「彼女たちの戦火」あらすじ、ネタバレ、海外の評価とレビュー!
彼女たちの戦火

彼女たちの戦火

彼女たちの戦火

彼女たちの戦火

 

彼女たちの戦火
原題:Les combattantes
英題:Women at War は
2022年のフランスドラマ

1914年のフランス。攻め入るドイツ軍を阻止しようと、前線に向かう兵士たち。男たちの留守を守り、戦争が引き起こす惨状と向き合う4人の女性たちを描いた戦争ドラマ作品です。

 

 

Netflixドラマとして
2023年01月19日配信開始

 

監督は
アレクサンドル・ローラン

 

キャスト

オドレイ・フルーロ
ジュリー・ドゥ・ボナ
カミーユ・ルー
ソフィア・エサイディ
サンドリーヌ・ボネール
チェッキー・カリョ
ローラン・ジェラ
トム・リーブ
ヤニック・クァイアット
グレゴワール・コラン

等が出演しています。

いごっそう612

戦争中に国に残る女性にスポットを当てた物語、今月のNetflixは戦争ものが多い。

 

「彼女たちの戦火」あらすじ、ネタバレ

エピソード1(50分)

アニエスが修道生活を送る修道院は、軍の病院となる。町の売春宿で仕事を探すマルゲリット。シュザンヌはジャンヌの手を借りて、スイスへ国外逃亡を図る。

エピソード2(56分)

工場をなんとかしようとするカロリーヌだが、シャルルの妨害を受ける。新しく運び込まれてきたある患者を気にかけるようになるアニエス。マルセルはマルゲリットがパリを離れた理由を知る。

エピソード3(49分)

ジョゼフは患者の処置にあたるシュザンヌの手際の良さに感心するが、アニエスはまだ彼女の正体に疑念を抱いていた。マルゲリットはコランのドッグタグを返そうと前線へ向かう。

エピソード4(57分)

奇襲攻撃を受けた兵士を見たカロリーヌは、ある計画を思いついていた。売春宿を追われた女性たちの仕事探しに手を貸すマルゲリット。ティルの存在がアニエスの忠義と信仰を惑わせる。

 

エピソード5(55分)

ポアンカレ大統領から名誉勲章を授与されることになったアニエス、シュザンヌ、マルゲリット、カロリーヌ。だが4人はそれぞれ勲章どころではない、差し迫った問題に気を取られていた。

エピソード6(52分)

ルシアンがシュザンヌを脅迫し続ける一方で、アニエスは修道院でおぞましい事が行われているのを知ってしまう。マルゲリットはコランの誤解を正そうとする。

エピソード7(50分)

修道院での出来事を教区に訴えるアニエス。ジョゼフの命を救おうと必死に急ぐシュザンヌ。怒りに燃えるシャルルに追放されたカロリーヌは、いつしかドイツの陣営に足を踏み入れていた。

エピソード8(49分)

ドイツ軍がサンポーランに迫り、すべての民間人の退避が命じられるなか、取り残された者たちはなんとか力を合わせて極限の状況を乗り越えようとする。

「彼女たちの戦火」海外の評価とレビュー!

海外での評価はどうなっているのでしょう?

Netflixドラマ
「彼女たちの戦火」の
海外の評価を
海外映画サイトIMDbで
調べてみました!

Women at War (TV Mini Series 2022) - IMDb

Women at War (TV Mini Series 2022) - IMDb

 

海外映画サイトIMDbでは

355人の投票があり
平均評価
7.1点という
まずまずの評価
なっています。

ユーザーの投票で
一番多いのは
7点です。

投票数91人で
全体の25.6%が
7点の
評価をしています。

2番目は
8点です!
投票数88人で
全体の24.8%

3番目は
10点満点
投票数57人で
全体の16.1%

いごっそう612

7点以上が多いので海外ではそれなりに高く評価されているようです。

 

海外のレビューも紹介します。

第一次世界大戦におけるフランス側の女性の関わりを、軍隊の息子を持つ娼婦、家出した有能な看護婦、陰のある過去を持つ上流階級の婦人、そして尼僧という4人の原型的な人物を通して描いたフランスの好シリーズである。

戦線に近いフランスの町で、戦争の悲惨さに直面しながら、4人の登場人物が交錯し、共通の運命を見出すという物語である。

その葛藤の一部はよく描かれていたが、他の要素はそうでもないのかもしれない。歴史の正確さは、この作品の主要な要素ではありません(例えば、1915年までガス攻撃はありませんでしたが、すべてのアクションは1914年の戦争開始時に行われます)。

戦傷の描写、兵士のモラル、不十分な装備(ヘルメットなし)、負傷者の扱いなどは、かなり的確に描かれているように感じました。

アクションや演技は、少しドラマチックで強引なところもあるが、どれも良い。

第2シーズンはないでしょう。これはミニシリーズであり、これがすべてである。

 

このフランスのミニシリーズには、ストーリーテリング、演技、ペース、俳優、制作、音楽、カメラなど、すべてが揃っています。

ルクセンブルグ出身の私は、他の多くのフランスのシリーズを追ったので、自分が何を言っているのか分かります。

プロットのネタバレはできませんし、したくないので、ご自身で発見し、驚いてください。

もちろん、オリジナルのフランス語版で見ることができるのは大きな利点です。

ヒント:気の弱い人には向きません。

シンプルに楽しんでください。私は1日半で見切りました。

10点満点中、10点満点です。

フランス人の隣人にとって、超大成功です、以上。

 

さまざまなストーリーが面白く、奇をてらったものではありません。ほとんどの女優、俳優が素晴らしい。4人の主人公がそれぞれ違っていて、それがさらに物語を魅力的にしている。私はこのドラマを夢中になって見ていました...第6話の終わりまで。

最後の2つのエピソードは確かに非常に残念でした。リアルさに欠け、病的なまでにソフィスティケートされていたのです。例:戦争中の高級将校が、自分のオフィスに売春婦を迎え、何度も彼女を助けるということは可能でしょうか?最後に、ラストは非現実的で、感傷的すぎる。

戦時中の様々な女性の価値と能力を示すスーパーストーリーであるだけに、残念でならない。

 

歴史的な時代が好きなのと、フランス語の練習のためにこのシリーズを見たのだが、歴史の正確さには重大な疑問がある。戦争シーンは非常にナイーブで、ソープオペラを見ているような気分になることもあった。最後はただただバカバカしい。

時代背景が好きなのと、フランス語の練習のためにこのシリーズを見たが、歴史の正確さには大きな疑問がある。戦争のシーンはとてもナイーブで、ソープオペラを見ているような気分になることもあった。

歴史的な時代背景が好きなのと、フランス語の練習のためにこのシリーズを見たが、歴史的な正確さには重大な疑問がある。戦争のシーンはとてもナイーブで、ソープオペラを見ているような気分になることもあった。

 

いごっそう612

良い作品だけど惜しいというような印象のレビューが多かったです。

 

「彼女たちの戦火」のようなNetflixドラマは興味深い作品が盛りだくさんです。

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう