「ロックド・イン 囚われ」Netflix映画、海外の反応、評価とレビュー!
ロックドイン囚われ

ロックド・イン囚われ

ロックドイン囚われ
ロックドイン囚われ

 

「ロックド・イン囚われ」原題:Locked Inはヌール・ワッツィ監督、ローワン・ジョフェ脚本の2023年のイギリス映画です。

閉じ込め症候群の患者を担当することになった看護師は、重症を負った患者の秘密を解き明かそうとする過程で、その背景にある過酷な競争関係、不貞、裏切り、そして殺人の真実を知ることになるというサイコスリラーです。

 

 

Netflixより2023年11月1日配信開始

題名となっているロックド・インの意味は、locked-in syndrome(ロックトイン シンドローム)という言葉がありまして

脳幹での血管障害や外傷による異常が引き金となって、意識は清明だが、眼の随意運動でしか意思を伝える方法がなく、身体全体がまったく動かない状態になってしまう症候群。

と言うことであります。

映画に出てくる人物がこれになってしまうんですね。

さて「ロックド・イン囚われ」ですが

ありがちな映画ではありますが、それなりに楽しめました。

リッチな男と結婚した後妻キャサリンが、リッチな男が急死した後、リッチな男の子供ジェイミーと養子リナの娘と暮らしますが、ジェイミーとリナが大きくなって結婚してしまい、一気にリナとキャサリンの立場が逆転してしまいます。

キャサリンは怒りをふつふつと感じているわけです。

後妻を演じるのはファムケ・ヤンセンで、これがまた‥いい味出している。

年老いているのに美貌への執着が凄くて、また服装もヤバい!

リナを演じるのはローズ・ウイリアムズで、これもまたいい感じでエロさがあります。

この二人の対決でも十分楽しめる作品なのだが、さらに不倫とミステリーがあるのです!

ロックトイン シンドロームとなったキャサリン、何故?誰が彼女をこんな目に合わせたのか?

そして、リナを惑わす男の本性は…?

色々な意味で囚われって感じの映画でした。

配信になった夜に速攻観ましたが、けっこう面白かったですね。

 

 

キャスト

ファムケ・ヤンセン
ローズ・ウイリアムズ
アレックス・ハッセル
フィン・コール
アンナ・フリエル

等が出演しています。

海外の反応、評価とレビュー!

Netflix映画
「ロックドイン囚われ」の
海外での反応、評価はどうなっているのでしょう?

海外映画サイトIMDbで
調べてみました!

Locked In (2023)
Locked In (2023)

 

海外映画サイト
IMDbでは

平均点が
5.2点という
低い評価に
なっています。

ユーザーの投票で
一番多いのが
6点です。

全体の24.6%の人が
6点の評価を付けています。

次に多いのが
5点
全体の19.3%

3番目は
7点
全体の12.5%

いごっそう612

5.6点に評価が集中していることから海外の反応、評価はイマイチのようです💦

 

海外のレビューを紹介します。

裕福で自己中心的、貪欲で嫉妬深い元俳優のキャサリンという中年が事故に遭い、瀕死の重傷を負う。彼女はまばたきすることしかできず、それだけで彼女の担当となった看護師は、キャサリンに実際に何が起こったのかを探ろうとします。

しかし、キャサリンはあまりにも嫌なキャラクターなので、視聴者としては誰が彼女を殺そうとしたのか気にするのは難しいです。実際、2023 年のスリラー映画「ロックドイン囚われ」には、親切な看護師さえも含めて、好感の持てる人物は誰もいません。

ヌール・ワッツィ監督の『ロックドイン囚われ』では、ファムケ・ヤンセンがキャサリン役で出演している。キャサリンは裕福な男の遺言から、広大な邸宅であるローリング邸を一人息子のジェイミー(フィン・コール)に自分を切り捨て、残したことに憤慨する未亡人である。

このスリラーの最初の数分間は強烈で、キャサリンの暴力的な事故が忘れられない音楽と混ざり合って垣間見えますが、彼女が10代前の義理の息子に嫉妬するナルシストな女性であることが明らかになった瞬間、私は興味を持ち続けることができませんでした。

プロット。ストーリーの予測可能な性質と、当たり障りのない一次元のキャラクターが問題を解決することはありません。

キャサリンのことを気にしているように見える唯一の人物は、物語の中で最も退屈な登場人物である養子となったリナ(ローズ・ウィリアムズ)です。

リナはキャサリンを尊敬し、継息子である病弱なジェイミーにとっては母親のような存在になります。

リナはローリング邸でフルタイムで暮らしており、仕事も友人もなく、邸宅での快適な生活に大きく依存しています。この物語には登場人物が 3 人しかいないため、キャサリンを殺害しようとしていると疑われる人物は限られています。

リナとジェイミーの他に、ジェイミーの主治医として邸宅を頻繁に訪れるロバート・ローレンス医師(アレックス・ハッセル)の3人です。

映画撮影には薄暗いショットと暗い色調が多く組み込まれており、「ロックド・イン/囚われ」にホラーのような雰囲気を与えていますが、プロットが十分に魅力的ではないため、不気味な雰囲気は物事を魅力的にするのにほとんど役に立ちません。

リナ役のローズ・ウィリアムズは、周囲からの評価を常に求める恋に悩む若い女性の役を見事に演じているが、怒りや攻撃性を示すことが期待されるシーンではたじろいでしまう。

「全体として、『ロックド・イン/囚われ』は忘れられない Netflix スリラーの 1 つです。リードの間にはほとんど化学反応がなく、プロットは紙のように薄いです。クライマックスには興味深い展開が導入されていますが、ストーリー全体を取り戻すことはできません。

 

ローワン・ジョフェが書いたヌール・ワッツィの『Locked In』は、残忍な事故で入院した元映画スターのキャサリンの物語です。彼女の全身は動かず、片方の目だけが機能します。そこで、彼女に割り当てられた看護師のマッケンジーは、彼女に何が起こったのかについて話してもらおうとします。

キャサリンは誰かが彼女を殺そうとしたことをなんとか示唆し、それから映画はフラッシュバックモードに入り、物事がどのように間違っていたかを示します。キャサリンにはてんかんを患うジェイミーという継息子がいました。

彼女にはリナという名前の娘もいた。リナとジェイミーは多くの時間を一緒に過ごし、すぐに結婚することを決めました。これにより、キャサリンとリナの間に敵意が生じました。

なぜなら、彼女は義理の息子の貧しい仲間からキャサリンの不動産の将来の所有者になったからです。そんな中、リナに好意を寄せるローレンス医師がいたが、ジェイミーとキャサリンは明らかにイライラしていた。そして、これらすべてが頂点に達したとき、キャサリンは矢面に立たされました。

ご覧のとおり、Locked Inには特に新しい点はありません。心理スリラーではよくある、嫉妬や裏切りがたくさん起こっています。

ローワンは観客の代理であるマッケンジーを使って何かをしようとしますが、彼女がプロットに熱中しすぎるため、それすら奇妙に感じます。彼女がそこにいる理由は理解できるが、彼女がそこに留まっている様子を見ると、観客の前でプロットを展開させること以外に彼女には目的がないように感じられる。

彼女の実際の仕事は二の次になってしまいますが、それは一種の陽気です。しかし、より大きな問題はロマンスであり、映画の親密なシーンを好まない前述のZ世代の観客とは異なり、登場人物の間にロマンチックな何かが起こっているという事実に私は反対しません。

私の問題は、それが本当に浅いことです。登場人物の間には情熱がありません。二人の恋愛関係の激しさは表面的なもので、映画を盛り上げることに失敗している。

そして、それが物語のまさに核心を形成するはずですが、実際はそうではなく、すべてが崩壊し、視聴体験全体が本当に空虚に感じられてしまいます。どんでん返しさえもありきたりで、このミステリー スリラーの「謎」や「スリル」が冗談であるかのように思えます。

 

いごっそう612

海外のレビューは厳しい意見が多かったように思います。

 

「ロックドイン囚われ」のようなNetflixオリジナル映画は興味深い作品が盛りだくさんです。

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう