「クレクス先生のふしぎな学校」Netflix 海外の評価とレビュー!
クレクス先生のふしぎな学校

netflixから
ポーランド映画が配信開始

クレクス先生のふしぎな学校

クレクス先生のふしぎな学校
クレクス先生のふしぎな学校

 

「クレクス先生のふしぎな学校」原題:Akademia pana Kleksaは2023年のポーランド映画

文化現象にもなったヤン・ブジェフファの同名ベストセラー児童書シリーズを映像化したもので、日本ではNetflixオリジナル作品として2024年6月19日より配信開始となっています。

 

 

あらすじ

どこにでもいるような普通の少女は、クレクスと名乗る変わった先生が運営する不思議な学校へ招待される。行方不明の父親を見つけ出すため、彼女はこの学校に入学することに。

 

 

キャスト

アントニーナ・リトヴィニアク
アグニェシュカ・グロホフスカ
ダヌタ・ステンカ
トマシュ・コット
ダニエル・ヴァラセク
コンラト・レピンスキ

等が出演しています。

海外の評価とレビュー!

「クレクス先生のふしぎな学校」の海外の評価はどうなっているのでしょう?

海外映画サイトを調べてみました。

海外映画サイトIMDbでは912人のユーザーからの投票があり

4.6/10点のという低い評価になっています。

全体の45.8%が4~6点の評価をしており、イマイチと言う評価が妥当のようです💦

 

海外のレビューを紹介します。

ポテンシャルはあるが、編集が悪い。

ポーランドの国内撮影がようやく「映画の作り方」のマニュアルを詰め込み始めて、「ショット」、「トリミング」、「特殊効果、特にゴム竜のように見えないもの」の章にはっきりと到達したことをとても嬉しく思う。残念なことに、彼らは配給のために映画を公開する前に、第7章「カットと編集」を見直す時間がなかった。あるいは、撮影、セットデザイン、CGIに全予算が費やされ、編集者の分が足りず、監督の義弟ジョーがまとめたのかもしれない。また、もっと多くの素材が撮影され、テレビシリーズ化される可能性もあるが、映画に含まれるものは行き当たりばったりで選ばれた。

美的にも美しく、個々のシーンも面白く、子供たちの演技もいいのだが、一番の問題はプロットと編集の奇妙な矛盾だ。表現するのは本当に難しい。

この映画は間違いなく観るのに適している......精神が変容した状態で。この色彩の乱交..

トマシュ・コットはこの役をうまく演じているし、主人公もそうだ(いわゆる "ヒヤヒヤする "瞬間を除いては)。悪党のボスも素晴らしい(ダヌータ・ステンカ)。

しかし、(前作でクレクス教授を演じた)フロンチェフスキを紹介する段階でも矛盾があり、「クレクス教授」という肩書きが「ドクター・フー」や「高校の校長」のようなものであることがほのめかされることもあれば、フロンチェフスキが「別の誰か」であることが示唆されることもある。

映画館にいた私たちのグループは、プロットの奇妙なジャンプを理解しようと懸命で、お互いにちょっと「うわっ」と目を見合わせることが結構あった。

私は、映画の流れを合理化した「ディレクターズ・カット」のようなものを見てみたい。

でも、子供たちは気に入ってくれた。

続編があるでしょう。

子供にはお勧めだが、誰のための映画かわからない?

この映画は子供向けの作品だと言って白けさせたい気持ちは山々だが、残念ながらこの映画について肯定的なことを言うのは難しい。

この映画のターゲットとなる観客は誰なのだろうか。というのも、この映画は時折怖いし、「オオカミ」たちは架空の言語を使い、翻訳として字幕を使っている。セリフは人工的で、年配の観客には聞き取りにくい。さらに、映画の写真は「普通の世界」でアクションが起こる瞬間の方が良かった(個人的な意見)。ミスター・クレックス自身やほとんどの登場人物は、笑えるように作られているが、ここでもうまくいっていない。

しかし、『ミスター・クレセク・アカデミー』に対する最大の不満は、映画の長さと同時に、その信じられないほどのカオス性と、糸や出来事の続きの一貫性のなさである。個人的には、6~10歳の観客はともかく、私は何度か時空間に迷い込み、多くの状況を理解できなかった。

映画館には小さな子供も多く、6歳の妹に「何が、どこで、どのように」説明するという野心的な仕事もあった。ショーの間、子供たちを盛り上げ、会場のほとんどの人が一緒に歌ってくれたので、歌は間違いなく大きなプラスになった。さらに、この混沌としたプロジェクションの中に織り込まれたメッセージは非常に貴重なものであったが、幼い観客にとってキャッチーなものであったかどうかはわからない。

この映画を評価することはできないし、誰を対象にしているのかもまだわからない。ただ、部屋を出た後、妹がこの映画が好きだと言っていたので、子どもたちには人気があるようだ。

完全には分からない

子供の頃の気持ちで見ていた。

しかし、素晴らしいFxの時代にもかかわらず、私はより多くを期待している。Origigalのプロットもひどい音楽とは程遠かった。

ポーランド🇵🇱 の何十人もの人々にとって感傷的な背景を持つ素晴らしいストーリーが提示された機会であったにもかかわらず、クリエイターは可能性の30%を台無しにしてしまったと思う。

もし将来、彼らがpodroze pana kleksa (Voyage of kleks)を作ると決めたら、オリジナルのサウンドトラックを使うよう考え直してほしい。とはいえ、彼らの幸運を心から祈っている。

YouTubeでオリジナルムービーを見ることができる。🤔

魂と技術的問題を抱えた良い映画

子供の頃、私は昔のクレクス・アカデミーの映画の魔法が大好きだった。本も一緒に読んだので、子供と一緒に映画館に行った。

冒頭から涙が止まらない。この映画には涙を誘うスローシーンがたくさんある。言い過ぎかもしれない。私は楽しめたが、子供と一緒に軽い映画を見たい人にはきついかもしれない。

一方では字幕が多く、すべてがわかりやすく語られているわけではないが、もう一方ではうんちジョークがある。主人公たちが葛藤を解決する方法はユニークでスマートで、映画の最後にすべての問題が消えるわけではなく、行動には結果が伴う。

怖いはずのものが本当に怖いのだ。昔の映画が我慢しなかったように。原作や本と比較して、戦争の激しいシーンがカットされているという意見もあるだろうが、いたるところで戦争が起きている今日の政治状況においては、センスの良い良い判断だったのかもしれない。

登場人物のキャラクターもミックスされている。主人公エイダは良い俳優が演じており、彼女の行動の背後にある理由がわかる。

他の登場人物には十分な時間が与えられなかった--マテウシュは例外だが、彼のストーリーは非常によく描かれており、思いがけないときに感情を揺さぶられる。

物事に十分な時間が与えられないのは、クレクス・アカデミーの大きな問題であり、おそらく続編に観客を引き込むために詰め込みすぎたのだろう。

アクションシーンは明らかに悪く、目を凝らさないと問題が見えない。

私の目には、この映画を救ったものが2つある。まずは音楽だ。映画館では、子供たちの歌声が聞こえてきた。

私の目には、この映画を救っているものが2つある。まずは音楽だ。映画館では、何人かの子供たちが登場人物と一緒に静かに歌っているのが聞こえた。これらの歌は、新しい世代にとっても同じ魅力を持っている。この映画のために作られた新しい音楽は素晴らしく、感動的なシーンに美しい背景を与えてくれる。

もうひとつは、マジック、創造性、そしてスピリットだ。子供であることの意味を祝福し、想像力を働かせて遊ぶことを許し、世界を冒険と興味深い人々に満ちた偉大で素晴らしい場所とみなす。

現代の子供たちは、インターネットのせいでこのことを急速に失い、あまりにも早く世界に幻滅してしまう。この映画は、かつての子供の心を忘れず、日常の小さな部分に夢を抱き、驚くことが大切であることを示そうと努力している。

この素晴らしい感覚こそが、この映画を、テンポに欠点のある平凡な本の映画化から、私たちを取り巻く世界の美しさに気づかせてくれるものへと昇華させているのだ。

 

「クレクス先生のふしぎな学校」のようなNetflixオリジナル作品は興味深い作品が盛りだくさんです。

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう