「ホワイト・ノイズ」Netflix映画、あらすじ、ネタバレ、海外の評価とレビュー!
ホワイト・ノイズ

ネタバレ禁には、目次をお使いください('ω')

このNetflix映画に注目!

ホワイト・ノイズ

ホワイト・ノイズ

ホワイト・ノイズ

 

ホワイト・ノイズ
原題:White Noise は
2022年のアメリカ映画

化学物質の流出事故に見舞われ、死を恐れて錯乱した大学教授が、命を守るため家族とともに逃走する姿を描いた“死”がテーマの風刺的なヒューマン・コメディ映画です。

 

 

劇場公開日
2022年12月9日

Netflixオリジナル映画として
2022年12月30日配信開始

 

原作はドン・デリーロの同名小説

 

監督・脚本・製作は
マリッジ・ストーリー」の
ノア・バームバック

キャスト

アダム・ドライバー
グレタ・ガーウィグ
ドン・チードル
ラフィー・キャシディ
サム・ニヴォラ
メイ・ニヴォラ
ジョディ・ターナー=スミス

等が出演しています。

いごっそう612

ホワイトノイズ (White noise)とは、ノイズの分類で、パワースペクトルにおいて広い範囲で同程度の強度となっているノイズを指す。「ホワイト」とは、可視領域の広い範囲をまんべんなく含んだ光が白色であることから来ている形容である。派生語のようなものにピンクノイズがあり、周波数成分が右下がりの光がピンク色であることによる。よく聞くノイズの例で擬音語で表現するなら、「ザー」という音に聞こえる雑音がピンクノイズで、「シャー」と聞こえる音がホワイトノイズである。意味を調べるとこう出てきました。Netflixは映画でどう描くのか?

 

あらすじ、ネタバレ

1984年、ジャック・グラッドニーは、カレッジ・オン・ザ・ヒルで「ヒトラー研究」(自身が創設した分野)の教授を務めている。専門分野であるにもかかわらず、ドイツ語は全く話せず、学会で行う予定のスピーチの準備のために、密かに基礎レッスンを受けている。ジャックはバベットと結婚し、4番目の妻である。ジャックの2度の結婚で生まれたハインリッヒとシュテッフィー、バベットの前の結婚で生まれたデニース、そして2人の間にできた子供、ウィルダーの4人の子供を持つ混合家庭を築いている。デニースはバベットを監視し、通常の記録にはない謎の薬、ダイラーを隠し持っていることを突き止める。ジャックは謎の男に殺されそうになる夢を見るが、それは以前バベットと交わした死の恐怖についての会話を暗示していた。ジャックの同僚でアメリカ文化の教授であるマレー・シスキンドは、同様のニッチ分野である「エルヴィス研究」の発展を望み、ジャックに協力を説得する。両者は、講座間の競合が発生し、一時的に競い合う。

しかし、彼らの生活は、列車事故による化学廃棄物の雲が町を覆うという大惨事によって崩壊する。この「空気中の有毒物質イベント」によって大規模な避難が強いられ、高速道路は大渋滞に見舞われる。ジャックは給油のためにガソリンスタンドへ向かうが、そこでうっかり化学物質の雲にさらされてしまう。一家をはじめ、多数の人々がサマーキャンプへの隔離を余儀なくされる。Murrayは、キャンプにいるより危険なサバイバリストたちから身を守るために、ジャックに手のひらサイズの小さなピストルを支給する。ある日、一家が必死にキャンプから脱出しようとしたため、大混乱に陥る。グラッドニー一家は脱出に成功しかけたが、車を川に浮かべてしまう。9日後、一家は収容所から出ることができた。しかし、ジャックは一時的に化学廃棄物にさらされたため、死への恐怖が悪化する。

その後、バベットは顔色が悪くなり、ジャックと距離を置くようになったが、すべてが元通りになった。やがて、ジャックは謎の男に付きまとわれる幻覚を見るようになる。デニスはダイラーに関する悩みを打ち明け、グラッドニーはバベットと対峙する。彼女は、死の不安を治療する薬の陰の臨床試験に参加したこと、そして「Mr.Gray」とのセックスと引き換えに引き受けたことを認める。そのアイデアに興味を持ったジャックは、Deniseにダイラー瓶を尋ねるが、彼女は以前に捨ててしまったと明かす。ゴミ箱を漁っていたジャックは、ダイラーの新聞広告を見つけ、ピストルを取り戻してミスター・グレイに復讐するよう促す。ジャックはホテルで彼を追跡し、そこでミスター・グレイが彼の幻覚の中にいた男であることを発見する。ジャックは彼を射殺し、自殺に見せかけるために銃を手にする。そこにバベットが現れ、まだ生きているMr.Grayを見て、二人を射殺する。ジャックは3人をドイツの無神論者の修道女が経営する病院へ送り、そこで3人は傷を癒し、和解する。

映画は、グラッドニー一家がA&Pスーパーマーケットで買い物をする場面で終わり、そこで一家はミュージックビデオのようなダンスを行います。

いごっそう612

ラストシーンが良かったと話題です。

原作小説との違い

原作小説との違い

Siskind は小説ではユダヤ人でしたが、映画ではアフリカ系アメリカ人です。

映画のグラドニーの子供たちは、小説よりも約 5 歳年上です。

銃は小説の中で彼の義父からグラッドニーに与えられました.

小説では、グラッドニーは隣人の車を盗んでミンクのモーテルに移動します。映画ではマレー・シスキンドのものを借りている。

映画に示されているように、グラッドニーは電話でミンクの所在を発見しません。小説では、グラッドニーは、ミンクのモーテルに出くわすまで、目的もなく探し回っています。

小説ではバベットはホテルに姿を現さなかった。

延長されたカー チェイス シーンは映画のために考案されたもので、本には登場しません。

海外の評価とレビュー!

海外での評価はどうなっているのでしょう?

Netflix映画
「ホワイト・ノイズ」の
海外の評価
海外映画サイトIMDbで
調べてみました!

 

4409人の投票があり
平均点が
6.1点という
微妙な評価
なっています。

ユーザーの投票で
一番多いのは
6点です。

投票数946人で
全体の21.5%が
6点の評価をしています。

次いで多いのが
7点です!
916人で
全体の20.8%

3番目は
8点です。
投票数596人で
全体の13.5%

7~6点の評価が
全体の42.3%を占め
映画化「ホワイト・ノイズ」は
普通~まあまあという
評価を受けていることがわかります。

いごっそう612

まあまあ良いって感じですかね?

 

海外のレビューも紹介します。

暗闇から再びご挨拶。脚本家・監督であるノア・バームバックの最新作は、自分自身が発見したほど重要でも高貴でもないことに、ちょっとした罪悪感を抱かせる作品のひとつである。それは、批判的な意味で言っているのではない。結局のところ、バームバックは、「映画化不可能なもの」を映画化することに成功した人なのだ。ドン・デリーロの1985年の小説(全米図書賞フィクション部門)......を大スクリーンで上映することに成功した人なのだ。バームバックの前作は、人間関係を描いた傑作『MARRIAGE STORY』(2019)であり、今作はより野心的な取り組みである一方、多くの観客にとってとっつきにくいと判断される可能性が高い。

アダム・ドライバーは、中西部の(架空の)大学の教授で、ヒトラー研究のカリキュラムを通じて有名人になったジャック・グラッドニーを演じる--ただし、彼自身はドイツ語を話せないことに不安を抱いたままだ。ジャックの家庭生活は毎日が大混乱だ。彼と妻のバベット(グレタ・ガーウィグ、バームバック監督の実の配偶者)はともに4度目の結婚で、彼らの混血家族には緊張が走り、満員のスポーツ競技場で見られるような重苦しい会話が交わされることもある。バベットは早期の認知症の兆候を示し、ダイラーという薬を定期的かつ密かに服用している。もちろん、1980年代はGoogleが誕生していない時代なので、ジャックとバベットの娘デニーズ(ラフィー・キャシディ)は、この謎の薬について本を調べたり医師に尋ねたりすることになる。

映画の随所に素晴らしいセリフ(ほとんどがデリーロの小説からそのまま引用)があり、第1幕ではジャックと同僚のマレー・サスキンド(ドン・チードル)がエルビス対ヒトラーやそれぞれの母親との関係について語る、ラップバトル形式の見事な講義が繰り広げられます。ボクシングの試合のように撮影されており、ほとんどの学生はこのご馳走に気づかないようです。第2幕は「空気感染する毒物事件」と題され、有毒廃棄物を満載したタンクローリーの爆発がその幕開けを告げる。一家はキャンプ・ダフォディルに9日間避難し、ジャックは有毒な空気に触れる機会が少なくなり、死の恐怖とバベットのダイラーソースが発見される第3幕へとつながっていきます。そして問題は、ジャックが最初に死ぬのか、それとも殺人を犯すのか、ということになる......言われるように、男は殺人者なのだから。

ジャックの息子はハインリッヒという名にふさわしく、サム・ニヴォラ(アレッサンドロ・ニヴォラとエミリー・モーティマーの息子)が演じている。バームバックは神経質なインテリキャラにこだわる知性派で、風刺と社会批判の境界線を曖昧にすることを得意としている...それが彼がデリーロの小説に引きつけられた理由であることは明らかだ。この映画はしばしば混沌としており、世界の終わりを暗示するSFと消費主義の代償、そして死への恐怖を反映した実存的思索が奇妙に混ざり合っている。特に、ジェス・ゴンチョールのプロダクション・デザインと、作曲家ダニー・エルフマンの作品は効果的である。エンディングで流れる、地元の重要な食料品店でのダンスナンバーは、エンディング・クレジットまで続くので、これ以上のものはないだろう。この映画は、面白くて、恐ろしくて、答えよりも疑問を多く提供する、ちょっとダウナーな作品だ--小説に奉仕する映画化である。

 

批評家のレビューをちらっと見たところ、「『ホワイト・ノイズ』は多くのことを詰め込もうとし、多くのアイデアを取り上げようとしすぎて、ごちゃごちゃになってしまった」という一般的な反応に驚きはしない。しかし、だからどうした?だからといって、エンターテインメントとしての可能性が損なわれるのだろうか?少しもそうではない。この映画は、混濁し、断片化し、同時に多くのことを行うことに喜びを感じる映画なのだ。

ホワイト・ノイズ』は基本的に、シュールで不条理なユーモアに溢れ、時折ホラーも混じる、奇妙で焦点の定まらない実存主義的な苦悩の浪漫である。特に、レトロな設定と、個人的な問題の医療化に対する執着、そしてちょっとしたクレイジーな科学の進歩が我々を救ってくれるという絶望的な希望を考えると、Netflixのミニシリーズ『Maniac』をしばしば思い起こさせる方法であった。登場人物や状況の不条理さは、バームバックがウェス・アンダーソンと組んだ初期の作品(特に脚本を担当した『ライフ・アクアティック』)を彷彿とさせるものでもある。

アダム・ドライヴァーは尊大な学者役で最高に愉快であり、ドン・チードルは彼のたゆまぬ哲学的な相棒を見事に演じている。実際、グレタ・ガーウィグをはじめ、全員が見る者を楽しませてくれる(彼女はなぜ、これほど見やすく、しかもひどい演技をすることができるのだろう)。この不運な一団をワイルドで極端な場所に連れて行くという筋書きで、90分を過ぎる頃には、この旅は次にどこへ行くのだろうと、正直とても楽しくなっていた。しかし、残念ながら、この映画は最終回になると、想像力を失い、より身近な題材になり、沈滞してしまう。また、エンディングの最終的なメッセージは、序章で探求したアイデアからすると、かなり陳腐で単純なものである。

しかし、特に不条理なユーモアが好きなら、「ホワイト・ノイズ」を試してみることを強くお勧めする。特に、日常生活の狂気を描くなど、多くのことを非常にうまくやってのけている。

 

この映画の原作を読んでいない者として言わせてもらえば、私はこの映画にも登場人物にも共感できなかった。しかし、この映画の登場人物は理解するのが難しいのです。著者がこの本を書いたとき、世界や国について何を言いたかったのか、私は完全に理解できなかった。この映画は、死と向き合うことや結婚生活の難しさを描くには、スケールが大きすぎると感じたからです。映画は悪くないけど、お前は何なんだみたいな。Netflixで公開されたらまた見て、新鮮な目で見ようと思うが、もしこの映画の目的が、何度も見返すほど人々をイライラさせることだとしたら、それは成功だろうと思う。

 

ノア・バームバック監督は、『ホワイト・ノイズ』で、空気中に拡散した有毒物質によって孤立した家族の姿を通して、消費主義、陰謀論、集団トラウマというテーマを巧みに表現している。終盤、この映画の遊び心とシリアスな題材の融合に苦戦するものの、作家ドン・デリージョと映画監督バームバックの意外な融合が、示唆に富む魅力的な作品に仕上げている。アダム・ドライバーとグレタ・ガーウィグが主役のカップルを演じ、一家の避難生活を撮影する技術的な成果も印象的です。全体として、『ホワイト・ノイズ』は、社会が死と恐怖に対処する方法を探る、タイムリーで示唆に富む作品である。

 

まず何よりも、この映画は「ホラー」でないものを「ホラー」として誤魔化している。平凡なシーンにサスペンスフルな音楽をつけたところで、ホラーとして評価される筋合いはない。

映画自体については、信じられないほど凡庸。台詞は無機質でぎこちない。ちょっとでも面白いことが起きると、すぐにぎこちない会話と無関係なプロットに遮られる。死についての大きな議論がなされようとしているが、曖昧な会話によって、いかなる意味も輝き出すことはない。この映画は、有毒化学物質の漏洩と社会的・家族的影響という興味深い出来事から始まり、興味をそそられ、ユーモアもあり、時には恐ろしくもあった。それがピークに達したとき、化学物質の雲とそれにまつわる筋書きが不思議と消えてしまい、この映画に何の意味も持たなくなった。エンディングは、安っぽい怪奇現象や、キャラクターの啓発と終結のための気取った試みによって中断されるだけで、維持された退屈なカオスに陥ってしまった。

全体として、この映画は2時間の途方もない浪費であった。安っぽいサスペンスと意味不明で虚無的なストーリーで「考えさせられる」考察をしようと弱腰になっている、よく言えば不条理なドラマ・コメディーである。

あのひどいクレジットシーンは勘弁してくれ...。

 

"White Noise "は、私たちが出会う家族、隣人、友人のようにごく人間的に振る舞う人々を描いた楽しいコメディ&ドラマ映画です(リメイクではありません)。デジタル時代に突入したばかりの平凡な世界に放り込まれ、爆発、超自然現象の目撃、恐怖に直面しながらも、生き残るために奇抜な方法を見つけようと必死になる。この奇抜な映画は、ジグザグなプロットと小ネタであなたをハラハラさせ続ける。出演者たちは、互いへの激しい想いと奇妙な「おどけ」ユーモアを交えながら、多彩な演技力を発揮している。役柄に合わせ、頭のてっぺんからつま先まで作り込まれている。特殊効果は幽玄で、超自然的で、感動的である。A&Pスーパーマーケット(有名)のシーンでは、面白いジョークが飛び交い、衣装、装飾、商品デザインのコントラストが目を引く鮮やかな色彩を背景にしている。これは、マーケットが社会で最も重要な出会いの場であるという映画の主張を証明することにつながっている。A&Pスーパーマーケットは、歌い、揺れ、踊るという印象的なフィナーレを迎える。

 

何がどうなっているのか、さっぱりわからない。パンデミックの比喩のように感じますが、その後、私の理解できないものに変わっていきます。

ノア・バームバックがこの作品で私の頭の上を完全に越えてしまったことを認めることに問題はない。映画としては、私が見たものはよくまとまっていました。Adam DriverとGreta Gerwigは、私のためにそのつながりを作ってくれました。何が起こっているのか理解したいと思わせるようなつながりですが、私は表面には現れていないことに迷い続けていました。

アダム・ドライバーの、多くのチョアでの主張を貫こうとする中年インテリへの変身が、映画を飽きさせないほど面白くしたので、私の知る限りでは、ボーッとして何かを見逃すような瞬間はなかったのに、2時間を超える映画のどこかで、そういうことが起こっていたようです。

この作品は、私には組み立てることができないが、美しいピースがたくさんあるパズルである。

 

いごっそう612

海外のレビューは賛否両論だったような気がします。

 

「ホワイト・ノイズ」のような
Netflixオリジナル映画は
興味深い作品が盛りだくさんです。

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう