詩季織々:公式サイトより

本日は、中国アニメ詩季織々ネタバレ感想を含めて紹介します。

 

映画『詩季織々』は「君の名は。」など新海誠監督作品で知られるアニメーション制作スタジオのコミックス・ウェーブ・フィルムが手がけ、日本・中国の3人の若手クリエイターが監督を務めたオムニバスアニメです。

日本で2018年8月4日に公開となりましたが、Netflixでも同時に公開となっています。

 

「君の名は。」の絵柄の中国アニメ…ちょっと観たくないっスか?

 

という事で

いごっそう612

感想とネタバレ行っちゃいましょう!

作品情報

詩季織々

詩季織々:映画.com

原題:詩季織々
洋画:アニメ
製作年:2018年
製作国:日本
日本公開:2018年8月4日
Netflix配信:2018年8月4日
『詩季織々』(しきおりおり)公式サイト

あらすじ

北京で暮らす湖南省出身の青年シャオミンに、祖母が体調を崩したという連絡が来る(『陽だまりの朝食』)。広州に住む人気モデルの姉イリンと専門学校に通う妹ルルは、幼少期に両親が他界し、二人だけで生きてきたが……(『小さなファッションショー』)。1990年代の上海の石庫門に住むリモは、シャオユに惹(ひ)かれていた(『上海恋』)。

予告動画

 

感想とネタバレ

中国アニメなのに、何故日本のコミックス・ウェーブ・フィルムで作られたのか?

今回、中国のアニメ業界をリードするブランドHaolinersとのコラボレーションが実現したのは、

Haolinersの代表も務めるリ・ハオリン(李豪凌)監督が、 10年近く前に『秒速5センチメートル』を観て新海誠監督に憧れ、熱烈なオファーをコミックス・ウェーブ・フィルムに送り続けたことにより、本プロジェクトが始動したそうです。

いごっそう612
さすが新海誠監督!

 

中国も現在アニメブームが来ているそうです。

めちゃめちゃ発展して行ってるんですよ!

その実力を確認するためにも、この映画は観ておいた方が良いですね。

 これより※ネタバレを含めた感想などを書いていますので、観賞予定の方はご注意ください

3つのオムニバスドラマ

詩季織々

詩季織々:映画.com

この映画は、3つのオムニバスドラマで構成されています。

詩季織々3つのオムニバスドラマ
  1. 陽だまりの朝食
    (北京で暮らす湖南省出身の青年シャオミンに、祖母が体調を崩したという連絡が来る。)
  2. 小さなファッションショー
    (広州に住む人気モデルの姉イリンと専門学校に通う妹ルルは、幼少期に両親が他界し、二人だけで生きてきたが…)
  3. 上海恋
    (1990年代の上海の石庫門に住むリモは、シャオユに惹(ひ)かれていた。)

中国の3つ都市を舞台に、若者たちの物語を描いています。

中国の生活背景と共に、家族や友達との物語を含め…食、衣、住を描いたと言われています。

確かに、ストーリーは食、衣、住の順番に描かれていますね。

いごっそう612
中国の社会も垣間見れる作品。

中国社会を勉強できる映画とも言えます。

中国版!「新海誠」作品※ネタバレ

詩季織々

詩季織々:映画.com

映画を観て思いました。

これ…新海誠作品の中国版じゃねーか!?

「君の名は。」以前の作品、『秒速5センチメートル』や『言の葉の庭』みたいな感じの映画です。

 

それの中国版という感じ、ナレーションやらなにやらまで似ています。

さすが、コミックス・ウェーブ・フィルム作品です。

絵柄は完全に満足できる出来栄えです。

 

ただ…中国社会の食を描いているだけあって、第①話の「陽だまりの朝食」は、ビーフンという言葉がめっちゃ出てきます。

いごっそう612
どんだけビーフンって言うんですか!?

 

完全にビーフンのPV(プロモーションビデオ)になっています(笑)

詩季織々

詩季織々:映画.com

いごっそう612
中国人はこんなにもビーフン食べるんかなあ?

 

とちょっと不思議な映画でした。

スイマセン‥正直言うと、ちょっと笑ってしまいました。

ビーフン軸にシリアスなストーリーなんです。

ただ‥めっちゃビーフン食べたくなりました!

 

その後のストーリー2作は、ありがちな展開です。

新海誠作品にこういうのありそうだよね~って感じ。

 

2作目「小さなファッションショー」は、あんまり心に響かない…

衣を描いているけど、イマイチ。

 

3作目は「上海恋」は、なかなか良い感じ!

恋愛要素ありでの住を描いています。

新海誠作品にありそうな展開、この3作の中では、一番の出来栄えです。

3つの中で、これだけが心に響きます。

調べてみたら、この物語の監督は竹内良貴という日本監督でした。

 

でも惜しいのが、ラストの展開が読めてしまう事…

ちょっとヒネりがあれば良かったんですけどね。

 

という事で

「詩季織々」は、印象的には‥完全に中国版「新海誠」作品というイメージでした。

でも、ストーリーは全然「新海誠」作品に及ばなかったですね。

いごっそう612
やっぱ「新海誠」作品じゃないとなあ‥

この映画の評価、おすすめ度は?

この映画の評判はどうなっているのでしょう?

ちょっと調べてみました。

各映画サイトの評価はこんな感じ

映画.com(3.3)

Yahoo!JAPAN映画(3.38)

Filmarks(3.4)
2018年8月26日時点

うーん、微妙…💧普通という感じっすかね。

元ボクサーの一念発起の評価!

いごっそう612

この映画の評価は

(3.0)です。

 

やっぱ「新海誠」作品では無いですからね、仕方ないですね。

でも、普通には楽しめましたよ。

 

しかし、Netflix凄いですね~。

マイナー映画とは言え、劇場公開と同時配信とは…

値上げという強気な戦略も、頷けるようになってきました。

参考Netflix値上げ!肯定的な意見大多数に驚き!でも勝者はAmazonプライムか?

 

こういう劇場と同時配信バンバンやって欲しいですね~。

そうなると値上げもOKです。

劇場で観るより、Netflixで観た方が圧倒的に安いですもんね。

いごっそう612
ぜひ、お暇があればこの映画観て下さい!
詩季織々は現在Netflixで配信中です。

参考詩季織々 | Netflix (ネットフリックス)

こちらも読まれています。

このクソ記事を
いいね!してやる。

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう