「スター・ウォーズ:アソーカ」あらすじ&ネタバレ、海外の反応、評価とレビュー!
スター・ウォーズ:アソーカ

Disney+オススメドラマ

スター・ウォーズ:アソーカ

スター・ウォーズ:アソーカ
スター・ウォーズ:アソーカ

 

「スター・ウォーズ:アソーカ」原題:ahsokaは2023年のアメリカドラマ

アナキン・スカイウォーカーの唯一の弟子であり、二本のライトセーバーを操る、伝説の”元”ジェダイ、アソーカ・タノが帝国崩壊後の銀河を舞台に、ダース・ベイダーの後継者スローン大提督がもたらす、恐るべき闇の脅威に立ち向かう姿を描いたDisney+のドラマシリーズです。

 

Disney+より2023年8 月22日配信開始

 

アソーカ・タノ

アソーカ・タノは、かつてアナキン・スカイウォーカーらと共にクローン戦争の英雄として活躍したものの、殺人とジェダイへの裏切りの濡れ衣を着せられ、ジェダイ騎士団から追放されてしまう、弟子の無実を信じる師匠アナキンの決死の捜査により、アソーカの無実は証明され、ジェダイ騎士団はアソーカの復帰を認めるも、ジェダイ・オーダーへの信頼を失ったアソーカ・タノはその申し出を断り、ジェダイの道を捨てました。

帝国の誕生後、ダークサイドに堕ちたアナキンがダース・ベイダーとなった姿で再会を果たし、変わり果てた姿のかつての師と、死闘を繰り広げた過去を持っています。

ドラマ「アソーカ」は、アニメ『スター・ウォーズ 反乱者たち』で冒険を共にした、ヘラ・シンドゥーラ、そしてサビーヌ・レンらの仲間と共に、 帝国の再興を目論むスローン大提督がもたらす最悪の脅威と対決します。

 

 

キャスト

アソーカ・タノ役
ロザリオ・ドーソン

サビーヌ・レン役
ナターシャ・リュー・ボルディッツォ

ヘラ・シンドゥーラ役
メアリー・エリザベス・ウィンステッド

スローン大提督役
ラース・ミケルセン

ベイラン・スコール役
レイ・スティーヴンソン

シン・ハティ役
イバンナ・ザクノ

モーガン・エルズベス役
ダイアナ・リー・イノサント

あらすじ&ネタバレ

パート1 師と弟子

堕落したジェダイで現在は傭兵であるベイラン・スコールとその弟子シン・ハティは、以前アソーカ・タノによって捕らえられていたモーガン・エルズベスを救出するために新共和国の巡洋艦を襲撃する。[a]エルズベスはスコールに、アソーカがエズラ・ブリッジャーとともにパーギルによって未知の場所に引きずり込まれてから何年も行方不明になっているスローン大提督を探していることを知らせる。アソーカとヒューヤンは、エルズベスの逃亡を知らされる前に、スローン(そして潜在的にはブリッジャー)の位置への星図を入手します。艦隊と再集結し、アソーカはヘラ・シンドゥーラ将軍と面会するが、そこで胡陽は星図がまだロックされていることを明かす。ヘラ・シンドゥーラは、アソーカの元パダワンであるサビーヌ・レンの協力を得て地図のロックを解除するようアソーカにアドバイスします。アソーカとヒューヤンがロータルへ行き、レンに会ってロックされた地図を渡す。レンが地図のロックを解除すると同時に、彼女は地図を奪いに来たシン・ハティに直面する。シン・ハティは地図を盗み、ライトセイバーの決闘中でレンを刺し逃亡する。

パート2 苦労と苦悩

ベイラン・スコールとハティは地図を惑星シートスに持って行き、そこでエルズベスがスローンが別の銀河に閉じ込められていることを明らかにする。ハティの攻撃から生き残ったレンが回復して、アソーカに発見を知らせる。また、彼女を攻撃したドロイドをコレリアのエルスベスの工場まで追跡する。地図を探して、アソーカとシンドゥーラがコレリア造船所に行く。そこで銀河帝国に忠誠を誓う労働者が巨大なハイパードライブを作ってるのを発見する。シンドゥーラがハイパードライブを積んだ輸送船を追いかける間、アソーカがエルスベットの元審問官マロックと決闘する。マロックと輸送機が逃げるが、シンドゥーラのアストロメク・ドロイドのチョッパーが追跡装置を付ける前だった。造船所の労働者を逮捕した後、アソーカはレンから連絡を受ける。レンは再びパダワンになる準備ができていて、療養して髪を切ったブリジャーを探す。エルズベスは、ハイパードライブを手に入れたスコール、ハティ、マロックから連絡を受け、彼女の船「シオンの目」の建造を終えて、スローンを見つけることができる。スコルは、アソーカが自分たちを迎えに来ることを察知する。

パート3 飛び立つ時

レンがアソーカとフヤンの指導の下、フォースを使えないことに苦しみながら訓練を再開する。シンドゥーラは共和国軍をシートスへ派遣する許可を得るため、モン・モスマ議長と有力な元老院議員たちに会う。モスマの支持にもかかわらず、元老院議員たちはスロウンとブリジャーが生きていることを信じず、シンドゥーラの要請を拒否する。アソーカ、レン、ヒュヤンが自らシートスへ行き、そこでシオンの目を発見するが、エルズベスがシオンの目のキャノンを使って発射するので、ハティとマロックが率いる戦闘機隊に迎撃される。ヒューヤンがシオンの目をスキャンし終わると同時に、アソーカのシャトルが直撃弾を受け、残りの敵戦闘機を避けるために、途中でプルギルのポッドを通過しながら、一行を惑星に緊急着陸させる。森に避難した後、フヤンはシオンの目について、彼が別の銀河に移動するために設計されたハイパースペース・リングと分類した完全な分析を行う。しかし、ハティはすぐに彼らの隠れようとする試みに気づき、スコールが彼らを追い詰めるために彼の軍隊を森に送るよう促す。

パート4 堕ちたジェダイ

アソーカ、レン、ヒューヤンがスコルの軍隊に襲われるが、撃退できた。エルスベスとスコールがスロウンの居場所の座標を入手するのを恐れて、彼らは基地に向かうが、ハティとマロックに妨害される。アソーカはマロックを殺して一人で進むが、レンはハティを阻止するために残るが、ハティはレンがフォースを使えないことに気づく。アソーカは地図を取り戻したが、手に火傷を負った後、地図を捨てた。スコルがアソーカを海に落下させたとき、レンは銃で地図を突きつけたが、スコルはブリジャーに連れて行くと約束して地図を渡すように彼女を操る。スローン(Thrawn)の位置が明らかになった後、スコールは彼らが追跡されないように地図を破壊し、彼とハティはレンを捕虜として出発する。シンドゥーラ率いる新共和国の戦闘機隊がシートスに到着し、シオンの目がハイパースペースに飛び込むのを止めようとするが、失敗する。一方、アソーカは世界と世界の間で目覚め、そこでかつての師匠アナキン・スカイウォーカーに会う。

パート5 影武者

母親と一緒にアソーカとレンを探している間、ジェイセン・シンドゥーラはアソーカが「世界と世界の間」にいることを感じ、彼自身のフォースとのつながりを明らかにする。アナキンはアソーカに、フォースを通して彼女を見ていたことを説明し、スコールとの決闘に負けたのは、二人を引き離した出来事に対する彼女の未解決の罪悪感が原因の一部だと推理する。アソーカはアナキンとの決闘に敗れ、クローン戦争の過去の断片を追体験する。アナキンの教えにはダース・ベイダーとしての遺産も含まれていると信じていた彼女は、最初はアナキンを拒否し、それが2人の決闘に再びつながる。アナキンの没落に自分が関与していないことをようやく理解したアソーカは、生きて戦い続けることを選ぶ。彼女はシンドゥラのクルーに回復され、その力によってレンがスコールと一緒にいることを知る。シンドゥラはモスマから連絡を受けて、新共和国軍が無許可のミッションを遂行したため、彼女とアソーカを拘束するために向かってると知らされる。共和国艦隊が到着する中、アソーカがパーギルのポッドを雇って、彼女とフヤンをブリジャーとレンのところに 連れて行ってもらい、シンドゥーラ、ジェーセン、チョッパーは残る。

パート6 はるかかなたで

シオンの目は、エルズベスの人々、ダソミリの古代の故郷であるペリデアに到着します。 エルズベス、スコール、ハティ、レンは、スローンと同盟を結んだナイトシスターのグループであるグレート・マザーズと出会う。 大提督を待つ間、スコールはハティに、ジェダイの滅亡と帝国の台頭は避けられないサイクルの一部であり、彼がそれを断ち切るつもりであるという彼の信念を語る。 スローンはスター・デストロイヤー、キメラに乗って到着し、スコールの約束を守り、ミソサザイに食料、乗り物、ブリッジャーの居場所を提供する。 レンが去った後、スノウはスコールとハティに、彼女とブリッジャーを両方殺せるように彼女を尾行するよう命じる。山賊に待ち伏せされたレンは先住民ノティに遭遇し、彼らの村まで追跡する。レンを追跡している間、スコルはペリデアにより大きな力があることを感じ取り、それを見つけて使うつもりであることをハティに伝える。グレート・マザーたちがアソーカの到着が近いと感じると、スローンがエルズベスから彼女の歴史の詳細をすべて要求し、防御を準備する。

パート7 再開と別れ

コルサントではシンドゥラが懲戒審問に臨み、法廷メンバーのハマト・シオノ議員が帝国残党の陰謀に関する彼女の報告に異議を唱える。C-3POが到着し、レイア・オーガナ議員による偽の承認書を法廷に提出。法廷はシンドゥラを赦免し、モスマは帝国復活の脅威を考慮せざるを得なくなる。ペリデアに到着したパーギル一行は、スローン軍が残した地雷原に遭遇し、撤退する。アソーカとフヤンは敵の戦闘機に攻撃され、瓦礫原に隠れる。エルスベットがアソーカがアナキンに訓練されたことをスローンへ報告し、大提督がより計算されたアプローチを採用せざるを得ない。アソーカがフォースを通じてレンを見つけ、惑星表面に向かう。ブリジャー、レン、ノティがハティ、地元の盗賊、スローンのナイト・トルーパーに襲われる。アソーカの介入により、スロインは残りのナイト・トルーパーを撤退させ、出発の準備をする。アソーカは置き去りにされたハティを誘うが、ハティはとにかく逃げる。アソーカはレンとブリジャーと再会する。

パート8 ジェダイと魔女と大提督

ジェダイに立ち向かうため、エルズベスはグレート・マザーたちからマザー・タルジンの剣を贈られ、ブリジャーは亡きマスター、カナン・ジャラスのスペアパーツを使って新しいライトセーバーを作る。船が戦闘機の攻撃で損傷した後、アソーカ、レン、ブリジャーは徒歩でシオンの目に停泊しているキマイラに向かう。彼らはエルズベットとナイト・トルーパーに直面する。彼らはグレート・マザーに殺されても復活し続ける。レンはフォースを使ってブリジャーがキマイラに飛び乗るのを助け、エルズベスを殺したアソーカを助けるために残る。シオンの目がハイパースペースに飛び、アソーカ、レン、フヤンがペリデアに取り残される。ハティは盗賊に加わり、スコールはモーティス神々の彫像によって山に導かれる。スローンとグレート・マザーがダトミール上空に到着すると、ブリジャーが抜け出し、シンドゥーラとチョッパーと再会する。アソーカ、レン、フーヤンはノーティと合流し、アナキンのフォース・スピリットに見守られながら、ペリデアに新居を構える。

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう