映画
「神が描くは曲線で」の
海外の評価を
海外映画サイトIMDbで
調べてみました!

God's Crooked Lines (2022) - IMDb

God's Crooked Lines (2022) - IMDb

 

3074人の投票があり
平均点が
7.1点という
まずまずの評価に
なっています。

ユーザーの投票で
一番多いのは
7点です。

投票数945人で
全体の30.7%が
7点の評価をしています。

次いで多いのが
8点です!
811人で
全体の26.4%

3番目は
6点です。
投票数409人で
全体の13.3%

いごっそう612

上の図を見ても、6点以上に評価が集中してることから、そこそこ良い評価をされている様子…見て損はない映画です。

 

海外のレビューも紹介します。

見る人が覚えているのは、おそらくこの映画の曲がったストーリー展開だろう。これでもかというほど、ひねくれまくっている。登場人物のガルシア・デル・オルモ博士の言葉が、この映画の核心を突いているのかもしれない。

ある批評家は、観客は最後に裏切られた、あるいは騙されたと感じるかもしれないとコメントしています。なぜなら、観客は何が起こっているのかを理解したと思っていたのに、最後に別の驚きを手渡されるかもしれないからです。煙と鏡のようなものです。

この映画の最大の魅力であり、監督の最大の功績は、観客を唖然とさせることかもしれない。確かに、この映画はよくできていて、テンポもよく、キャストも実力があり、撮影もよく、セットデザインも賞賛に値する。ちなみに、この作品は、ほとんど余談だが、精神科患者のケアと治療に光を当てている。

この映画を見て、はっとさせられることを覚悟してください。

 

ひねりの効いたストーリーで、並外れた才能を持つ主演女優と俳優によってよくできた映画。160分という長さにもかかわらず、その長さを感じさせないほど、ストーリーに引き込まれ、頭脳に訴えかけてくる。監督は、非常に洗練された手法でストーリーを展開させ、最初は少し戸惑うかもしれないが、終盤になるにつれて明らかになってくる。人によって結論は違うかもしれないが。映画を観た後に議論するのも楽しい。とにかく、好奇心を刺激し、推理を続けさせる。あらゆるタイプの観客にお勧めできる作品だ。同じ映画監督のオリオール・パウロは、別作品「インビジブル・ゲスト」(原題「Contratiempo」2016年スペイン語版)で中国で大成功を収めたそうです。今回も彼の活躍に期待したい。

 

ひねりの効いた最高のプロットだ。

この映画には、ミステリーベースのスリラーとしては史上最高のプロットが含まれています。まだ見ていない人は、すぐにでも見てほしい。そして、最大の謎は「誰が犯人なのか?なんて映画なんだ! という疑問。自分で作り上げた緊張感がラストで爆発する。一回見ただけでは、ほとんどの人が理解できると思いますが、もし何らかの理由で集中力が切れてしまった場合は、もう一度見てから、この映画の台詞をすべて理解したと言ってください。ですから、1回目の鑑賞では戸惑うことが多いかもしれませんが、それは当たり前のことです。2回目からは、細部にまで気を配るようにすればいいのです。素晴らしい映画だ、単純に素晴らしいとしか言いようがない。このようなユニークなストーリーを考え出し、それをプロとして監督しているのです。

 

オリオール・パウロ監督(オリジナル版『バルダ/ドバーラ/ブラー』の人)のサイコスリラー/ドラマミステリー映画。

私はこの映画について何も知らずに観に行ったのですが(皆さんもそうでしょう、ここでは筋書きを割愛します)、この監督の作品の多くに見られるように、途中から「一体どうなっているんだ!」と思わされました。

という感じだったのですが、徐々に解きほぐされていく展開に「おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!」となってしまうのです。面白い!」と思わせ、ラストでは今まで見てきたもの全てに疑問を抱かせる。全体的にヘラヘラとした展開です

答えを探す楽しさを味わえるなら、この作品はきっとあなたのためにある。それ以外のスリラー・ジャンキーにも、きっと価値ある作品になるはずだ。

 

スペイン人の友人から、この映画の原作はとても有名で、題材も面白いと聞いていました。期待を裏切らない作品でした! 本当に私の好みの作品です。この映画のテーマがとても好きです。哲学的な意味合いも含まれています。ホステスもとても美しく、演技力もあり、監督のデザインもとても丁寧です。

映画を観た後、特別に原作小説も見つけました。読んでみると、監督は本当に原作をどこまでもリスペクトしていて、また、いくつかの変更もとても巧妙で、ポイントが高いです

 

期待して観たが、期待を裏切らない映画だった。閉鎖的なシーン、精神障害者の話、前後関係のあるストーリーライン、どれも魅力的だった。見る価値のある映画です。忍耐力が必要なので、熟考する価値のある興味深いディテールをたくさん見つけることができます。監督の次回作に期待するためにも、この作品には満点をつけてもいいと思う。彼と監督の前2作には、似たような反省点がある。単なるサスペンス映画ではなく、見終わった後にいろいろな思いがあるはずだ。良い映画というのはそういうもので、ぜひ友人にも見てもらいたい。

 

この作品は、私にとってかなり面白いスリラーでした。その構成と、最終的にどのようにまとまるかという点で、です。この映画はアリスと呼ばれる女性を描いています。彼女はバーバラ・レニーによって演じられ、その役柄を見事に演じきっていますし、信じられます。また、この映画で最も優れた演技をしていると思います。そして、本当にすべてのキャストがそれぞれの方法で輝いていました。アリスは精神科病院に入院する。その病院で起きた殺人事件を解明するために。この映画は、ちょっと奇妙な展開になり、自分が見ているものに疑問を抱くまでは、かなりストレートに描かれています。しかし、全体的にこの映画はその実行で良い感じだったし、演技もかなりよかったです。

 

「神が描くは曲線で」のような
Netflix映画は興味深い作品が盛りだくさんです。

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう